FPS Sample

マルチプレイヤー FPS シューティングゲームプロジェクト

これを利用して Unity の最新機能を学びましょう。必要な部分だけを取りだして使ってもよく、自分自身のゲームの出発点としてプロジェクトのすべてを利用してもかまいません。

 

FPS Sample をダウンロードしましょう

FPS Sample をダウンロードしてご利用いただけます。内容:

  • HDRP のための高品質なアセットを含み、データを完全に投入したアリーナレベルが 1 つ
  • 4 つのユニークな武器を持つリグ付きのキャラクターが 2 人
  • プレイヤー数は最高16 名
  • モードはデスマッチと襲撃
  • 現在は PC が対象。今後他のプラットフォームもサポートの予定
  • 信頼できる サーバーアーキテクチャがベースの FPS ネットコード

 

FPS プロジェクト作成の足掛かりとしてご利用ください 。中級レベルまたはベテランの開発者の方はインスピレーションを得るためのデータベースとしてお使いいただけます。

現在、プロジェクトの対象は PC のみですが、今後、PS4 や Xbox One もサポートする予定です。

サンプルプロジェクトの役割

Unity は、ゲームのメカニクスやジャンルに関する特定の課題について多くの解決法を提供する一方で、サンプルのゲームを通して、実際にプロジェクトに実装されているひとつのアプローチを示すという形でインスピレーションを与えます。

主任開発者の Peter Andreasen と主任テクニカルアーティスト Martin Kümmel Vestergaard がプロジェクトを解説します。

FPS Sample を使って HDRP の使用法を学びましょう

FPS Sample では最新のレンダーパイプラインを使用しています。プロジェクトを通して、レイヤードマテリアル、HDR ライト、ポストフィルタ、HDRP でのライトモードなど、最新機能の利用について学びましょう。

プロジェクトを制作した 2 人の人物、主任開発者の Peter Andreasen と テクニカルアートディレクターの Martin Kümmel Vestergaard がサンプルゲームでのグラフィックの作成とその目的について話をします。

進化するプロジェクト

Unity の今後のバージョンでも、FPS サンプルを維持し、それをさらに進化させます。 

つまりそれは、今後のアップデートでは VFX のような新しい機能がプロジェクトに加わることを意味しています。2019 年にはチュートリアルとメイキングのブログが登場する予定です。

プロジェクトをスタートする方法

プロジェクトはドキュメントを含めて、Githubで入手できます。プロジェクトを使用するには、以下またはあなたの Unity Hub から Unity Beta の最新バージョンを入手してください。

参加しましょう

コミュニティフォーラムで Unity の開発者に会いましょう。フィードバックを提供し、プロジェクトについて情報交換をしてください。

 

Github で入手する

スタートガイド

あなた自身のプロジェクトのためにお使いください

 Unity Companion License(「License」)のもとで配布される Unity Technologies ApS (「Unity」)については、世界どこででも制限なし、ロイヤリティなしの著作権ライセンスを無料で提供します。ただし、このライセンスに関連するソフトウェアの派生物の準備、生成、あるいは公の場での表示、実行、配布は以下の制約または規約が適用されます。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.