Hero background image
Youtube video thumbnail
高速で効率的な 2D Animation
Unity の 2D 用スケルタルアニメーションについてお確かめください。
Youtube video thumbnail

必要なすべてのツールがネイティブに付属

リギング、テッセレーション、ボーン作成などを使用して、スプライトエディター内でスムーズなスケルタルアニメーションを直接作成しましょう。PSD Importer を使用してキャラクターのパーツを多層化されたアートワークから直接インポートし、アニメーションタイムライン内でキーフレームやカーブを使用してキャラクターをアニメーション化します。2D Inverse Kinematics(IK)は、ターゲット位置に到達するために必要なボーンの位置と回転を自動的に計算することで、アニメーションを単純化します。

2D Animation を使用する理由
時間を節約
時間を節約

2D Animation のボーンベースのシステムにより、スプライトを再利用してキャラクターに命を吹き込んだり、フレームレートを変更したり、アニメーションを即時に変更したりできます。PSD Importer でレイヤー化された画像を使用することで、スプライトを個々にエクスポートしてパーツを組み立て直す必要がなくなるため、時間をさらに節約できます。

スムーズで適応性に優れたアニメーション
スムーズで適応性に優れたアニメーション

スムーズな遷移を作成する、キャラクターのスピードに合わせてアニメーションのスピードを調整する、キャラクターの足が地面に反応するようにするなどのために、アニメーションはランタイムに変化する必要があることがあります。制作した世界にキャラクターを溶け込ませるのを、インバースキネマティクスがどのように支援するかお確かめください。

少ない数のアセットで数多くのアニメーション
少ない数のアセットで数多くのアニメーション

従来のアニメーションでは、キャラクターが大きかったりフレームレートが高かったりすると、大量のメモリを必要とします。スケルタルアニメーションなら、単一のスプライトからすべてのアニメーションを作成できます。アニメーションを再利用し、個別のスプライトを変更したり、カスタマイズを追加したりすることで、バリエーションを作成できます。

主な機能
メッシュとボーンの生成

スプライトエディターなら、スプライト用のメッシュを自動生成するか手動で作成し、ボーンのヒエラルキーを作成してメッシュの頂点を介してそれらのボーンの重量を定義できます。

すべてのプラットフォーム向けのネイティブなソリューション

2D Animation は、より新しいバージョンのエディターと互換性があるほか、ツールのエコシステムがサポートされています。クロスプラットフォーム開発とシームレスな統合により、依存関係の問題や、追加のインポート作業とエクスポート作業を減らすのを支援します。

アニメーションツール

ドープシートビューまたはアニメーションカーブを使用してシーンビューで直接アニメーション化し、イベントをトリガーします。アニメーターを使用してアニメーションの遷移を処理したり、Timeline を使用してカットシーンと複数のアニメーションクリップの調和を取ったりすることができます。パーティクルシステムを使用すると、キャラクターの一部のパーツの動作をリアルにするためにエフェクトや 2D 物理演算が追加されます。

スプライトアトラス

複数のテクスチャを 1 つに統合することで、ドローコールを減らし、パフォーマンスを最適化します。アニメーション化された 2D キャラクターとその他の要素を同じアトラスに含めます。テクスチャがプラットフォームごとに設定にどのように盛り込まれるかは自分で決定し、API によりそのツールを完全に制御できます。

高度な機能と API

IK は、ターゲット位置に到達するために必要なボーンの一連の動きを計算することで、アニメーションを補助します。スプライトスワップにより、キャラクター全体または同じアニメーションとリギングを使用しているパーツのみを変更できます。ほかにもさまざまなことを実行できます。

最新のグラフィックス機能

新しい 2D Lights システムを使用して法線マップが備わったボリューメトリックエフェクトを作成する、シェーダーグラフを使用してシェーダーを視覚的に作成する、Burst を使用してパフォーマンスを大幅に高めることで、2D キャラクターを強化しましょう。

リソース
Unite Copenhagen 2019
Unite Copenhagen 2019

Unity の 2D リギングの概要を確認し、使用するタイミングを理解しましょう。具体的なユースケースに合った正しいソリューションであるかどうかを学べます。

PSDインポーター
PSDインポーター

レイヤー化された Photoshop のファイルを Unity に直接インポート。これは、複数の手脚やパーツで構成されている 2D Animation で使用するためのキャラクターを制作するときに、大幅な時間の節約につながります。

GDC 2019 のスプライトリギング
GDC 2019 のスプライトリギング

新しく統合されたスプライトリギングのワークフローについて確認し、2D Lighting システムについていち早くお知らせします。

超高速で提供する 2D に関する一連のヒント
超高速で提供する 2D に関する一連のヒント

Unity 2D ツールを最大限活用して 2D プロジェクトの生産性を高める、ヒントとコツを紹介します。

2D サンプルプロジェクト
2D サンプルプロジェクト

『Lost Crypt』は、Unity のすべての 2D ツールが連携する様子を示すための 2D の横スクロールのサンプルプロジェクトです。メインキャラクターのアニメーション化に 2D Animation が使用されています。

2D ゲームツールの進化
2D ゲームツールの進化

Unity の 2D ツールセットが、どのようにして動的ライティング、マテリアル、シェーダー、ポストプロセッシングなどの強力なグラフィックス機能のホストが含まれるよう進化したかについて探ります。

Unity が信じている 2D の価値
Unity が信じている 2D の価値

Unity のネイティブなツールは 2D ワークフロー用に最適化されており、ラウンドトリップを減らし、生産性向上を加速させ、プラットフォームを超えて見事な 2D の世界に命を吹き込む力をチームに与えます。