AI ベースのキャラクターと共に VR ストーリー『Bonfire』の一員になる

受賞歴のある Baobab が Unity をどのように活用してモバイル向けの没入感のある体験を制作したか

Baobab Studios: Unity のケーススタディ

『Bonfire』は視聴者が実際に参加する形式のシネマティックバーチャルリアリティ(VR)動画です。エイリアンとコミュニケーションを取り、プレイヤーの行動によってストーリーがどのように展開し、最終的にどのようなエンディングを迎えるかが決まります。コメディアン、ライター兼俳優として Ali Wong 氏(Netflix 配信の『いつかはマイ・ベイビー』に出演)をフィーチャーし、エミー賞を 6 回受賞した Baobab Studios のファンお気に入りの『ASTEROIDS!』『INVASION!』 に続く最新プロジェクトです。

 

目標

キャラクターとの本当の価値のある関係性をフィーチャーしたインタラクティブな VR 動画を制作すること。

プラットフォーム

Oculus Quest、Oculus Rift、PlayStation VR、HTC Vive

プロジェクトのスタッフ

20 人

場所

サンフランシスコ、米国

昔むかしあるところに...エイリアンが住む惑星がありました

『Bonfire』では、未知の惑星を生き抜かなければなりません。目の前にはたき火、そしてロボットの相棒 Debbie(音声:Ali Wong 氏)だけです。Pork Bun というエイリアンに遭遇しますが、言葉が通じません。Pork Bun は言葉ではないアニメーション化された動作通じてのみコミュニケーションを取り、その動作はこちらが取った行動に応じてプロシージャルに生成されます。物語は完全に一本道でなく、キャラクターのすべてのレスポンスがプレイヤーの行動に応じて複雑な人工知能および感情システムによって決まり、すべてリアルタイムでレンダリングされます。

その成果は以下のとおりです。

  • 受賞歴のあるインタラクティブな VR 動画を制作してグローバルに公開 
  • リアルタイムでレンダリングされる、スタイリッシュかつシネマティックなエイリアンの世界を構築 
  • 視聴者にストーリーの一員になってもらうことで拡張された VR ストーリーテリング
  • モバイル VR ヘッドセットを使用してプレイヤーがどこにいても『Bonfire』を体験できる
VR でたき火を囲む

視聴者にストーリーの一員になってもらう

Baobab を導くビジョンとは、視聴者が物語に積極的に参加する、没入感のあるストーリーテリング体験を制作することです。「私たちはストリーテリングの最大の強みは、鮮やかな描写を通じて感情を揺さぶられる体験を制作できることであると考えています。キャラクターが大切であると感じてもらえるようになれば、成果を得るためにより多くの時間や労力をかけ、より思いやりのある人間になれるかもしれません。」Baobab の共同創業者兼 CTO である Larry Cutler 氏はこう述べています。

数々の業界賞や肯定的なレビューによって実証されているように、Unity と Baobab はこの目標を達成するために技術的な限界を押し広げました。この高い評価を受けている VR 体験では、プレイヤーが未知の惑星で出会った命を守るべきか、新しく人類が住むべき母なる惑星としてここを選ぶか、困難かつ感情を揺さぶられる立場に置かれます。

モバイル VR でのリアルタイムレンダリング

Baobab の過去のプロジェクトは、ハイエンドのハードウェアで駆動する Oculus Rift や PlayStation VR などのヘッドセットで動作するよう設計されていました。『Bonfire』では、コンピューターに左右されない完全にモバイルのスタンドアロンの VR ヘッドセットをターゲットとしました。『Bonfire』は当初、Oculus Quest のローンチの一部として構築、最適化されてリリースされ、Oculus から選ばれたノンゲームのうちの 1 つに過ぎませんでした。

しかし、VR 体験をリアルタイムでレンダリングすることは難題でした。モバイルチップセットとハイエンドのヘッドセットには演算能力に大きな違いがあったからです。

その救世主となったのが、オスカー賞やエミー賞受賞歴のある Baobab のアートディレクター Kal Athannassov 氏で、モバイルで正常に動作するシンプルなグラフィックシェイプに引き寄せられたスタイリッシュなデザインを開発しました。制作の過程において、Pork Bun などの有機的なキャラクターを完全な忠実度でレンダリングしたり、すべての動的なキャラクターや環境オブジェクトに影を投影するキャンプファイアーの美しくスタイリッシュなライティングを制作したりなど、チームは数多くの最適化の課題に取り組みました。

Baobab は Unity のスクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)を使用してこの豊富なグラフィックを備えた環境を制作しました。『Bonfire』のデジタルスーパーバイザーである Nathaniel Dirksen 氏はこう述べています。「新しいスクリプタブルレンダーパイプラインは、『Bonfire』を Oculus Quest などのモバイル VR ヘッドセットでリアルタイムにレンダリングするために必要不可欠でした。モジュラーアーキテクチャにより、思い通りの見た目を表現するために具体的に必要とするレンダリング機能のみを含めることができました。たとえば、ゆらめくキャンプファイアーから影を投影するカスタムライティング手法を作成しました。SRP のおかげで、シネマティックなエイリアンの世界を現実化するのに必要なレンダリングリソースを最大化できました。」

