BIM をワンクリックでリアルタイム 3D に転送して、デザインに関する意思決定を改善

AEC 向け Unity Reflect

Launching in fall 2019, Unity Reflect makes it easy for multiple stakeholders to review BIM/CAD projects in real-time 3D and automatically sync updates from Autodesk Revit across any platform, from mobile and desktop to VR and AR.

BIM/CAD をワンクリックでリアルタイム 3D に転送

Unity Reflect を使うと、AEC 業界のデザイナー、建築家、およびエンジニアは Revit からの BIM や CAD のメタデータを自動的に準備、転送、および同期でき、インタラクティブかつ没入型の体験をリアルタイムで簡単に作成できるようになります。

HoloLens や他の拡張現実プラットフォームでのプロジェクトのビジュアライゼーションは、この業界ではますます重要になりつつあります。Unity Reflect は、デザインチームが変更の反映結果をその場で即座に AR で確認できるため優れています。

Adam Chernick, Associate | Interactive Visualization, SHoP Architects

VolkerWessels 社では、Unity はデザインモデルを作成して、それを素早く何度も更新しました。デザインレビューと検証のプロセスで摩擦が解消され、時間が短縮されるという、Unity Reflect のすばらしい可能性を確認できました。

Eric Mourits, Lead VRLab, VolkerWessels Infra Competence Centre

情報の伝達と他のプログラムへの柔軟なリンク作成は目を見張るほどであり、既存の機能をどのように拡張できるのかを見るのが楽しみでした。

Kai Duebbert, Managing Director, Murphy Surveys UK

制作、建造、マネタイズ

リアルタイム 3D を使用すれば、本物のような見た目や雰囲気によるインタラクティブな没入型の体験が得られ、建築やインフラのデザイン、設計、建造、販売、運用を改善できます。クライアントや施設の将来の利用者は、コンクリートの流し込みが始まる前に完成後の環境とのインタラクションを体験できるようになります。

Reflect は Revit のパワーユーザーにとってゲームチェンジャーとなるでしょう。利用者が自分の作業をチームと共有するときに、高精度と幅広い装置の互換性の両方を確保しつつ共有できることになります。

Carla Lauter, Editor, SPAR3D.com

この製品の統合と機能セットはかなり精巧で、デザイナーは面倒で時間がかかる BIM システムを外に出して、素早く操作でき、共同制作者が何人いてもデザインの問合せや変更を行うことができます。

AEC Magazine

以前はパラメトリックモデルを Unity エンジンに転送できるクラウドサービスや他のサードパーティーソリューションがありましたが、1 回のクリックや継続的な更新で簡単に行うことはできませんでした。

Jeff Yoders, Midwest Editor and Associate Technology Editor, ENR

Unity Reflect は利用者にとっては非常にシンプルに見えますが、舞台裏では Reflect は大量のデータを最適化し、同時に BIM メタデータを保持しています。Revit の利用者はわかっているでしょうが、手間と時間のかかるプロセスです。これまではそうでした。

Ryan Young, Community Manager, bimstore
リアルタイム 3D でデザインに関する意思決定を改善

Revit や他の BIM ソリューションへのネイティブ統合

組み込みの Revit サポートを使って、BIM/CAD モデルを準備してワンクリックでリアルタイム 3D に転送します。

リアルタイム 3D でデザインに関する意思決定を改善

シームレスなデータフェデレーション

インタラクティブかつ没入型の体験にライブリンクされている、複数のデザイナーやエンジニアからの BIM/CAD のメタデータを、シームレスに一つにまとめます。

リアルタイム 3D でデザインに関する意思決定を改善

リアルタイム 3D ビューアー

インタラクティブ 3D レンダリングは元のデザインモデルにライブリンクされています。デザインアプリケーションで変更を行うたびに、リアルタイム 3D ビューアーに表示されます。たったこれだけです。

主なメリット

デザイナーは愛着のあるツールを手放さずに済む

Revit でリアルタイム 3D 用の BIM/CAD データを準備および転送し、レビューセッション中にモデルで変更を行うことができます。AR と VR の作成がかつてないほど簡単になっています。

コーディングは未経験ですか?ご安心ください。

Unity 開発者でなくても、コードを記述する方法を知らなくても Unity Reflect を使用できます。

ワンクリックでのデータ準備

デザインアプリケーションで BIM/CAD データをシームレスに最適化およびフェデレートして、BIM モデルにライブリンクされているインタラクティブな 3D レンダリングを生成します。

順調に予算内で進める

主要な関係者が統合されたリアルタイム 3D 体験に参加し、アイデアを共有し、フィードバックを集めて即座に実装することで、ますます短縮されるクライアントのタイムラインに対応することができます。

簡単にカスタマイズ可能

関係者はフィードバックを共有するため、デザイナーが Revit で変更(ドアの配置変更、窓の追加、ライティング/マテリアル/テクスチャーの調整など)を行うと、すべてのビューアーに対して Unity Reflect でリアルタイムに更新されます。

1 回のビルドで、どこにでも配布可能

強力でしかも柔軟な Unity プラットフォームにより、関係者は各自の好みのプラットフォーム(iOS、Android、Mac、PC、AR/VR 装置など)でモデルをリアルタイム 3D でレビューできます。

さらに詳しく知りたい場合

Unity Reflect は 2019 年秋にローンチされます。登録いただければ、最新情報をお届けします。デザイナー、建築家、エンジニアが、スムーズにコラボレーションして、それぞれのデザインアプリケーションで没入型の リアルタイム 3D 体験を作成できるようにするツールで、一歩先を行きましょう。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Visit our cookie policy page for more information.

Got it