Unity Reflect の Autodesk Revit プラグイン

Unity Reflect を使用して、Autodesk Revit のモデルを VR や AR での没入感のあるインタラクティブなリアルタイム BIM およびデザインレビュー体験に変えましょう。

Autodesk Revit 向け Unity Reflect

リアルタイム BIM を実現

建築設計、エンジニアリング、建設(AEC)業界は、ますます厳しくなったクライアントのスケジュールに合わせる必要があります。そのため、アイデアを共有し、フィードバックを収集して即座に実装できるように、主な関係者に統一されたリアルタイム 3D 体験に参加してもらうことが、かつてないほど重要になっています。問題は、建物のデザインが 2D または複雑な 3D のフォーマットで提供されると、建築家、総合建設会社、建築業者、所有者が理解して承認するのに苦労することです。これにより、建築のライフサイクルの後半になってやり直しが発生し、コスト増につながるおそれがあります。

Unity Reflect は、デザインレビューと調整を担うソリューションで、プロジェクトに関わる全員を、デバイス、モデルのサイズ、地理的位置に関係なく、1 つの没入型のリアルタイムプラットフォームでつなぎ、共同作業を行えるようにします。これにより、変更をリアルタイムで確認できるため、建築のライフサイクル全体を通じて、より影響力がある意思決定を迅速に下せるようになります。

Unity Reflect の Autodesk Revit(業界をリードする BIM ソフトウェア)プラグインを使用すると、デザイナーやエンジニアは Revit のモデルをリアルタイム 3D 体験に変換できます。 

Unity Reflect の Revit プラグインを使用すると、次のことができます。

  • Revit のモデルを拡張現実(AR)やバーチャルリアリティ(VR)で表示する
  • 1:1 スケールのオンサイト AR
  • BIM メタデータをリアルタイム 3D に変換する 
  • 元の Revit のモデルへのライブリンクを維持する
  • デザインの意図を効果的に伝える
  • デザインレビューと調整を改善する
  • 任意のデバイス(iOS、Android、Mac、PC)からモデルにアクセスできる
  • 複数の関係者がリアルタイム 3D に同時にアクセスできるようにする
  • プロジェクト、クライアント、共同制作者の数に合わせてクラウド上で無制限に拡大できる
  • Unity エディターでカスタムリアルタイム 3D アプリケーションを作成する

Revit プラグインのインストール方法については、ドキュメントページをご覧ください。Unity Reflect は、Revit 2018、2019、2020、2021 に対応しています。

Unity Reflect を入手する

Unity Reflect ならリアルタイム 3D 体験を制作してより多くのプロジェクトを獲得し、実体験型のデザインレビューを実施して、設計と建設を結び付けることができます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK