製品

Unity Simulation Pro

妥協のない最先端のシミュレーション。

Unity support for visionOS – be among the first to create for Apple Vision Pro and the new era of spatial computing. Learn more

よりスマートなシミュレーション

Unity Simulation Pro はシミュレーション用に最適化されたランタイムビルドであり、エンジニアが正確な物理演算を活用して、あらゆる規模の複数のシナリオをオンプレミスやプライベートクラウド内で実行できます。時間やリソースを節約し、より迅速に正しい結論に達するのに、プロフェッショナル水準のシミュレーションの力を活用しましょう。

実現できることを再定義する

Unity Simulation Pro は、シミュレーションの恩恵を受けないシステムへの依存から脱却することで、開発ライフサイクルのあらゆる段階におけるワークフローを合理化してスピードアップします。

制作
正確なシミュレーションを制作するためのすべてがここに
  • 物理演算、車両、システムの正確なモデル 
  • ロボット、自動運転車、製造システムをテストおよび最適化するために人物、自転車、自動車などが本物そっくりになるようにする検証済みのエージェントの行動。
展開
複雑なシミュレーションを大規模に実行する
  • オンプレミス、プライベート、またはマルチクラウド 
  • マルチ GPU 分散レンダリングによりワークロードを共有することで、複数のカメラ、複雑なシーン、高スループットコシミュレーションを実現
  • サーバースケールの処理能力と軽量なコンピューティングフットプリント
顧客事例

具現化された AI エージェントのトレーニング

Allen Institute for AI(AI2)は、強化学習と Unity Simulation Pro を使用して、物を避けながら室内を動き回るロボットのトレーニングを行いました。Unity Simulation Pro により、プロセスが 1 GPU/200 fps から 32 GPU/5,000 fps 以上にスピードアップしました。2 週間以上かかっていたロボットのトレーニングにかかる時間が、2 時間未満に短縮されました。

Abhinav Gupta, Associate Professor, Carnegie Mellon University

「かつて完了までに数週間かかっていたプロジェクトが、今ではわずか数日で終わらせることができるようになりました。」

Abhinav Gupta, Associate Professor, Carnegie Mellon University

主なメリット

より迅速にテストして学ぶ

かつてないほど緊密になったフィードバックループにより、より多くのテストを実施し、イテレーションをスピードアップして、インサイトや結果が得られるまでの時間を短縮します。

無駄なものを取り除く

レンダリングパイプラインからデータを直接読み取り、Linux ベースのヘッドレスレンダリングにより GPU の効率を最大で 50% 向上させます。ヘッドレスレンダリングとマルチ GPU 分散レンダリングの両方を使用することができます。プロジェクトに合わせて一方を選択するか、両方を使用してください。

高いパフォーマンスと効率

シミュレーションにかかる時間を短く保ち、ローカルやクラウド内を問わず複数のカメラセンサーを各種アクセラレーターにわたって実行します。

柔軟性

さまざまな環境で実行ファイルを自由に実行しましょう。設定について気に掛けることなくアプリケーションをコンテナ化することもできます。

始める準備はできましたか?

Unity ランタイムのシミュレーションが最適化されたバージョンで何ができるかについては、お問い合わせください。

よくあるご質問(FAQ)

Unity Simulation Pro の利用料金はいくらですか?

価格はお使いのインフラストラクチャによって異なります。見積りが必要な方は、お問い合わせください。

Unity Simulation Pro と Unity Pro ランタイムの違いは何ですか?別のライセンスが必要ですか?

Unity Simulation Pro は、Unity Pro ランタイムのシミュレーションが最適化されたバージョンで、別途ライセンスが必要です。

Unity Simulation Pro はどのサーバーとオペレーティングシステムに対応していますか?

マルチ GPU 分散レンダリングは、あらゆるオペレーティングシステムで実行できます。ヘッドレスレンダリングは Linux でのみ使用できます。

Unity Simulation Pro はどのバージョンの Unity に対応していますか?

Unity 2020.3 以上に対応しています。

Unity Simulation Pro はどの LTS バージョンで使用すればよいですか?

Unity 2020 LTS(2020.3)を使用してください。

ヘッドレスレンダリングとマルチ GPU 分散レンダリングの両方を使用することはできますか?

ヘッドレスレンダリングとマルチ GPU 分散レンダリングは両方とも、Unity Simulation Pro 内で別個の機能として利用できます。プロジェクトのニーズに合わせて、一方を使用することも、両方を使用することもできます。

マネージドクラウド内で Unity Simulation Pro を実行することはできますか?

詳細については、お問い合わせください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK