検索

シェーダーグラフ

Shader Graph を使用すると、リアルタイムで視覚的に構築することによって、シェーダーを簡単に作成できます。ネットワークグラフ内でノードを作成してつなぐだけ。コードを書く必要はありません。

シェーダーを視覚的に構築

Unity でシェーダーを作成することは、従来はある程度のプログラミング能力がある人々の領域でした。Shader Graph は、シェーダーの作成を簡単にすることで、その領域をアーティストや他のチームメンバーに拡します。グラフネットワーク内でノードをつなぐだけで、変更をすぐに確認できます。

以下のことができます。

  • サーフェスの外観を手続き的に変更する
  • UV をワープおよびアニメーション化する
  • なじみのある画像調整操作を使用して、オブジェクトの外観を変更する
  • オブジェクトの情報(ワールドでの位置、法線、カメラとの距離など)に基づいてオブジェクトのサーフェスを変更する
  • Material Inspector を使用して、シーンのコンテキストでのシェーダーのビジュアルをすばやく調整する
  • サブグラフを作成して、複数のグラフや複数のユーザー間でノードネットワークを共有する

結果をリアルタイムで確認

ラフのフレームワークはアクションの結果を即座に表示します。変更がベイクされるまで待つ必要はありません。慣れていないユーザーでも簡単に始めることができます。

思いどおりにカスタマイズ

カスタム化機能と視覚的なツールを使用して、芸術的なエフェクトや他の特殊エフェクト(サーモグラフィ、雪、クローキング装置など)を作成できます。

Shader Graph システムは次のような特徴があります。

  • スクリプタブルレンダーパイプライン機能を使用するように設計されています。軽量レンダーパイプライン(LWRP)および高解像度レンダーパイプライン(HDRP)を使用するマスターノード が付属していてすぐに使えます。
  • 任意のカスタムレンダーパイプラインを使用するように拡張できます。
  • Shader Graph で直接、または HLSL ファイルでカスタムノードビヘイビアを定義できます。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.