Hero background image
Enemies
受賞歴のあるデモチームによる、デジタルとヒューマンの旅の次のステップを体験してください。
Youtube video thumbnail

Unityのビジュアルクオリティの水準を引き上げる

『Enemies』は、あらゆるチームが創造性を発揮し、描いたビジョンを完璧に形にして、見る人を引きつけるハイエンドのコンテンツの制作を可能にする、Unity プラットフォームの力と機能を紹介します。私たちのリアルタイム3D(RT3D)テクノロジーは、クリエイターが求めるビジュアルクオリティとリアリズムへの期待の高まりに応えるべく、常に進化を続けています。

敵 デジタル・ヒューマン

Unityのデジタルヒューマン

エネミーズ』は、『ヘレティック』での仕事をさらに発展させたものである。 ザ・ヘレティックUnity初のリアルなデジタルヒューマンが登場した。改善点は以下の通り:

  • より優れた4Dパイプライン
  • 高密度のメッシュ(産毛など)の表現を可能にする、GPU 上でのスキンアタッチメントシステム。
  • 虹彩のコースティクスを表現した、よりリアルな目
  • 新しいスキンシェーダー
  • 血流のシミュレーションやしわマップに対応したテンションテクノロジーにより、細かなフェイシャルリグを不要化
敵の背後にある技術

エネミーを支える技術

すべてのHDRP(High Definition Render Pipeline)機能が改善され、Adaptive ProbeボリュームやSSGI(Screen Space Global Illumination)など、いくつかの新システムが導入されました。リアルタイムのレイトレーシングされたリフレクション、レイトレーシングされたアンビエントオクルージョン、そして NVIDIA のディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)のネイティブサポートにより、このデモではネイティブ解像度と同等の 4K 画質での実行を実現しています。

敵の髪の束、デモ

ストランドベースのリアルタイム・ヘアソリューション

主人公のきわめてリアルな髪の毛を表現するために、デモチームと Unity の R&D チームが協力して、ストランドベースの髪の毛をオーサリング、インポート、シミュレーション、レンダリングするための、全く新しいヘアソリューションを開発しました。Alembic形式のデータを出力するオーサリングツールであれば、どれでも動作します。エネミーズ』では、チームはMaya XGenを使用し、Weta Barbershopとパイプラインの検証を行っている。

Hair Solutionは現在、UnityのGitHubで実験的パッケージとして入手可能だ。Unity 2020.2.0f1以降が必要です。

リアルタイムパフォーマンス

リリース

このデモは、3月23日~25日に開催されたゲーム開発者会議(GDC)のUnityブースで紹介され、参加者はスタンドアロンまたはUnity Editorで動作するデモをチェックすることができました。

Q3 2022:デジタル・ヒューマン・パッケージが更新され、現在ダウンロード可能です。

Youtube video thumbnail

インサイド・エネミーズ

このフォトリアリスティックな主人公にどのようにして命を吹き込んだのか、「エネミーズ」の背後にある技術を深く掘り下げてみよう。このビデオでは、マーク・シェーナジェルが、フォトリアリスティックな目、髪、肌などを実現するために開発されたテクニックとテクノロジーを紹介します。

以前のデモ
The Heretic ー Unity のショートフィルム
『The Heretic』

ヘレティック』では、このチームが制作した非常にリアルなデジタルヒューマン、ガウェインが登場する。HDRPのあらゆる側面を使用し、VFX Graphで作成された高度なエフェクトが特徴です。

『Book of the Dead』
『Book of the Dead』

これは、Demoチームによって作成され、リアルタイムでレンダリングされた一人称視点のインタラクティブなデモです。ゲーム制作においてハイエンドなビジュアルを実現する Unity の機能を紹介します。

テクニカルアーティストのためのUnity
『Neon』

『Neon』の環境には、アセットストアで提供されているモデルのみが使用されています。このデモは Unity 2017.1、ポストプロセッシングスタック v1、ボリューメトリックライティングのパッケージを使用して制作されました。

『Adam』デモ
『Adam』

アダムは デモチームが制作したショートフィルムで、リアルタイムでレンダリングされる。当時のUnityで実現可能なグラフィックのクオリティを紹介し、テストするために作られた。

Unity のデモの制作について

グラフィックスを中心に、DemoチームはUnityで何が可能かを探求し、自律的かつ革新的なクリエイティブプロジェクトでその限界に挑戦しています。デモチームは、クリエイティブディレクターの Veselin Efremov が率いる経験豊富なゲーム専門家集団です。Veselin がデモの脚本を書き監督を務め、最終的な見た目に責任を負っています。

クレジット

デモチーム

脚本、監督、シネマトグラフィー
Veselin Efremov

テクニカルディレクター
Torbjorn Laedre

シニアプログラマー
Mikko Alaluusua
Robert Cupisz
Lasse Jon Fuglsang Pedersen

アートディレクター、3Dアーティスト
Plamen “Paco” Tamnev

アニメーションディレクター
Krasimir Nechevski

テクニカルアニメーション
Christian Kardach

テクニカルアート
Adrian Lazar

プログラマー
Dominykas Kiauleikis

アディショナル 3D アート
Petter Flood

アディショナルアートコンサルタント
Jörn Großhans

プロデューサー
Aleksander Karshikoff

マネージャー
Silvia Rasheva

キャスト

主人公
Louise Ryme

アディショナルアート

VFX
Tuatara VFX

グルーミングアート
Tarkan Sarim

3D および 4D スキャニング
Infinite Realities
4DMax

4Dデータ前処理
R3DS

アディショナルテクスチャリング
Inciprocal Inc

モーションキャプチャー
MocapLab

アディショナルアニメーション
Hugo Garcia

音楽作曲家
Joaquin Garcia

オーディオ制作
Pole Position Production
Eric Thorsell
Max Lachmann

スペシャルサンクス
Patrick Goodwin、Zdravko Pavlov、Snappers、Bottleship、Mihail Moskov、Elina Marjomaa、Niklas Nyberg

ユニティR&D

Sebastien Lagarde、John Parsaie、Vlad Andrei-Lazar、Mathieu Muller、Marc Tanenbaum、Francesco Cifariello Ciardi、Julien Ignace、Kleber Garcia、Pavlos Mavridis、Jonas Echterhoff、Soufiane Khiat、Aras Pranckevičius、Natasha Tatarchuk

© 2022 Unity Technologies ApS