期間限定

Unity 冬キャンペーンを開催中!
Unity 冬キャンペーンを開催中!

ロボティックシミュレーション

Unity でロボットをモデリング、プログラミング、シミュレート。

ソリューション実行前のロボットのシミュレーション

人工知能(AI)と機械学習(ML)の進化に伴い、私たちはロボットに環境を感知し、それに応答して、その中でアクションを実行することを完全に自律的に行い、より複雑なタスクを実行することを期待します。ロボットは、複雑な組立作業のピッキングやパッキング、ラストワンマイル配送などのために、産業および商業的環境にて一般的に活用されています。 

ソリューションをロボットに実装する前に検証するのに、ロボット技術者や開発者には、現実世界の環境およびその環境とロボットの物理的なインタラクションを正確に模倣する、実験用のプラットフォームが必要です。シミュレーションを通じて、技術者や開発者はローカリゼーション、モーションプランニング、制御の面でロボットのパフォーマンスを評価できます。 

Unity を使用する理由

ロボットの設計とシミュレーションのために高度にカスタマイズ可能な現実世界の環境を作成およびモデリングします。

高速化されたプロトタイプ作成

100 万を超えるアセットが備わったアセットストア、使いやすいデザイン、コンテンツ制作ツールへのアクセスにより、プロトタイプ作成のスピードアップを支援します。

忠実度の高い物理演算

今や Unity には PhysX SDK 4 のサポートのほか、TGS ソルバーや新しい関節ジョイントシステムなどの機能が備わっています。

複雑でリアルな環境を制作

Unity には高忠実度のビジュアルとセンサー、リアルタイムレンダリング、およびレイトレーシングが用意されています。それらはすべて、現実世界のフォトリアリスティックなレプリカを制作するのに必要不可欠です。

インダストリアルデザインのプロトタイプを簡単に作成

Unity 2020.1(ベータ)には新しい物理演算コンポーネント ArticulationBody があります。関節接合により、今までにないほど簡単にロボットアームやキネマティックチェーンをリアルな物理演算と動作でシミュレートできるようになります。特に産業用アプリケーションで有用です。

Unity 2019.3 における物理演算関連の更新事項

Unity 2019.3 ベータでは、精度、安定性、パフォーマンス向上のために Unity 組み込みの PhysX にいくつかの更新が適用されています。

お客様のユースケース

AI に関わる Unity のパワー

Cross Compass は業界をリードする AI 関連企業で、製造、ロボティクス、ゲーミング、ヘルスケア、デザイン、マーケティング業界のグローバルリーダーに最先端のソリューションを提供しています。2018 年以降、Cross Compass は製造業の分野において AI アルゴリズムをデプロイする前に安全にトレーニングを行い検証するために、自社のコンサルティングサービスのいくつかのパイプラインに Unity を連携しています。

ロボットは難しいがゲームエンジンはそうでもない

Formant はロボット関連企業にロボットを大規模に観察、運用、分析する能力を提供します。Formant が Unity をどのように活用して、順応性の高い反復的な環境を提供するシミュレーターをビルドしたかお確かめください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK