Mixed and Augmented Reality Studio(MARS)

Unity の機能拡張 MARS は、最小限のカスタムコーディングで現実世界の環境とのインテリジェントなインタラクションを可能にする、混合現実(MR)や拡張現実(AR)アプリケーションを構築する力をクリエイターに提供します。

リアリティがビルドターゲット

MARS を活用すると、現実世界と完全に連携する体験を構築できます。コンテキストアウェアで物理空間に対してレスポンシブな、場所やデータの種類を問わず機能する AR アプリを構築しましょう。

Timoni West first announces the vision for MARS

現実世界にインテリジェントに反応し、現実世界を生きる AR アプリケーションを構築

トレーニング

技能実習のチュートリアルとして AR を活用することで、リアリスティックな設定でスキルを学んで実践できます。

ゲーミング

堅牢でインタラクティブな AR ゲームは、プレイヤーに物理的環境を認識させることで、よりプレイヤーを引き込む体験を提供します。

アプリ

スマートデバイスはそのインテリジェンスを MARS による世界の認識に追加できるため、それを活用して体験をオーサリングできます。

クリエイティブなビジョンを現実化するための機能とツール

シミュレーションビュー

カスタムツールは AR クリエイターに堅牢な AR アプリのプロトタイプを作成してテストし、現実世界で実行する際に視覚化する力を提供します。各種組み込みの環境の中から選ぶか、最小限のコーディングで独自の環境を作成できます。

iPhone および Android 用のコンパニオンアプリ

スマートフォンで条件やクエリを直接作成します。オブジェクトの配置、世界のデータ、デバイスの動きを記録して Unity にインポートし、短時間で簡単にグレーボクシングできるようにします。

リアリティオブジェクト

AR コンテンツは動的で予測のできない世界でレスポンシブである必要があります。MARS は、条件的ワークフローやギズモシステムなどの機能により安定性のレイヤーを提供することで、どのユーザーが使用しても AR アプリがうまく機能するようにします。

豊富なセマンティックデータレイヤー

セマンティックオブジェクト認識、位置データ、マップデータ、製品データなどを、プラットフォームパートナー(Apple、Google、Magic Leap、Microsoft など)、Mapbox などのサービス、ハードウェアやソフトウェアプロバイダー、リアルタイムデータなど、あらゆるソースから引き出します。

Unity の AR Foundation と連携する

このフレームワークを使用すると、インテリジェントな AR アプリをできるだけ多くの皆さんの手元に届けることができます。各プラットフォームからのコア機能と独自の機能を組み合わせることで、AR Foundation では一度アプリを制作すると、それを全プラットフォームにわたって展開できます。

最新情報を入手

登録して Unity の拡張機能 MARS に関する最新情報を受け取りましょう。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK