デモ

WiNDUP
2020

映像制作者 Yibing Jiang 氏が、命のはかなさ、愛情、そして音楽の癒しの力をテーマに、父と病気を患っている娘との特別な絆を描き出します。

The Heretic
2019

『The Heretic』は、HD レンダーパイプライン(HDRP)のあらゆる機能を含む、Unity のグラフィックス機能が幅広く活用されているリアルタイムのシネマティックです。

Megacity
2018

空飛ぶ乗り物、緻密に描かれた何十万ものゲームオブジェクト、他にはないオーディオソースによって命が吹き込まれた、Unity 2019.1 の DOTS の進歩を表す未来的な街の景観。

FPS Sample
2018

独自の FPS プロジェクトまたは学習用リソースを制作するための完全なソースコードを備えたマルチプレイヤー FPS ゲームプロジェクト。

Book of the Dead
2018

『Book of the Dead』は、Unity のデモチームによって制作された、リアルタイムでレンダリングされる一人称視点のインタラクティブデモです。ゲーム制作においてハイエンドのビジュアルを実現する Unity 2018 の機能を披露します。

Neon
2017

環境には Asset Store で提供されているモデルのみが使用されています。Unity 2017.1、Post-Processing Stack v1、ボリュメトリックライティングのパッケージを使用して制作されました。

Adam
2016

『Adam』は、Unity のデモチームによって制作された、リアルタイムでレンダリングされる短編映像作品です。Unity で実現可能なグラフィック品質を披露するために 2016 年に制作された実験的なデモです。

The Blacksmith
2015

『The Blacksmith』は北欧神話からインスピレーションを受けた、リアルタイムでレンダリングされる短編映像作品です。

Courtyard
2015

Unity のリアルタイム GI 機能をうまく活用したこのプロジェクトは、誰でも Asset Store から入手して試すことができます。

Bedroom
2015

Archviz のサンプル、リアルタイム GI に関する研究、Unity のスクリーンスペースリフレクションおよびレイトレーシングされたリフレクションを事前に垣間見ることができます。

Viking Village
2014

Unity の PBS と、Quixel が提供するスキャンされたテクスチャが揃った Megascans ライブラリを使用した、ゲームにすぐに使える環境。Unity 5 の初期段階のライティングワークフローをテストする場としても使用されました。プロジェクトは Asset Store から入手できます。

ADN Scan
2013

デジタルダブルエージェンシー EISKO と共同で制作された実験的なプロジェクト。スキャンからエンジンにわたるパイプラインを調査し、Unity でリアルな人間の肌を再現することを試みました。

Teleporter
2014

『Teleporter』のデモは、Unity が初めて Unity 5 の物理ベースシェーダーを活用して社内で制作した作品で、同機能が一般にリリースされる約 1 年前に制作されました。

The Chase
2013

『The Chase』は iPad 4 と Nexus 7 でリアルタイムで実行されるデモで、モバイルグラフィックスの限界に挑んだ作品です。

Butterfly Effect
2012

ロンドンに拠点を置く CG 制作会社 Passion Pictures と共同で制作された短編作品です。リアルタイム制作で高品質のビジュアルを実現する方法について学んだ重要なことを取り入れました。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK