Hero background image
Unity リリース
2021.1 TECH ストリームのコーディングワークフローのためのその他の機能
コーディング体験を合理化し、最適化された高いパフォーマンスを発揮するゲームを自信を持って制作するのに役立つ、Unity の 2021.1 TECH ストリームリリースに含まれている内容をご覧ください。
惑星の上に宇宙飛行士がいて足跡が付いている宇宙のシーン

Optimized coding workflows in Unity 2021.2 Tech Stream

The Tech Stream release is for creators and coders who value having early access to the latest features so they can stay on the cutting edge. With a focus on increasing stability and robustness, 2021.2 includes an upgrade to the latest Mono, faster workflows with feature sets, performance improvements for rendering particles, and more.

コーディングワークフローを改善するためのその他の機能
Version Defines による複数バージョンのサポート

Version Defines を活用して最新の API 機能にアクセスすることで、古いバージョンの Unity とその API との後方互換をすべて単一のコードベース内で確保できます。

正確な時間ベースの機能を構築

Time.timeAsDouble には多数の AsDouble プロパティが導入されており、プロジェクトで倍精度の時間を使用できます。これは、専用ゲームサーバーなど、長時間実行されるアプリケーションを構築しているクリエイターにとって特に有益です。

正しいコードがテストされるようにする

Unity の Code Coverage パッケージを Test Runner と併用して、HTML 形式の詳細レポートで現在のテストスイートで見逃されている領域を探すなど、プロジェクトのコードのテストカバレッジをチェックできます。

複数のプレイヤーのプロファイリングをサポート

1 台のマシンで複数のプレイヤーインスタンスを実行し、特定のインスタンスに Unity プロファイラーを接続して、そのインスタンスが発揮しているパフォーマンスの詳細を把握することで、少ない台数のハードウェアでより生産性を高めます。

Device Simulator でさまざまなプラットフォームをテスト

制作したゲームがさまざまなモバイル端末でどのように表示されるかを確認します。Device Simulator が Unity のメインインストールの一部としてインストールされるようになりました。

ビジュアルスクリプティングでロジックを作成

ドラッグアンドドロップ式の視覚的なグラフによってコードを補完し、プロトタイピングとイテレーションを高速化します。また、ビジュアルスクリプティングは、既存のスクリプトをもっと簡単に使えるようにして、プログラマー以外の他のメンバーが使用するためのツールを作成する方法としても優れています。

改善された UnityLinker により、よりサイズが小さくなり高速になった実行ファイル

UnityLinker の機能強化により、メソッド本文のストリッピング、C# リフレクションの検出、デリゲートストリッピングが改善されたことで、ストリップされたアセンブリが IL2CPP によって C++ に変換されるのにかかる時間が短縮され、実行ファイルのサイズが小さくなりました。

より優れたプロジェクト変換のための IL2CPP の最適化

このバージョンの Unity には、IL2CPP による変換と基盤となる C++ コンパイル全体を通して、小さな最適化のコレクションが多数盛り込まれており、ビルド時間とプロジェクト変換が改善されています。

包括的なメモリプロファイリング

Unity プロファイラーのメモリプロファイリングパッケージが更新され、多次元配列を含め、すべての関連データが管理対象のデータ型に対して確実に報告されるようになったほか、テクスチャーやメッシュメモリのレポートが改善されました。

Improved search

Visualize complex search queries across multiple properties with new Table Views. The integrated search also provides a more streamlined Asset Picker experience.

Native Editor support for Apple silicon

New native support for the Unity Editor on Apple silicon ensures your games will run seamlessly on current and future Mac systems.

Improved performance in HDRP

Boost your performance and visual quality on PC and consoles with HDRP’s new dynamic resolution upscalers (NVIDIA DLSS, AMD FSR and TAA Upscale), and run applications at 4K or high frame rates.

Full release information
Access Unity release notes

See the notes for all recent Unity releases, including new features, upgrades, bug fixes, and known issues.

Upgrade Guide

Move to the latest releases of Unity with guidance from our documentation.

2021.1 TECH ストリームリリースの詳細を見る
日の出のシーン
2020.1 TECH ストリームウェビナー

こちらのウェビナーに参加し、次のプロジェクトに向けて最先端のテクノロジーを学ぶために、Unity の最新リリースに含まれている開発中の機能に挑戦することを重視するクリエイター向けの主な機能を確認してください。

Unity ジェネレーティブアートのチェッカーコラージュ
見事なビジュアルを制作

最初のピクセルからプレイヤーを引き込む、美しいグラフィックスを制作するために最適化されたワークフローの詳細をご覧ください。

Unity Hub ログインのスクリーンショット
適切なリリースを選択

Unity では TECH ストリームと長期サポート(LTS)の 2 つの異なるリリースバージョンを提供しています。ニーズに合ったソリューションを選択できるように、各リリースの強みをご確認ください。

よくあるご質問

私のプロジェクトではどのバージョンがお勧めですか?

+

TECH ストリームリリースとは何ですか?

+

LTS リリースとは何ですか?

+

検証済みパッケージとリリース版パッケージの違いは何ですか?

+

アルファ版とベータ版リリースにアクセスする方法を教えてください。

+