FPS Sample

マルチプレイヤー FPS シューティングゲームプロジェクト

これを利用して Unity の最新機能を学びましょう。必要な部分だけを取りだして使ってもよく、自分自身のゲームの出発点としてプロジェクトのすべてを利用してもかまいません。

 

FPS Sample をダウンロードしましょう

FPS Sample は、Unity 2018.3 の時点で利用可能だった機能およびパッケージを内部検証するために作成されたもので、すべてのアセットも含めてダウンロードできます。プロジェクトには以下が含まれます。

  • HDRP 用の高品質なアセットが含まれている、データを完全に投入したアリーナレベルが 1 つ
  • 4 つのユニークな武器を持つリグ付きのキャラクターが 2 人
  • 最大 16 名のプレイヤーをサポートする権威サーバーアーキテクチャを持つ、サポート対象外のカスタムネットコードを含むゲームコード(製品版での使用は非推奨)
  • モードはデスマッチと襲撃
  • PC プラットフォームをサポート 

これは、Unity 2018.3 または Unity 2018.4 LTS リリースを使用している中級レベルまたはベテランの開発者の方に、インスピレーションの源としてご利用いただくことを意図しています。実験的なテクノロジーが使用されています。このプロジェクトはサポート対象外のため、このプロジェクトのパーツをご自分のプロジェクトの出発点として使用したい場合は、サポートされているパッケージにアップグレードすることを強くお勧めします。

 

サンプルプロジェクトの役割

Unity は、ゲームのメカニクスやジャンルに関する特定の課題について多くの解決法を提供する一方で、サンプルのゲームを通して、実際にプロジェクトに実装されているひとつのアプローチを示すという形でインスピレーションを与えます。

主任開発者の Peter Andreasen と主任テクニカルアーティスト Martin Kümmel Vestergaard がプロジェクトを解説します。

FPS Sample を使って HDRP の使用法を学びましょう

FPS Sample では、HD レンダーパイプライン(HDRP)が使用されています。このプロジェクトは、レイヤードマテリアル、HDR ライト、ポストフィルター、HDRP でのライトモードなどの Unity の機能を使用する方法のヒントとしてご利用ください。

このビデオでは、プロジェクトを制作した 2 人の人物、主任開発者の Peter Andreasen と テクニカルアートディレクターの Martin Kümmel Vestergaard がサンプルゲームでのグラフィック作成へのアプローチとその目的について話します。

 

プロジェクトをスタートする方法

このプロジェクトはドキュメントを含めて GitHub から入手でき、Unity 2018.3.8f1 向けに提供されています。このプロジェクトは、ネットワーキングなど、大量の更新が行われているテクノロジーやパッケージを使用しているため、インスピレーションの源としてのみ利用されることをお勧めします。

FPS Sample のフォーラムに参加して、このプロジェクトについて話し合い、情報を交換し、フィードバックを提供してください。

GitHub 上の FPS Sample
クイックスタートガイド

 

あなた自身のプロジェクトのためにお使いください

 Unity Companion License(「License」)のもとで配布される Unity Technologies ApS (「Unity」)については、世界どこででも制限なし、ロイヤリティなしの著作権ライセンスを無料で提供します。ただし、このライセンスに関連するソフトウェアの派生物の準備、生成、あるいは公の場での表示、実行、配布は以下の制約または規約が適用されます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK