検索

きめ細かなカスタマイズに対応したレンダリングテクノロジー

スクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)は、ターゲットプラットフォームに応じてレンダリングプロセスを調整できるので、ハードウェアに合わせてパフォーマンスを最適化できます。

次のレベルのレンダリング

Unity には複数のレンダリングモードが組み込まれており、大半のゲームならこれで十分に開発できます。SRP を使用すると、コードを大量に記述することなく最新のハードウェアや GPU のパワーをフル活用できます。

さらに細かい制御機能を開発者に提供

Unity では、C# スクリプトからレンダリングを設定する機能により、次のことを実行できます。

  • 特定のハードウェア向けにパフォーマンスを最適化する
  • ニーズに応じてレンダリングプロセスを細かくカスタマイズする
  • パフォーマンスリソースの使用法を制御する

SRP:知っておきたいポイント

新しいレンダーパイプラインの各種メリットのほか、開発中のゲームのコントロール、カスタマイズ、パフォーマンス最適化をきめ細かに行う方法をご紹介します。

SRP と軽量レンダーパイプライン(LWRP)の紹介

SRP テクノロジーの概要と、エディターで軽量レンダーパイプライン(LWRP)を設定する方法に関するデモをお見せします。ローエンドデバイスを対象としたプロジェクトに SRP がもたらすパフォーマンス面の利点をご覧ください。

SRP Batcher:レンダリングをスピードアップ

SRP には、ローレベルエンジン向けのレンダリングループ「SRP Batcher」が用意されています。SRP Batcher を使うと、CPU によるレンダリング処理の速度がシーンに応じて 1.2 倍から 4 倍に向上します。この機能をフル活用する方法をご覧ください。

ライトウェイトレンダーパイプライン(LWRP)

LWRP は、特に携帯電話やタブレットなどのローエンドハードウェアや、XR などのリソースの消費が激しいアプリケーションで高いパフォーマンスを発揮できるように最適化を施したパイプラインです。

HD レンダーパイプライン(HDRP)

HDRP は、ハイエンド PC やコンソールを対象に魅力に溢れた高画質のビジュアルを実現するパイプラインです。マルチコア PC やコンソールなど、コンピュートシェーダー/GPU 対応のデバイスで最高レベルの画質が要求されるゲーム、デモ、アプリを実行する場合に理想的な選択肢です。フォワードレンダリングとディファードレンダリングの両方に対応しており、物理ベースのライティングとマテリアルを採用しています。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.