Case studies
Stork LimitedがironSourceを活用してROASを倍増させた方法
Sep 30, 2022|3:0 Min
case-study-stork-limited-goodville

Stork Limitedは、マルタのイムシーダを拠点とする健康志向のゲーム開発会社であり、最近新タイトルのGoodville:Farm Game Adventure(以下「Goodville」)を公開しました。Goodvilleは科学的研究と専門家のアドバイスに基づいてプレイヤーの精神衛生向上を支援するよう設計されており、ゲーム業界でもユニークなポジションを有しています。プレイヤーがゲーム体験を積み重ねるにつれ、ミニゲーム、対話、冒険を通じて、精神を安定させる能力を育成していきます。

Stork Limitedのユーザー獲得チームは、最近になってGoodvilleの市場を拡大する取り組みを準備するにあたり、ユーザーの獲得と収益化の両方を追求するための長期パートナーを必要としていました。Stork Limitedの最高マーケティング責任者であるKaterina Dudinskaya氏は、Stork LimitedとLevelPlayメディエーションのパートナーが、いかにしてROASオプティマイザーによりROASを倍増させ、Ad Qualityツールを活用してネガティブな広告フィードバックを66%削減したかについて述べています。

原点からはじめる

"新しいウェルネスゲームを普及させるには、包括的なユーザー獲得計画の構築が必要でした。これをironSourceチームに相談した結果、まず調査を行い、[tooltip term="roas-return-on-advertising-spend”]ROAS[/tooltip]が最も高い最良のトラフィックが何かを特定すべきというアドバイスを受けました。そこで、数週間のデータ収集の後、LevelPlayの顧客が利用できるROASオプティマイザーを利用する準備をしました。そして7日間をゴールに設定し、ROASオプティマイザーを利用開始したのです。

成功の喜び

ironSourceチームは、計画着手直後から全地域でのパフォーマンスのモニタリングをサポートし、計画達成に向けてターゲットを徐々に高めてくれました。この期間中にも、両社は強固な協力体制とコミュニケーションを維持し、週次で最新の状況について協議しました。

ROASオプティマイザーは、まさに当社が必要としていたもので、すぐにインストール数が2倍になりました。7日目のROASが増加したことで、質の高いユーザーの数を維持しながら、さらに規模を拡大することができました。こうしてironSourceはGoodvilleにとって最大級のトラフィックチャネルになったわけですが、これは今でも変わりません。

case-study-stork-limited-goodville

Ad Qualityの活用

当社はユーザー獲得の強化に重点を置いており、Goodville内でのユーザーの広告体験も改善したいと考えていました。広告に対するフィードバックの把握に時間を費やしすぎているということから、ironSourceのAd Qualityツールの試験的導入に踏み切りました。

その結果分かったのは、このツールは使い易く、Goodville内に流れていたネガティブな広告を効率的に監視して、フィルタリングできるということでした。実際にAd Qualityの導入後、ユーザーからの広告に対するネガティブなフィードバック数は従来の3分の1にまで減少した上、収益が減少することもなかったのです。

case-study-stork-limited-goodville

持続的な成長へ

ironSourceチームとの連携によって、Goodville:Farm Game Adventureの発売は大成功を収め、かつてない規模でユーザーの健康向上に貢献できました。また、ironSourceは収益化の面でも ウォーターフォールの最適化を提案するなどの面で協力してくれています。

当社の規模が拡大する中で、ironSourceによって他にどのような成果が得られるのか楽しみです。このように最近ユーザーの広告体験を向上させるためにAd Qualityを組み込みましたが、引き続き他のプロダクトによるLevelPlayポートフォリオの拡充を楽しみにしています。"