Cloud Build

Cloud Build は、ゲームのビルドをシンプルかつ簡単に作成・共有できるようにするサービスです。これを利用すると、ゲームのコンパイル、展開、テストを自動的に行い、チームと連携しながらイテレーションを迅速に行うことができます。設定は数秒で行うことができ、既存のソース管理リポジトリを使用できます。

Cloud Build は Unity Teams Advanced に含まれています。

Unity チームをスピードアップ

Cloud Build ではワークフローが簡素化および自動化されるので、お客様のチームはより高品質のゲームをより早くリリースすることができます。

自動化されたワークフロー

クラウドでビルドを自動的に作成します。ビルドプロセスのメンテナンス時間を短縮できます。

同時ビルド

複数のプロジェクト、プラットフォーム、顧客向けにビルドします。より多くのケース用により多くのビルドを作成することでスケールアップします。

あらゆる場所に配布

ビルドは保存され、クラウドでホストされます。ビルドをチームメンバーと容易に共有し、展開できます。

Cloud Build の流れ

1.設定

バージョン管理システムを Cloud Build で表示します。

2.トリガー

変更をプロジェクトにコミットします。

3.ビルド

トリガーするとビルドが自動的に作成されます。

4.展開

ビルド作成が完了すると、チームに通知が送信されます。

クリエイターが語る Cloud Build の魅力

Cloud Build を使用する Unity チームには、彼らが愛する「ゲーム制作」に多くの作業時間が提供されます。

Chad Moldenhauer, Cuphead, Studio MDHR

「Cloud Build for Unity Teams がビルドを管理してくれるので、ゲームに集中できるようになりました。」

Chad Moldenhauer, Cuphead, Studio MDHR
Andrew Fry, SpryFox

「クラウドにビルドを置いておけばユーザーがどこで何をしていてもビルドにアクセスできるのが素晴らしいです。」

Andrew Fry, SpryFox
Brian Ostrander, Jump Ramp Games

「Cloud Build の設定プロセスは簡単で、リポジトリへのリンクを登録するだけで最初のビルドが出力されました」

Brian Ostrander, Jump Ramp Games
Raul Gutierrez, Tinybop

「これは私たちのワークフローを劇的に変えました。これまではビルドに数日、ときには 1 週間必要だったものが、継続的にチェックできるようになりました。」

Raul Gutierrez, Tinybop

Cloud Build は Unity Teams Advanced に含まれる

Unity Teams Advanced は月額 $9 から使用できます。拡大するチームやプロジェクトに最適です。25 GB のストレージ、Cloud Build が付属し、さらに多くのチームシートを追加できます。

よくある質問

プロジェクトサイズに制限はありますか?

現在、Cloud Build では 25 GB までのプロジェクトサイズをサポートしています。これよりも大きなプロジェクトについてはカスタムプランをご利用いただけます。コンサルティングを受けるにはお問い合わせください。

Cloud Build はどのようなプラットフォームをサポートしますか?

単一の Unity プロジェクトから iOS、Android、WebGL、Windows デスクトップ、MacOS、Linux 版まで幅広くサポートしています。

Unity Cloud Build を使用するには何が必要ですか?

ソース管理リポジトリが必要です。Git、Subersion(SVN)、Mercurial、Perforce に対応しています。また、Cloud Build は Unity Collaborate と連携してビルドできます。

ソース管理リポジトリはどのように作成すればよいですか?

Unity Cloud Build チュートリアルをご覧ください。

Cloud Build ではカスタム要件がサポートされますか?

はい。コンサルティングの具体的な要件についてはお問い合わせください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK