製品

Unity コンピュータービジョン

訓練データが十分にない、エッジのケースの模倣が難しいなどのお悩みを抱えていませんか?コンピュータービジョンのためのスマートなデータ生成プラットフォームを使えば、モデルの訓練をスピードアップできます。

コンピュータービジョンの訓練が一変

Unity のコンピュータービジョンソリューションなら、ラベル付きの大規模な合成データを作成できるので、現実世界に即したデータの生成に関する障害を克服できます。生成したデータは、小売業、製造業、警備業、農業、医療のいずれの業界でも、オブジェクト検出、画像のセグメンテーション、分類のためのコンピュータービジョンモデルの訓練に利用できます。

ユースケース

小売

商品を取って店から出るだけ:棚やカートの商品を検出

在庫管理:棚を監視して安全在庫を確保

ビジュアル検索:スマートカメラを使った画像認識を展開

脅威の発見:店舗内の異常な動きを把握
 

警備

群衆行動解析:群衆の動きや、パターンの変化を追跡

危機モニタリング:不法侵入や公共の安全に対する脅威を検出 

製造

在庫管理:倉庫の在庫状況を監視

不良品の削減:異常を検出し、アラートを発行

仕分け:組立ラインでの分類の問題が減少

農業

作物の衛生状態の検知:収穫時期を特定、収穫高を分析

家畜管理:頭数把握、個体認識、監視

森林管理:樹木の状態や火災発生の危険を監視

 

ロボティクスウェアハウス

主なメリット

  • 自動のラベル付け:人の手によるアノテーションが不要
  • プライバシー:プライバシー関連の規格に準拠
  • 安全:エッジケースのシナリオを再現
  • 反復:簡単なコード変更でデータセットのバリエーションを生成
  • 多様性とスケーラビリティ:現実世界の複雑さを反映した訓練データを生成
  • 無理のない料金設定:小規模な ML チームでも予算の枠内で巨大なデータセットを生成可能

 

Unity Perception のしくみ

合成データを使ったオブジェクトモデルの訓練パイプライン

合成データの訓練には以下の 3 段階があります。

  1. コンテンツの制作
  2. 合成データの生成と分析
  3. モデルの訓練
コンテンツの制作

コンテンツの制作方法にはさまざまなものがあります。アセットストアを利用しても、自分のアセットを Unity に取り込んでもかまいません。また、Unity でのアセット作成について、Unity にサポートを依頼することもできます。

合成データの生成

Unity では、認識ベースのコンピュータービジョンタスク(オブジェクト検出、セマンティックセグメンテーションなど)に利用できる合成データセットを生成するためのツールを提供しています。Unity や C# を使ってそのようなデータを生成したことがなくても問題ありません。

モデルの訓練

既存の ML パイプラインを使うことも、Unity がお勧めする Google AI Platform を使ってパイプラインを実装することもできます。

大規模な合成データセットを生成し、コンピュータービジョンの訓練にかかる時間を短縮

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK