Hero background image
Unity 2020.2
よりスムーズなエディターワークフロー、更新されたレンダリングツール、全体にわたるパフォーマンスの改善により、自らのビジョンを形にしましょう。
Youtube video thumbnail

Unity 2020.2

このリリースでは、Unity の既存のツールにさまざまな改善が加えられています。イテレーションとインポートにかかる時間がさらに短縮され、ワークフローはよりスムーズになり、プロジェクトをより簡単に最適化できます。役割や業種を問わず、Unity 2020.2 はインタラクティブなリアルタイム 3D ビジョンをさらに短時間で形にするのを支援します。新機能についての詳細情報と、ご利用開始の際に役立つリソースをお確かめください。

Unity 2020.2 を探る
アーティストとシネマティクス向けのツール
アーティストとシネマティクス向けのツール

ユーザビリティ、パフォーマンス、安定性に関わるいくつかの更新により、アーティストとして Unity を使用する作業全体にわたる体験を改善します。また、Unity 2020.2 にはシェーダーグラフ、Visual Effect Graph、Unity の 2D ツールスイートの新しいオプションのほか、シネマティクスやその他ビデオおよび映像コンテンツ制作用の改善されたツールが用意されています。

プログラマー向けツール
プログラマー向けツール

Unity 2020.2 で高パフォーマンスのコードを短時間で記述。プログラマー向けの改善された新しいツールによりイテレーションを高速化し、高いパフォーマンスを発揮するようプロジェクトを最適化するのを支援します。注目すべき改善点としては、コンパイルにかかる時間の短縮、C#8 のサポート、更新されたプロファイリングツール、全体にわたるパフォーマンスの大幅な最適化などが挙げられます。

エディターとチームのワークフロー
エディターとチームのワークフロー

イテレーションとインポートにかかる時間を短縮し、ニーズに合わせてエディターをカスタマイズするさまざまな方法をお試しいただけます。Unity 2020.2 なら、最適化されたエディターのワークフロー、より優れたパフォーマンス、新しいテンプレートにより、生産性をさらに高めます。また、UI ツールキットが完全に統合されたコア機能としてエディターに追加されました。

プラットフォーム
プラットフォーム

あらゆるプラットフォーム(拡張現実、バーチャルリアリティ、モバイル、ウェブ、デスクトップ、またはコンソール)向けの体験を構築する方のための、開発プロセスをよりスムーズにする新機能と機能改善が盛り込まれています。

グラフィックスレンダリング
グラフィックスレンダリング

Unity 2020.2 のグラフィックスについては、引き続きクオリティオブライフ(QOL)の修正とパフォーマンスに注力します。Unity のレンダリングパイプライン(ユニバーサルレンダーパイプライン(URP)と HD レンダーパイプライン(HDRP))は成熟しており、より幅広いシナリオで使用できます。

プリプロダクションが完了している場合は、Unity LTS の使用をご検討ください。

プリプロダクションが完了している場合は、Unity LTS の使用をご検討ください。

制作を特定のバージョンの Unity に固定することで安定性を最大化したい場合は、Unity の長期サポート(LTS)バージョンの使用をお勧めします。Unity 2019.3 と同じ機能が搭載された最新の LTS リリース、Unity 2019.4 LTS をご利用いただけるようになりました。

Unity 2020.3 LTS は Unity 2021.1 と同時期の 2021 年春にリリース予定です。

よくある質問

Unity 2020 LTS はいつ公開されますか?

+

TECH ストリームリリースとは何ですか?

+

LTS リリースとは何ですか?

+

私のプロジェクトではどのバージョンがお勧めですか?

+

プレビューパッケージと検証済みパッケージの違いは何ですか?

+

アルファ版とベータ版リリースの内容と入手方法を教えてください。

+
さらに多くの新機能への早期アクセスをご希望ですか?
さらに多くの新機能への早期アクセスをご希望ですか?