Bonfire by Baobab Studios

AI と非線形ストーリーテリング

チームは洗練されたキャラクターの AI と非線形ストーリーテリングシステムを Unity で作成し、視聴者がメインキャラクターの役割を演じられるようにしました。これらは人工知能と感情システムの創造性と技術の大幅な進歩を促し、キャラクターの本性だけでなく、視聴者の本性も明らかにすることで共感を得られるようにします。これがストーリーテリングの偉大な伝統をベースに構築されています。

Pork Bun の AI ブレインについては、Baobab はアニメーターが手で制作したかのような同じ品質のキャラクターパフォーマンスを持つ、プロシージャルアニメーションの生成を目指しました。端的に言うと、Pork Bun の人格は AI システムに埋め込む必要がありました。長い間、AI システムは説得力のあるモーションを生成していましたが、機械的であり、Pork Bun の真のキャラクターを反映していませんでした。Unity の柔軟なアニメーションフレームワークは、Pork Bun のリアクションに「生命を吹き込む」ために不可欠でした。

スタンドアップコメディからアイデアを得る

信頼とサバイバルという真剣なテーマであるにもかかわらず、『Bonfire』はコミカルで気軽に楽しめる体験で、皆さんが想像している以上に長い台本です。チームは Ali Wong 氏のパフォーマンスの後にモデル化された動的システムを設計しました。これはビット、ジョーク、チャンクで構成され、すべてを 1 つにリンクします。Ali はこれらのバリアント行をすべて記録し、彼女が演じるキャラクターが適切に応答するかどうかを確認しました。

Dirksen 氏はこのように説明しています。「このフレームワークは台本についての考え方をはるかに超えるものでした。技術的アプローチはすべて、典型的なコメディセットを制作するために設計された、自社のストーリーテラーシステムで構築しました。これらのビルディングブロックは Unity の Timelineアニメーターコントローラーを適宜使用して簡単に表現できました。それらの間をシームレスに切り替えることで、Debbie と Pork Bun のアクションを引き続き魅力的な物語に絡ませながら、ユーザーのアクションに応じてレスポンシブなパフォーマンスを提供できるようになりました。」Debbie は視聴者のアクションに対して、異なるアニメーションやナレーション行でプロシージャルに反応することで、プレイヤーごとに異なるコミカルなパフォーマンスを即興で返します。

キャラクターからプレッシャーをかけられる

『Bonfire』では、Unity のアニメーションツールセットを利用することで、VR で高品質のアニメーション化されたキャラクターパフォーマンスを実現しています。ただし、Unity の活用はグラフィックやアニメーションの質を向上させただけでなく、Baobab は視聴者に価値のある難しい判断を下すようプレッシャーをかけ、現実世界で起こっていることのように感じさせることで、世界観やキャラクターに命を吹き込みました。

Cutler 氏はこのように述べています。「『Bonfire』ではストーリーを通して、キャラクターとの関わり方によってその関係性が変わっていきます。VR では、自分が抱いている感情に従って実際に思いやりのある行動を取ることができます。Unity のおかげで、『Bonfire』では、キャラクターがプレイヤーの行動に応じてリアクションして応答するという、従来の長編アニメーションとは異なる、没入感のある VR の世界を構築できました。」

Unity の最新の VR ツールとマルチプラットフォームのサポートにより、Baobab はかつてないほど視聴者とつながりを持っています。ユニークなストーリーテリング体験を制作することで、物理的な障壁を取り払い、視聴者がどこにいても没入感のある新しい世界にいざなうことができます。

制作者の言葉

「私たちはストリーテリングの最大の強みは、鮮やかな描写を通じて感情を揺さぶられる体験を制作できることであると考えています。キャラクターが大切であると感じてもらえるようになれば、成果を得るためにより多くの時間や労力をかけ、より思いやりのある人間になれるかもしれません。」

Larry Cutler, Co-Founder and CTO, Baobab Studios

「新しいスクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)は、『Bonfire』を Oculus Quest などのモバイル VR ヘッドセットでリアルタイムにレンダリングするために必要不可欠でした。SRP のおかげで、シネマティックなエイリアンの世界を現実化するのに必要なレンダリングリソースを最大化できました。」

Nathaniel Dirksen, Digital Supervisor, Baobab Studios

Unity のおかげで、『Bonfire』では、キャラクターがプレイヤーの行動に応じてリアクションして応答するという、従来の長編アニメーションとは異なる、没入感のある VR の世界を構築できました。」

Larry Cutler, Co-Founder and CTO, Baobab Studios

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK