Prespective デジタルツインソフトウェア

Unity のリアルタイム 3D で機械、工場、システムを設計してシミュレーションを行いましょう。改善されたビジュアライゼーションツールを使用して関係者との間で共通基盤を築き、意思決定プロセスをスピードアップします。

Prespective の未来を見る

3D モデルを外部データと接続することでシステムを検証。Prespective は多様なデータソースをサポートするオープンプラットフォームです。 独自の CAD モデルを使用するか、Unity のモジュール式のアセットライブラリを使用して、クライアント、同僚、関係者のためにデジタルツインを迅速に設定しましょう。

製造におけるデジタルツイン

10 年以上にわたってデジタルツインに携わってきた経験により、Prespective と Unity はチームがデジタルツインの使用を開始するのを支援する体制が整っています。

Prespective interface in Unity editor
Pepijn Timmermans, Vice President of Digitalization, VDL Nedcar

「今なら可能性は無限大であることがわかります。しかも最小限のコストと手間でその域に到達しました。」

Pepijn Timmermans, Vice President of Digitalization, VDL Nedcar
Jack de Boer, Sr. Mechanical Designer, Philips Healthcare

「最大の ROI は、私たちのチームがよりアジャイルに、より効率的に作業することを可能にする、仮想ワーキングモデルの存在によるものです。

Jack de Boer, Sr. Mechanical Designer, Philips Healthcare

主なメリット

リアルタイム 3D ビジュアライゼーション

リアルタイム 3D でシステムを披露し、関係者との間で共通基盤を築き、情報に基づいた意思決定を可能にします。

スループット分析

デジタルツインソリューションなら、現実の環境で許容されているレベルを超えた速さでスループットや製品フローのシミュレーションを行えるため、数か月にわたるデータをわずか数分で生成できます。

アセットライブラリ

膨大なアセットのライブラリが、システムを迅速に設定してカスタム調整を加え、カスタム CAD モデルのサポートにアクセスするのを支援します。

データ接続

オープンプラットフォームにより、幅広いデータソースをシミュレーションに接続できるため、適切なタイミングで適切なデータを表示できます。

TCO 削減

より多くのプロセスを標準化し、エラーを防ぎ、最小限のダウンタイムで定期メンテナンスを行うことで、総所有コストを削減します。

より短時間で市場に投入

Prespective なら、並行開発を行うことができるため、エンジニアや開発者が同じモデルで同時に作業することができます。

Unity for Industry 4.0 の活用

オランダの自動車メーカー VDL Nedcar は、Unity と Prespective を採用して同社の製造ラインにデジタルツインを実装し、リアルタイム 3D ソフトウェアの力を活用しています。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK