シネマティック VR 向け Unity

VR 向けのリーディングプラットフォームを使用して視聴者を新しい世界に引き込みましょう。タイムラインやポストプロセッシングスタックなどの画期的な機能で、本当に魅惑的なコンテンツを作成できます。 

没入感のある体験を創り出す

  • ユーザー参加型の、インタラクティブで直線的な物語を構築
  • 視聴者が立ち止まり、周囲の環境を楽しんだり遊んだりすることを可能に
  • トリガーされるイベントで分岐する物語と、複数のエンディング

効率的な、リアルタイムワークフローを楽しむ

  • 重要でない作品で実験 
  • リアルタイムで反復 インスタント CG や視覚エフェクトを使用 
  • Unity コミュニティConnect で、ヒント、リソース、アイデアをもらおう

最大のオーディエンスを獲得する

  • 最新、最高の VR プラットフォームすべてに向けて公開
  • 再サブミットせずに、公開したプロジェクトを更新(エピソードコンテンツなど)
  • 独自のアプリを作成
  • AR など他の媒体に IP を移行 

「タイムラインがなければ、どうやって『Zero Days VR』を完成させていたか、正直なところ分かりません」

Elie Zananiri, Lead Interaction Developer at Scatter

「Unity を使う大きな利点の 1 つは、この共通基盤を発展させるために努力している、才能にあふれたクリエイターが形成している最高のコミュニティです」

Aaron Koblin, Co-Founder & CTO at Within
シネマティック VR 向け Unity のツールや機能

タイムライン

ストーリーテリングに集中
  • リニアシーケンシングとアニメーション、サウンドなどのブレンディングを統合
  • オブジェクト、アニメーション、およびサウンドを統合してカットシーンやトレーラーを作成
  • マルチトラックインターフェイス(コントロールトラック)で作業
  • レコーダー/エクスポーターを追加

アニメーションシステム

より滑らかなワークフロー
  • キーフレーミングワークフローの改善 - アニメーション化をより快適かつなじみのあるものに
  • アニメーターのステートマシンとよりよいインタラクションを作成
  • アニメーションウィンドウ外でキーフレーミングのためのより滑らかなワークフローを可能に
  • オートキー/レコードモードでなくてもクリップをプレビュー

パーティクルシステム

ビジョンを実現し、パフォーマンスを制御
  • 輝線や軌跡を含め、パーティクルを使ってこれまでにない種類のエフェクトとアニメーションを実現
  • パーティクルシステムのより良いアトラス化とバッチ処理を活用
  • パーティクルを速度方向に合わせる
  • Collision モジュールを使用して、衝突したオブジェクトに力を加える

オーディオ

ユーザーに存在感を提供
  • 完全球状サラウンドサウンド技術である、アンビソニックオーディオクリップを組み込みでサポート
  • 聞き手の方位と頭部の回転に応じて音場を回転

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.