Unity 2019.3 リリース

アーティストとデザイナー向けの新しいツール

Unity 2019.3 のアーティストとデザイナー向けの新機能にはどのようなものがありますか?Animation Rigging での Timeline のサポート、2D アニメーションとグラフィックスのアップデート、サードパーティレンダラーのマテリアルのサポート、Terrain のアップデート、プリセット、および簡素化された DOTS 変換ワークフローがあります。

新機能

2019.3 で最も重要なアーティスト/デザイナー向けツールのいくつかを紹介します。完全な詳細については、リリースノートを確認してください。 

Animation Rigging – Timeline のサポート(プレビュー版)

Timeline 内での Animation Rigging のサポート(プレビュー版)が追加されました。このパッケージを使用すると、アニメーターや非スペシャリストの方がゲームシーケンス内でアニメーションのプレビューと変更を簡単に行うことができます。Timeline のトラックをブレンドしてシーンのニーズに合わせた全く新しいアニメーションを作成したり、専用の 3D アニメーションパッケージへのラウンドトリップを必要とせずにエディター内ですばやく修正したりできます。以前のリリースの「Animation」ウィンドウやリグのエフェクターと組み合わせることにより、Unity でアニメーションを修正するための強力で効率的な方法が実現します。 

Animation Rigging について詳しく知る

DOTS を利用したアーティスト向けツール

Data-Oriented Technology Stack(DOTS)を利用したすべてのコンポーネントが Unity 2019.3 でどのように連携するかを紹介する DOTS サンプルプロジェクトがリリースされます。 

Entities パッケージ(プレビュー版)には、デザイナーに特に関係のある 2 つの機能が含まれています。Conversion Workflow では、既知のワークフローを使用しながら DOTS の能力を利用して、ゲームオブジェクトをワンクリックでエンティティに変換できます。Unity Live Link では、エディターで変更を加え、それをターゲットデバイスにリアルタイムでプッシュして、実際のデバイスでどのように表示および実行されるかについて瞬時にフィードバックを得ることができます。

また、新しい DOTS アニメーションツールが初めてプレビューパッケージとして提供されます。

詳細を見る

2D ワールド構築用ツール

2D タイルマップエディターでは、ゲームメーカーがタイルマップ機能を使用して大規模な 2D ワールドを作成できます。また 2D Extras では、アニメーション付きのタイルや、隣接するタイルに合ったグラフィックが自動的に表示されるタイルのサポートを追加できます。

2D Sprite Shape も 2D ワールドを簡単に作成するのに役立ちます。これは有機的なスプラインベースの 2D テレインおよびオブジェクト用に設計され、エッジ、角、塗りつぶしの外観を定義する直観的なエディターを含んでおり、コライダーを自動的に作成します。Sprite Shape Extras(パッケージマネージャーから入手可能)を使用すると、スプラインと一緒に移動する Sprite Shape にオブジェクトをアタッチする適合スプラインなどの機能を追加できます。

どちらのツールも、高パフォーマンスのレンダラーが付属しており、2019.3 で検証済みです。

詳細を見る

2D PSD インポーター

2D PSD インポーターを使用すると、レイヤー情報とスプライトを維持したまま、レイヤー化された Photoshop 画像を Unity に直接インポートできます。これは特に 2D Animation Rigging に役立ち、個々の Photoshop レイヤーをスプライトとしてエクスポートする必要がないため、時間を節約できます。このパッケージは 2019.3 で検証済みです。

詳細を見る

2D Animation

スプライトを使用してリギング、テッセレーション、ボーン作成などを行い、Unity 内でスケルタルアニメーションを直接作成しましょう。2D Animation パッケージには、Sprite Editor 内で必要なツールがすべて用意されています。このツールを 2D PSD インポーターと連動させると、キャラクターのパーツをインポートできます。また、2D Animation と連動させると、キーフレームやカーブを使用してリグ付けされたキャラクターをアニメーション化できます。このパッケージは 2019.3 で検証済みです。

実験的なスプライトのスワップ機能を使用すると、アニメーションとリギングが同じで外観が異なる複数のキャラクターやパーツをすばやく簡単に作成できます。

詳細を見る

2D Pixel Perfect と Cinemachine のアップデート

2D Pixel Perfect Cameraは、ピクセルアートを鮮明な状態に保ち、さまざまな解像度でモーションと回転を安定した状態に維持するのに役立ちます。スタンドアロンパッケージが 2019.3 で検証されました。

