Unity オンデマンドトレーニングのサブスクリプション

200 時間を超えるトレーニングコンテンツを活用することで、どこにいても好きなタイミングで、すべて 1 つのプラットフォームで学習を進めることができます。

年間 1 シート 600 ドル

すべてのプロフェッショナルのための自分のペースで進められる学習

適切な訓練を受けた従業員は効率性と生産性が高く、最終的にビジネスの収益を高めることにつながります。Unity オンデマンドトレーニングにより、どこにいても好きなタイミングで柔軟に学ぶことができます。200 時間を超えるプロフェッショナルトレーニングコンテンツにアクセスし、自分のスケジュールに合わせて自分のペースで学習を進めましょう。

オンデマンドトレーニングで利用できるコース

オンデマンドトレーニングで利用できるすべてのコースを確認できます。Unity アカウントにログインしている状態で、以下のリンクをクリックしてコースの説明、詳しいコースの概要、所要時間、難易度をご確認ください。

Alfonso Villar, CEO, Playspace

「特にエンジニアの場合、自分ですべて解決したいと思う傾向があります。しかし、誰かからヒントをもらうようにすることで、時間とコストを大幅に削減できることがあります。Unity プロフェッショナルトレーニングは、Playspace が大きな飛躍を遂げるのを助けてくれました。」

Alfonso Villar, CEO, Playspace

オンデマンドトレーニングに登録する準備はできましたか?

Unity のオンデマンドトレーニングコースを活用することで、自分で可能であると考えていた以上に Unity を活用できます。好きなだけ何回でも視聴できる事前に録画されたコースにより、自分のスケジュールに合わせて自分のペースで学習を進めることができます。学習を開始するには、Unity の販売担当者に今すぐお問い合わせください。

よくあるご質問

コースはどの言語に対応していますか?

現在、すべてのコースは英語でのみご利用いただけます。

コースに申し込むにはどうすればよいですか?

Unity の販売担当者が、オンデマンドトレーニングの年間サブスクリプションへの申し込みをサポートし、すべてのコースにアクセスできるよう手配します。こちらのフォームに記入してください。折り返しご連絡させていただきます。

Unity オンデマンドトレーニングのサブスクリプション料金はいくらですか?

Unity オンデマンドトレーニングのサブスクリプション料金は、1 シートにつき年間 600 ドルです。

私のオンデマンドトレーニングのサブスクリプションではどのコースを利用できますか?

Prototype Design Concepts for Mobile Applications(モバイルアプリケーションのプロトタイプ設計コンセプト)

Profile and Optimize Unity Applications(Unity アプリケーションをプロファイリングおよび最適化する)

Develop Real-Time 3D Applications with Unity(Unity を使用してリアルタイム 3D アプリケーションを開発する)

Manage Content with the Addressable Asset System(Addressable Asset System を使用してコンテンツを管理する)

Optimize User Interfaces in Unity(Unity でのユーザーインターフェース最適化)

Prepare CAD Assets for Unity with Pixyz Studio(Pixyz Studio を使用して Unity 用の CAD アセットを準備する)

Develop Interactive User Interfaces in Unity(Unity でインタラクティブなユーザーインターフェースを開発する)

Optimize Memory and Asset Management in Unity(Unity のメモリとアセット管理を最適化する)

Develop VR Application with XR Interaction Toolkit(XR Interaction ツールキットを使用して VR アプリケーションを開発する)

Create Animated Stories in Unity(Unity でアニメーション化されたストーリーを作る)

Create High Fidelity Lighting in the High Definition Render Pipeline(HD レンダーパイプラインで現実感のあるライティングを作成する)

Profile and Optimize Android Applications with Android Studio(Android Studio を使用して Android アプリケーションをプロファイリングおよび最適化する)

Design and Develop Data-Oriented Applications with DOTS(DOTS を使用してデータ指向アプリケーションを設計および開発する)

Create Real-time Visualization with Reflect and Unity Reflect Pro(Reflect と Unity Reflect Pro を使用してリアルタイムビジュアライゼーションを作成する)

自分のチームの Unity ライセンスユーザーごとにシートを購入する必要がありますか?

いいえ、必要な数のシートを購入することもできますが、ご希望の場合、コースはチーム全体に利益をもたらすよう、すべてのスキルレベルに合わせて開発されます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK