Hero background image
Unity 2020.1
Unity の最新の TECH ストリームリリースでは、ワークフローとパフォーマンスに多数の改善が加えられているほか、Input System や Cinemachine などの新たな検証済みツールが提供されます。
Youtube video thumbnail

Unity 2020.1

Unity 2020.1 リリースには、ゲーム、映画・エンターテインメント、建築設計、2D/3D リアルタイムテクノロジーを使用するその他の業界など、どの業界の方にも役立つ機能が揃っています。

2020 TECH サイクルの最初のリリースでは、アーティストデザイナープログラマー向けにワークフローとパフォーマンスが改善されています。

Unity 2020.1 で提供される内容についての詳細情報と、始めるときに役立つリソースについては、以下をご覧ください。

新機能を確認する
アーティストとデザイナー向けのツール
アーティストとデザイナー向けのツール

Unity 2020.1 では Unity の定評あるアーティスト向けツールにいくつかの新機能と改善が加えられており、幅広いユースケースでワークフローの効率がさらに向上します。2D の機能強化、アニメーションのアップデートに加えて、Cinemachine が検証済みパッケージになりました。

Unity プログラマー向けツール
プログラマー向けツール

改良されたプロファイリングツールを使って、より明確な方法で、より正確なパフォーマンスデータを入手しましょう。新しいスクリプティング機能とテスト機能により、コーディングのワークフローと生産性を改善できます。

エディターとチームのワークフロー
エディターとチームのワークフロー

Unity では、皆さんがさらに生産性を高められるように、エディターとワークフローを改善しました。ワークフローをカスタマイズする方法がさらに増えたことで、頻繁に中断することなくフローを継続できます。パッケージマネージャーの新しいユーザーインターフェースでは、プレビューパッケージと検証済みパッケージをより明確に区別できます。

プラットフォーム
プラットフォーム

あらゆるプラットフォーム(拡張現実、バーチャルリアリティ、モバイル、ウェブ、デスクトップ、またはコンソール)向けの体験を構築する方のための、開発プロセスをよりスムーズにする新機能と機能改善が盛り込まれています。

グラフィックス
グラフィックス

このリリースでは、Unity で作業をしているテクニカルアーティストやグラフィックスプログラマー向けの機能がさらに安定化されており、新機能が追加されています。これにはユニバーサルレンダーパイプラインの Camera Stacking のほか、ライトマッピングの最適化などのライティングのアップデートが含まれます。

Unity リリースサイクル

プリプロダクションが完了している場合は、Unity 2019.4 LTS の使用をご検討ください。

制作を特定のバージョンの Unity に固定することで安定性を最大化したい場合は、Unity の長期サポート(LTS)バージョンの使用をお勧めします。Unity 2019.3 と同じ機能が搭載された最新の LTS リリース、Unity 2019.4 LTS を現在ご利用いただけます。

LTS リリースには新機能がなく、API の変更や機能強化も行われません。これは 2019 年の TECH ストリームを引き継ぐものであり、今後 2 年間は、バグ修正を含む隔週での継続的なサポートを受けられます。

Youtube video thumbnail

2 回の 2020 TECH ストリームリリース

さらに多くの新機能をパッケージとして継続的に配布しつつ、リリースサイクルを変更して 2020 年には 2 回の TECH ストリームリリースでコアアップデートを実施し、続く 2021 年初頭に LTS リリースを公開します。2020.2 の完全版のリリースは 2020 年秋の予定です。今後も引き続き、2017 年の LTS 導入以降と同じように、バグ修正を含むマイナーアップデートを行っていきます。

さらに多くの新機能への早期アクセスをご希望ですか?
さらに多くの新機能への早期アクセスをご希望ですか?
よくある質問

プレビューパッケージと検証済みパッケージの違いは何ですか?

+

TECH ストリームリリースとは何ですか?

+

LTS リリースとは何ですか?

+

私のプロジェクトではどのバージョンがお勧めですか?

+

Unity 2020 LTS はいつ公開されますか?

+

アルファ版とベータ版リリースの内容と入手方法を教えてください。

+