Unity のリアルタイムレイトレーシング

レイトレーシングは、リアルなライトの挙動と物理マテリアルとの相互作用をシミュレートすることで、写実的なものから様式化されたものまで、あらゆるプロジェクトに本物のグローバルイルミネーションやその他のエフェクトを作成できます。

リアリティとイリュージョン

Unity でリアルタイムでレンダリングされたこのデモでは、実際の自動車と、Unity と NVIDIA を利用して作成された自動車を紹介しています。ずらりと並んだまぶしいライトと高度に忠実なビジュアルによって、互いに見分けがつかなくなっています。

Unity と NVIDIA は BMW とコラボレーションして、2019 年の BMW 8 シリーズクーペの宣伝を行いました。

適切な作業に適切なツールを

ライトの実際の動作が模倣されるこのテクノロジにより、クリエイターに重要な利点がもたらされ、開発者はリアルタイムとリアリティの境界線を意識しない制作とダイナミックな変更を行うことができるようになります。

Unity のレイトレーシング機能により、最高レベルのフォトリアリズムと現実感のあるビジュアルが要求されるプロジェクトのために、リフレクションのほかグローバルライティングが正確かつ動的に計算されます。

 

レイトレーシングをプレビュー版としてご利用いただけます

Unity のリアルタイムレイトレーシングは、シーン内のリアルなライトの挙動と物理オブジェクトやマテリアルとの相互作用をシミュレートします。この技術的な進歩により、写実的な見た目と様式化された見た目のどちらが必要な場合でも、本物のようなグローバルイルミネーション(GI)とアンビエントオクルージョンやその他のエフェクトを表現できます。

HD レンダーパイプライン(HDRP)にはレイトレーシングのサポートとハードウェアアクセラレーションが含まれているため、オブジェクトが画面外にある場合でもすべてのオブジェクトからの反射を考慮できます。ディレクショナルシャドウとエリアシャドウ、GI、リフレクション、透明性の処理などが実装されています。 

HDRP パッケージの DX12/DXR API は、エンジニアリング、建築設計、自動車業界のアプリケーションを対象とします。開始するには、GitHub からサンプルオフィスプロジェクトをダウンロードしてください。

レイトレーシングのエフェクト

HD レンダーパイプラインでは、スクリーンスペースエフェクト、シャドウイング手法、メッシュレンダリング手法のいくつかに代わって、レイトレーシングが使用されます。

Bob Pette, Vice President, Professional Visualization, NVIDIA

「開発者向けの Unity のプラグアンドプレイリソースと、大小さまざまなブランドでの人気によって、RTX のレイトレーシングはユーザーに存分に活用されるための機能だといえます」

Bob Pette, Vice President, Professional Visualization, NVIDIA

リアルタイムレイトレーシングを機能させる方法を探る

現実 vs イリュージョン

レイトレーシングのデモの舞台裏を紹介します。Unity でレンダリングされた BMW の CG を、倉庫で撮影した実際の BMW 8 シリーズクーペと重ねることで、リアルタイムエンジンの汎用性が広告制作プロセスにもたらすメリットをお見せします。

レイトレーシングがユーザーにもたらすもの

Unity のレイトレーシング技術により、ユーザーはまるで現実のように感じられるリアルタイム体験を、手ごろな価格のハードウェアで制作できます。プロジェクトにリアルタイムレイトレーシングを活用する方法について説明します。

リアルタイムレイトレーシングのプレビュー版をご利用いただけます

レイトレーシング(プレビュー版)の使用を開始できます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK