Visual Effect Graph

SF のホログラムでも火を噴くドラゴンでも、あるいは雨が打ちつける窓でも、 Visual Effect Graph のノードベースのエフェクトと適応性のある機能を使えば、美しい VFX がリアルタイムで作れます。

Unite LA 2018 で展示された、宇宙船 Visual Effect Graph のデモ

VFX Graph のデモ

VFX Graph を使用して制作されたデモをご覧ください。Visual Effect Graph を使用すると、火花や煙などの単純なものから、炉心や PIN 画面のアニメーションのように複雑なものまで、幅広いエフェクトを制作できます。

リアルタイム VFX を作ろう

Visual Effect Graph を使って魅力的なエフェクトを制作する方法を学びましょう

Visual Effect Graph を使用して制作した宇宙船のデモをご覧になり、プロジェクトをダウンロードしてください。Visual Effect Graph を使用すると、火花や煙などの単純なものから、エンジンの中心部やコンピューターの PIN 画面のように複雑なものまで、幅広いエフェクトを制作できます。

ビジュアルエフェクトアーティストのための出発点

シンプルなものから複雑なものまで、コードを記述することなく、設定可能で再利用可能な次世代のエフェクトを制作できます。Visual Effect Graph は GPU の何百万ものパーティクルを処理します。映画のビジュアルエフェクトを制作するソフトウェア用の優れたツールからヒントを得ており、アーティストがゲームやその他さまざまな場面で素晴らしい VFX を制作するのをサポートします。

すべて Visual Effect Assets 内に作成、収納済み

すべてのアセットに単独で動作するエフェクトに関する全行動のグラフが含まれています。どのエフェクトでも、メッシュ、パーティクル、そしてシミュレーションがより簡単で Visual Effect Graph で処理可能なコンテナを自由に組み合わせることができます。さらに皆さんの多くにとってはすでにおなじみでお気に入りの Timeline のようなツールも統合されています。

パワフルな新ツールを使いましょう

この動画では Visual Effect Graph と従来のパーティクルシステムとを比較し、GPU でシミュレートされたパーティクルの利点を紹介しています。いくつかの具体例を通してこのパワフルな新ツールの使い方を説明します。

Unity 2019.3 リリースの新機能

Visual Effect Graph では、シェーダーグラフを使用して忠実度の高いビジュアルエフェクトを作成できるようになりました。これにより、独自のピクセルシェーダーやフラグメントシェーダーを視覚的に作成し、それらを Visual Effect Graph で使用して外観をカスタマイズできます。

パーティクルストリップは、トレイル、線、リボンを作成できるように、個々のパーティクルを接続する三角形のストリップを生成します。また、ポストプロセッシングモーションブラーエフェクトを使用して、動きが高速なオブジェクトにブラーを追加できる、モーションベクターも追加できます。 

多くの場合、エフェクトの効果はパーティクルのスポーンのタイミングに左右されます。スポナーごと、時間、ループ、遅延機能を使用すると、あらかじめ設定された間隔とスポーン継続時間に従い、設定された回数だけパーティクルをスポーンできます。

Visual Effect Graph の製品版をご利用いただけるようになりました

これらの機能を活用する方法の詳細については、マニュアルを参照してください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK