Hero background image
Unity 2020.2 release
プラットフォームに関わる新機能とアップデート
あらゆるプラットフォーム(拡張現実、バーチャルリアリティ、モバイル、ウェブ、デスクトップ、またはコンソール)向けの体験を構築する方のための、開発プロセスをよりスムーズにする機能と機能改善が盛り込まれています。
Youtube video thumbnail

AR Foundation 4.0 が検証済みになりました

2020.2 で、Unity の AR 開発用マルチプラットフォームフレームワーク AR Foundation に、メッシュを生成するサポートが追加されました。開発者は、制作した AR 体験が実世界によりシームレスに融合するというメリットが得られます。これにより、バーチャルコンテンツが実世界のオブジェクトとうまくかみ合い、物理環境とリアルにやり取りします。

最新の iPhone 12 Pro や iPad Pro に搭載された LiDAR センサーにより、これらのデバイスはさらに正確な実世界のメッシュ表現を生成できます。

Samsung Adaptive Performance 2.0 登場

Samsung Adaptive Performance 2.0 登場

Adaptive Performance 2.0 に、可変リフレッシュレート、スケーラー、あらゆるデバイスで Adaptive Performance をエミュレートする Adaptive Performance シミュレーター拡張機能など、さまざまな新機能を紹介するための、新しいサンプルプロジェクトが付属します。

Apple Silicon のネイティブサポート

Apple Silicon のネイティブサポート

Unity 2020.2 により、スタンドアロンプレイヤーを使用する、Apple Silicon をネイティブにサポートする次世代の Mac ハードウェアをターゲットできます。

今すぐ Unity 2020.2 をダウンロード
今すぐ Unity 2020.2 をダウンロード

上記すべての機能その他に今すぐアクセス。