Unity リリース

見事なビジュアルの制作を支援する 2020 LTS の機能

ワークフローを最適化し、シネマティックコンテンツやゲームプレイのシーケンスの制作を簡素化する、Unity の 2020 長期サポート(LTS)リリースに含まれている機能の詳細をご覧ください。

2020 長期サポート(LTS)

LTS リリースは、最大の安定性とサポートを重視するクリエイター向けのリリースです。2020 年に Unity が追加した高品質の機能と改善点を、1 つのインストールにまとめています。2020 LTS には、ユニバーサルレンダーパイプライン(URP)、シェーダーグラフ、2D ツールなどに対するアップグレードが含まれています。

素晴らしいビジュアルのための追加機能

待ち時間を削減し、制作により時間をかけることができます。最初のピクセルからプレイヤーを引き込みます。

コードレスカメラの動作を作成

Cinemachine 2.6 が検証済みになり、技術的詳細を気にせずにショットを構成できるようになりました。Cinemachine でシーンの構成とインタラクションに基づいてカメラ動作を自動化し、プロトタイピングやイテレーション中にアートディレクションに集中できます。

いっそうリアルなアニメーションを実現

Animation Rigging を使用してシーン内でアニメーション編集を直接行うことにより、モーションの視覚的な忠実度を維持し、イテレーションループを短縮できます。この機能に双方向モーション転送が追加され、いっそうリアルなアニメーションを実現できるようになりました。

より速く、より正確なアセットのインポート

最適化されたアセットワークフローにより、エディターでのイテレーションがスピードアップします。アセットインポートパイプラインの信頼性、パフォーマンス、スケーラビリティがさらに高くなりました。また、新しい軸変換設定により、3D モデリングツールを使用したラウンドトリップがさらに正確になりました。

美しい VFX をリアルタイムで制作

Visual Effect Graph に出力イベントが追加されたことで、C# のデリゲートインターフェースを使用したスポーンイベントに基づいて、ライト、サウンド、物理リアクション、ゲームプレイを同期できるようになりました。

コンテキスト内でプレハブを編集

シーンのコンテキストや親プレハブを視覚化して、プレハブ化されたアセットを安全に編集できます。この新しいデフォルトのオプションにより、現在のシーンを離れることなく、プレハブのインスタンスを介して Prefab モードに入ることができます。

強化された 2D 体験

更新されたテンプレートは 2D パッケージがプリインストールおよびプリコンパイルされた最適な設定を備え、2D の制作をより迅速に開始できます。Sprite Shape の角により、角用スプライトをカスタマイズすることなく、角を視覚的に接続できるようになりました。

Burst で 2D Animation のパフォーマンスをブースト

Burst パッケージをインストールすると、2D ボーンベースの複雑なキャラクターをアニメーション化して、パフォーマンスを大幅に高めることができます。実行時のスプライトメッシュのデフォーメーションに必要な計算がスピードアップします。

プレハブの最適化

パフォーマンスの強化、最大で 50 倍高速化された検索と更新、ワークフローをスピードアップするキャッシュ機能など、プレハブのインポートが改善されました。

2020 LTS リリースの詳細を見る

最大の安定性とサポートを重視するクリエイターのために、このリリースについてより詳しく掘り下げる方法を紹介します。

2020 LTS ウェビナー

Unity の最新リリースに含まれる主な機能について説明します。

ゲームに命を吹き込むコーディングワークフロー

コーディングワークフローを合理化するために設計されたシステム内部の機能について説明します。

適切なリリースを選択

Unity では TECH ストリームと LTS の 2 つの異なるリリースバージョンを提供しています。ニーズに合ったソリューションを選択できるように、各リリースの強みをご確認ください。

Unity を始める

よくあるご質問

私のプロジェクトではどのバージョンがお勧めですか?

制作中またはローンチ間近の場合は、最新の LTS リリースをお勧めします。プロジェクトで Unity の最新の機能を使用したい方や、制作を始めたばかりの方には、TECH ストリームをお勧めします。各リリースの詳細については、こちらで確認してください。

TECH ストリームリリースとは何ですか?

このリリースは、次のプロジェクトに向けて最先端のテクノロジーを学ぶために、開発中の機能に挑戦することを重視するクリエイター向けのリリースです。このバージョンは主に、開発のプリプロダクションフェーズ、発見フェーズ、プロトタイピングフェーズでの使用が推奨されます。各リリースの詳細については、こちらで確認してください。

LTS リリースとは何ですか?

次のプロジェクトのために、最大の安定性とサポートを重視するクリエイター向けのリリースです。これは Unity のデフォルトのリリースであり、開発のプリプロダクションフェーズを経て、制作を特定のバージョンの Unity に固定しようとしているクリエイターに主に推奨されます。 

各リリースの詳細については、こちらで確認してください。

検証済みパッケージとリリース版パッケージの違いは何ですか?

パッケージの準備状況やリリース予定日をより明確にし、より高い品質のパッケージを提供する取り組み、および皆さんからいただいたフィードバックへの直接的な回答として、Unity ではパッケージをラベル付けするプロセスをより厳格にし、新しい分類システムを作成しました。詳細については、こちらで確認してください。

アルファ版とベータ版リリースにアクセスする方法を教えてください。

アルファ版とベータ版は全ユーザーにご利用いただけます。サインアップは不要です。利用を開始するには、Unity Hub からダウンロードしてください。これらの早い段階のリリースでは機能の安定性に問題がある可能性があるため、制作中のプロジェクトでの利用はお勧めしません。また、アルファ版またはベータ版でプロジェクトを開く前に、プロジェクトのバックアップを取っておかれることを強くお勧めします。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK