Case studies
WeWard、オファーウォールのカレンシーセールを活用しARPDAUを90%向上
Jun 28, 2023
case study-weward

WeWardはフランスを拠点に展開している、2000万人規模のユーザーを持つウォーキングに特化したヘルス&フィットネスアプリです。WeWardの収益化アカウントマネージャーであるヴァンサン・ローチュリエ氏が、Unityでチームと密接に協力しオファーウォールを最適化することで、オファーウォールのARPDAUを90%向上させた方法を紹介します。

Wardsを広めるための新しい施策を検討

WeWardの使命は、ウォーキングを皆さんの生活をより実りあるものにすることです。チャレンジ、ソーシャル機能やアプリ内通貨によるリワードのおかげで、このアプリをダウンロードしたユーザーは平均より24%多くウォーキングする傾向があります。ユーザーは自分の「Ward」をチャリティーの寄付、ギフト、現金と交換することができます。

エンゲージメントを促進し、より価値のあるユーザー体験を創出し、また、誰もが公平にアプリ内通貨を利用することができるよう、私たちのチームはユーザーが「Ward」を取得する方法の多様化について検討していました。そこで、私たちはUnityチームにアドバイスを求めました。

オファーウォールのプレイスメントの最適化

私たちは、ユーザーの達成感や競争心を刺激する要素を取り入れることに注力しています。ユーザーがオファーウォールの利用を楽しんでいることを私たちは知っていますので、オファーウォールを実装することにしました。Unityチームと話し合った結果、アプリ内でオファーウォールのトラフィックドライバーをもっと目立たせ、オファーウォールを通じてもっと簡単に「Ward」が獲得できるようにする必要があることに気づきました。

私たちは、オファーウォールの枠を最適化し、アプリのホームページにトラフィックドライバーを追加しました。これによりオファーウォールのエンゲージメントが40%向上し、収益が25%増加するという素晴らしい結果に結びつきました。

カレンシーセールの促進

これらの最適化によって優れたパフォーマンスが得られたことを確認した上で、チームはより高度なエンゲージメントを促し、もっとリワードが受け取れるユーザー体験をオファーするMCP(マルチ・クレジット・プロモーション:ユーザーに最大で標準の10倍のオファーウォールリワードを提供する期間限定のカレンシーセール)を実施することを勧めてきました。中でも特筆すべき点は、Unityのカレンシーセールが利用可能なすべての時間帯のリストにアクセスできることです。プロモーションは休日や連休中に多いからです。つまり、参加したいカレンシーセールがある場合、前もって計画を立てることができるのです。

case study-weward

WeWardのアクティビティが少ないイースターの週末には、トラフィックとエンゲージメントを促進するためにオファーウォールのリワードを2倍にしました。また、ホーム画面のトラフィックドライバー上のカレンシーセールを強調することで、さらに多くのユーザーをオファーウォールに誘導しました。

引き続きユーザーへリワードを提供し続ける

Unityチームと協力してオファーウォール戦略を最適化した結果、イースターの週末にオファーウォールのARPDAUが90%、エンゲージメントレートを40%向上させることができました。また、MCPが完了した後にも、継続的に増加しています。

さらに収益を上げることで、WeWard利用者に対してさらに魅力のあるサービスの提供が可能となり、私たちが最終目標としているユーザーのウォーキングへの参加につながります。私たちはUnityと今後も引き続き協力していくことを楽しみにしており、アプリの成長に貢献してくれた強力なサポートとコミュニケーションに感謝しています。