検索

リアルタイムかリアリティか。その境界を意識する時代は終わりつつあります

リアルタイムレイトレーシングによってグラフィックがリアリズムに大きく近づいた結果、これまでリアルタイム領域では不可能だと考えられていたグローバルなレンダリングエフェクトへの扉が開かれました。

リアリティとイリュージョン

Unity でリアルタイムでレンダリングされたこのデモでは、実際の自動車と、Unity と NVIDIA を利用して作成された自動車を紹介しています。ずらりと並んだまぶしいライトと高度に忠実なビジュアルによって、互いに見分けがつかなくなっています。

Unity と NVIDIA は BMW とコラボレーションして、2019 年の BMW 8 シリーズクーペの宣伝を行いました。

適切な作業に適切なツールを

ライトの実際の挙動が模倣されるこのテクノロジーにより、クリエイターに重要な利点がもたらされ、開発者はリアルタイムとリアリティの境界線を意識しない制作とダイナミックな変更を行うことができるようになります。

最高のフォトリアリズムと最高レベルのグラフィック忠実度が要求される状況では、レイトレーシングによってグローバルライティングの反射と精密かつダイナミックな計算が実現します。

BMW 8 Series - Ray Tracing

「開発者向けの Unity のプラグアンドプレイリソースと、大小さまざまなブランドでの人気によって、RTX のレイトレーシングはユーザーに存分に活用されるための機能だといえます」

Bob Pette, Vice President, Professional Visualization, NVIDIA

リアルタイムレイトレーシングは 2019 年に提供開始

Unity では製品化予定のリアルタイムレイトレーシングを提供していて、HPRPでのフルプレビュー版は 2019 年秋に公開予定です。これには、フルフレームパストレーサーの事前プレビュー版も含まれます。

また、HDRP の実験的なビルドを 4 月 4 日から GitHub でご利用いただけます。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.