Cinemachine のピクセルパーフェクト拡張機能は、Cinemachine Virtual Camera 向けの拡張機能です。2D Pixel Perfect コンポーネントを検出し、コンポーネントの設定を使用して、ピクセル解像度に基づく適切な平行投影カメラサイズと位置を計算します。

詳細を見る

Secondary Textures と 2D Shadows

2019.2 で導入された実験段階の 2D Lights により、2D でダイナミックライティングエフェクトを使用できるようになりました。Sprite Editor には新しいオプション、Secondary Textures が追加されています。このツールを使用すると、2D スプライトに法線マップやマスクマップを追加して、ボリュームをシミュレートしたり、2D Lights に対してより現実感のある反応を示すようにできます。Secondary Textures は、Sprite Shape、タイルマップ、スプライト(いずれも 2D Animation 用に作成されたものを含む)に追加できます。

2D Shadows は、2019.3 の新しい実験的な機能です。新しい Shadow Caster 2D コンポーネントを GameObjects に追加して、2D 光源に基づいて動的に影を作る形状を定義できます。さらに、あらゆるタイプの 2D Light で、その光源からの影の作成方法を設定する新しいパラメーター(輝度や不透明度など)を使用できるようになりました。

 

詳細を見る

Terrain のアップデート

より入り組んだ形状や、より複雑でリアリスティックなシーンを作成するためにテレインに洞穴、井戸、溝などの穴を作成することがさらに簡単になりました。Paint Surface Mask ツールを使用して、ブラシを選択した後、マテリアルをペイントするときと同様にテレイン上の穴をペイントします。 

このアップデートは、物理演算、ナビゲーションメッシュ、ライトマッピングなどの Unity システムとシームレスに連携します。また、プログラマーはスクリプティングによってテレインの穴データにアクセスし、テレインのカスタムロジックを実装できます。

複雑な地形をペイントでき、ワークフローのスピードアップに役立つテレインマテリアルのペイント機能も改善されました。最近、15 のスカルプティングツールと、ワークフローの効率化に役立つユーティリティツールボックスも導入されました。これらのアップデートの詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

詳細を見る

シーンのツール

大規模で複雑なシーンでの作業は困難になることが多く、特にシーンのオブジェクトの選択は難しいものです。シーン選択は、シーン内の特定のパーツを選択できないようにして、実際に変更したい対象に集中できるようにする新しい機能です。これにより、アーティストとデザイナーはより迅速かつ安全に作業できるようになります。

また、Unity のネイティブのグリッドが ProGrids に置き換えられ、開発者がハンドルのカスタム動作を作成できるように拡張された Handles API が追加されました。

プリセット

プリセットを使用すると、コンポーネント、インポーター、マネージャーなど、Unity 内のあらゆるもののデフォルト状態をコーディングなしでカスタマイズできます。プリセットは、より便利なたたき台を作成することでアートとデザインのワークフローをスピードアップするのに役立ちます。また、エステティックとデザインの選択を記録して文書化するプロセスにも役立ち、さらには、大規模なシーン全体にルールを適用して一貫性を保つことが簡単になるので、チーム内の足並みを揃えるのにも役立ちます。 

2019.3 では、Preset Manager によってタイプあたり複数のデフォルトが許可されます。これは、複数のデフォルトを使用でき、命名規則に基づいて非常に特定的なプリセット動作を実現できることを意味します。

詳細を見る

サードパーティレンダラーのマテリアル

Unity でサードパーティレンダラーのマテリアルがサポートされるようになりました。開発者は Unity 内でプロパティが正しく表示されるように、好みのレンダーマテリアルのサポートを追加することができます。これにより、マテリアルを一から再構築する必要性が減り、コンテンツ制作パイプラインとルックディベロップメントプロセスが簡略化されます。Unity 2019.3 には、いくつかのマテリアル(Autodesk Arnold Standard Surface シェーダー、Autodesk 3ds Max 物理マテリアル、Autodesk Interactive シェーダー)のサポートが含まれています。

今すぐ Unity 2019.3 をダウンロード

上記すべての機能その他に今すぐアクセス。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK