きめ細かなカスタマイズに対応したレンダリングテクノロジー

スクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)は、ターゲットプラットフォームに応じてレンダリングプロセスを調整できるので、ハードウェアに合わせてパフォーマンスを最適化できます。

次のレベルのレンダリング

グラフィックスに関して言えば、ビジョンを形にするための制御と制作したビジュアルを押し出すパワーが必要です。開発者は SRP により、Unity の 2 つのレンダーパイプラインをそのまま使用して、それらを独自のソリューションをカスタマイズするためのテンプレートとして使用するか、一から独自に制作するかを選択できるため、プロジェクトに合った適切なツールを使用できます。

ユニバーサルレンダーパイプライン

幅広いプラットフォームにリーチする必要があるプロジェクトの場合は、ユニバーサルレンダーパイプライン(旧ライトウェイトレンダーパイプライン)が最適な選択肢です。コードのカスタマイズなしに美しいビジュアルと高いパフォーマンスを実現する、強力なソリューションです。何よりも、Unity がターゲットとするすべてのプラットフォームに合わせてスケーリングできます。

HD レンダーパイプライン

HD レンダーパイプライン(HDRP)は、演算能力に余裕があるハードウェアで真価を発揮する美しい高解像度のビジュアルを制作し、ハイエンドのハードウェア向けにグラフィックスをアピールするのに最適です。フォワードレンダリングとディファードレンダリングの両方に対応しており、物理ベースのライティングとマテリアルを採用しています。

さらに細かい制御機能を開発者に提供

Unity では、C# スクリプトからレンダリングを設定する機能により、次のことを実行できます。

  • 特定のハードウェア向けにパフォーマンスを最適化する
  • ニーズに応じてレンダリングプロセスを細かくカスタマイズする
  • パフォーマンスリソースの使用法を制御する
SRP:知っておきたいポイント

新しいレンダーパイプラインの各種メリットのほか、開発中のゲームのコントロール、カスタマイズ、パフォーマンス最適化をきめ細かに行う方法をご紹介します。

SRP とユニバーサルレンダーパイプラインの紹介

SRP テクノロジーの概要と、エディターでユニバーサルレンダーパイプライン(旧 LWRP)を設定する方法に関するデモをお見せします。SRP がもたらすパフォーマンス上の利点をご覧ください。

SRP Batcher:レンダリングをスピードアップ

SRP には、ローレベルエンジン向けのレンダリングループ「SRP Batcher」が用意されています。SRP Batcher を使うと、CPU によるレンダリング処理の速度がシーンに応じて 1.2 倍から 4 倍に向上します。この機能をフル活用する方法をご覧ください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK