アーティストおよびデザイナー向けの Unity

Unity と他のアートツールを併用して、コンテンツを生成し、Unity Editor で直接イテレーションすることができます。作業中は、状況に応じて結果を見ることができるため、生産性が上がり、より優れたストーリを伝えることができます。

すべてのクリエイターが求めるもの

ユーザーにとって使いやすいツール
エディター内でのコンテンツ制作
高速 & 流動的なゲーム内イテレーション

Timeline では、コーディングではなくストーリーテリングにフォーカス

Timeline では、ゲームオブジェクト、アニメーション、サウンドそしてシーンを使い、美麗なシネマティックコンテンツ、カットシーン、ゲームプレイのシーケンスを制作できます。

Cinemachine を使い映画監督のようにカット編集

Cinemachine のスマートカメラを使うと、実装の技術仕様を心配する必要はありません。代わりに、アートの方向性にすべての制作意欲を注ぎ込むことができます。

Cinemachine は、シーンの構成とインタラクションに基づいてカメラの動作を自動化し、最もよいショットを動的に作り出します。その結果、煩わしい調整ややり直しをすることなく、最高のタイミングで最高のショットが得られます。

ポストプロセッシングスタックを使用して高品質のビジュアルを作成する

ポストプロセッシングスタック でプロレベルのコントロールを使用すると、アーティストやデザイナーは、現実的なフィルターをシーンに適用することができます。アーティストが使いやすいインターフェースにより、ドラマティックで現実的な効果の高品質のビジュアルを作成し、微調整できます。

アーティストおよびデザイナー向けの Unity

エンジニアがいなくても、自分自身で簡単にシネマティックコンテンツやゲームプレイのシーケンスを作成できます。待ち時間を削減し、作業時間により時間をかけることが可能です。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK