バージョン管理

より優れた作品を協力して制作しましょう。Unity Plastic SCM はゲーム開発のために設計されたソース管理で、アーティストとプログラマーのワークフローや、サイズの大きなファイルやバイナリを扱うことを念頭に置いて構築されています。

Unity の DevOps チームから専門的なアドバイスを受け、生産性を下げる目に見えない落とし穴を回避し、イテレーションをスピードアップしましょう。 e ブックにアクセス

リリースタイムラインをスピードアップ

Unity Plastic SCM は、あらゆる規模のゲーム開発スタジオに対応する、スケーラブルかつエンジンに依存しないバージョン管理ツールであり、ソースコード管理ツールです。Plastic は、チームのコラボレーションを改善して生産性を高めるよう設計されており、アーティストとプログラマー向けに最適化されたワークフローが備わっており、サイズの大きなファイルやバイナリを高速で処理できます。

『Subnautica: Below Zero』アート

Unknown Worlds 制作『Subnautica: Below Zero』

プログラマー向け

強力なブランチング機能とマージ機能により、競合を最小限に抑え、制作をスピードアップします。システムはサイズの大きなファイルやリポジトリを扱うことを前提に構築されており、集中型でも分散型でも作業を進めることができます。

アーティスト向け

Plastic は単にコードだけを念頭に置いて設計されているわけではなく、ロック機能により競合を最小限に抑え、メインプロジェクトのリポジトリに接続された別個のワークスペース内で独立して作業を進めることができます。

Git ユーザー向け

Plastic SCM はとにかく使えます。移行は簡単で、追加設定なしでサイズの大きなファイルを操作し、気軽にコミットできます。技術的なスキルレベルに関係なく、誰にでもお使いいただけます。

Perforce ユーザー向け

チーム全員にとって役立つソリューションです。開発者は堅牢なブランチングとマージを活用し、分散型で作業を進めることができる一方で、開発者以外のユーザーとアーティストはよりシンプルなワークフローを利用できます。

主なメリット

アーティストとプログラマー向けに最適化されたワークフロー

別個のワークフローを、1 つのリポジトリで。開発者は完全なブランチング機能とマージ機能が備わったソリューションを活用して、集中型の環境でも分散型の環境でもプログラミングを行うことができる一方で、アーティストはファイルベースのワークフローと直感的な UI を使用して制作を進めることができます。

サイズの大きなファイルやバイナリをより迅速に処理する

Unity のバージョン管理システムは、サイズの大きなファイルやリポジトリを扱う際にも高いパフォーマンスと応答性を維持するよう構築されており、ゲーム開発に特有の複雑さを難なく処理します。

さまざまなツールにわたって機能する

Plastic SCM は、Unreal を含めたあらゆるエンジンで動作し、Unity のクリエイターは Plastic とエディターの緊密な統合のメリットを享受できます。また、Plastic は IDE や JIRA、TeamCity、Jenkins などの問題追跡、コラボレーション、DevOps を担うツールとも連携します。

バージョン管理の統合

Plastic SCM はあらゆるエンジンで動作し、自社の DevOps ツールチェインに簡単に統合できます。IDE や問題追跡、コミュニケーション、コラボレーション、CI を担うツールなどと連携して機能します。

Unity ロゴ
Jenkins
Rider JetBrains
TeamCity JetBrains
Jira
Bamboo
Unreal Engine
Discord

無料で開始してからの従量課金

最初の 3 人のユーザーと、毎月 5 GB までのデータストレージの使用は無料です。それを超える分については、月間アクティブユーザー数と使用しているクラウドストレージの合計によって価格が変わります。オンプレミスのソリューションについては、Plastic Enterprise エディションについて販売担当者までお問い合わせください。

さまざまなゲームでの活用事例

Goodbye Volcano High

作業者自身がオーナーである協同組合型のスタジオがどのようにして制作プロセスにてアーティストとエンジニアの足並みを揃えさせているのでしょうか?KO_OP が Plastic SCM をどのように活用してコラボレーションを強化したかをご覧ください。

Return to Nangrim

Sycoforge が Unity のツールをどのように活用して拡大するプロジェクトのスコープを管理し、ゲーム開発のスピードアップとイテレーションにプレイヤーのフィードバックを生かしているかをご覧ください。

Subnautica

Unknown Worlds が『Subnautica』に命を吹き込むためになぜ Unity と Plastic SCM を選んだのか、その理由をご覧ください。

使用の開始とお問い合わせ

こちらの簡単な手順に従って、わずか数分でバージョン管理を開始して実行できます。さらにアドバイスが必要な方や質問がある場合は、Unity のサポートチームがお手伝いします。

よくあるご質問

Unity Plastic SCM を使用できるのは Unity だけですか?

いいえ、Plastic はお手持ちのほぼすべてのソフトウェアと組み合わせて、強力な VCS サポートを利用できます。ただし、Unity 用の Plastic パッケージを使用すると、コアエンジン内で Plastic をより直感的に使用できます。

使用を開始するにはどうすればよいですか?

Plastic の使用を開始するには、Unity アカウントを使用してサインアップする必要があります。こちらに Unity エディターまたは別のエンジンで使用を開始するのに役立つガイドが見つかります。開始する前にまだご不明な点がある場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。

Plastic Cloud Edition とは何ですか?

Plastic Cloud Edition は、組織がクラウド内に Plastic のリポジトリを格納するために使用できる、ホステッド型のマルチテナントかつクラウドベースのサーバーです。

Plastic Cloud Edition はどのようなユーザーを想定していますか?

Plastic Cloud Edition は、クラウドサーバー(とオプションのローカルクローンリポジトリ)のみを必要とする、サイズの大きなリポジトリやファイルを扱うゲーム開発チーム向けのバージョン管理システムです。クラウドサーバーにプッシュ/プル(または直接チェックイン)できます。Cloud Edition には、Plastic SCM クライアントとクラウドサービスが付属します。

Plastic Cloud Edition を使用するには何が必要ですか?

リポジトリをホステッドサービスに格納するには、Plastic Cloud Edition のサブスクリプションが必要です。

Plastic SCM Cloud Edition を使用するのに、ローカル(オンプレミス)の Plastic サーバーは必要ですか?

いいえ。

チェックインして Plastic Cloud Edition とマージできますか?

はい、チェックインしてクラウドに直接マージできます。

Plastic Gluon を使用して Plastic Cloud にアクセスする場合、ファイルをロックできますか?

はい、可能です。Plastic Cloud の組織のダッシュボードからチェックアウトされるとロックされるようファイルを構成することもできます。

Unity Plastic SCM Cloud にアクセスするには、どのバージョンの Unity Plastic SCM が必要ですか?

5.4.16.719 以上が必要です。Unity のネットワーク API は更新済みで、Unity Plastic SCM Cloud 用に拡張済みであるため、古いバージョンは機能しません。

データを Plastic Cloud にアップロードするにはどうすればよいですか?

ローカルの Plastic SCM サーバーから Plastic Cloud にデータをプッシュします。

Plastic Cloud でデータの安全性はどのように確保されていますか?

Plastic SCM では、データやコードを Plastic Cloud にアップロードする前に暗号化することができます。Plastic Cloud の新しい組織にリポジトリをホストするようリクエストするときに、それを「暗号化済み」に設定できます。つまり、データをアップロードするときはいつでも、Plastic Cloud でデータの暗号化が必要になるということです。

Plastic Cloud への接続の安全性はどのように確保されていますか?

Plastic Cloud で許可されるのは SSL 接続のみです。

Plastic Cloud Edition ライセンスの料金はどのようにして決まりますか?

Plastic Cloud Edition には、無料利用枠として 3 人までのユーザーが無料で利用できるほか、5 GB のストレージが備わっています。4 人目のユーザー以降は、アクティブユーザーごとに月額料金が発生します。ユーザーがアクティブでなかった月については、請求は発生しません。ストレージの利用が 5 GB を超えた場合は、ユーザーごとではなく、チームごとにストレージの追加分の料金が発生します。詳細については、価格を参照してください。

ユーザーは複数のデバイスを持つことができますか?

はい。Unity ではライセンス管理のために、使用されているデバイスやインストールされているサーバーの数に関係なく、アクティブユーザーの数のみカウントします。

追加のサーバーについて料金を支払う必要がありますか?

いいえ。Unity ではライセンス管理のために、使用されているデバイスやインストールされているサーバーの数に関係なく、アクティブユーザーの数のみカウントします。

読み取り専用ユーザーについて料金を支払う必要がありますか?

いいえ。チェックインなどの書き込み操作を実行しないユーザーは読み取り専用と見なされます。

ユーザーのアクティベートを解除して新しいユーザーに置き換えることはできますか?

はい。ユーザーのアクティベートのオンとオフはいつでも切り替えることができます。Unity Plastic SCM では、アクティブであるかどうかに関係なく、すべてのユーザーの履歴を保持します。ユーザーがシステムにアクセスするには、アクティブである必要があります。

Unity Plastic SCM Cloud Edition のサポートの内容について教えてください。
  • 電子メールによる 24 時間以内のサポート対応
  • より複雑な問題を解決するための遠隔サポート接続
  • 開発チームからコードの「ホットフィックス」を優先的に提供

詳細については、こちらで確認してください。

ユーザーは何をすると「アクティブ」になりますか?

所定の月に以下のいずれかを実行すると、ユーザーはアクティブであると見なされます。 

1.次の目的でリポジトリに書き込む:

  • チェックイン
  • コードレビューの実施
  • ラベル、変更セット(プッシュまたはチェックイン)、ブランチ、属性、リポジトリなどのオブジェクトの作成

2.5 MB のデータをアップロードまたはダウンロードする。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK