Cyber week

Unity 冬キャンペーンを開催中!
Unity 冬キャンペーンを開催中!

製品

Cloud Content Delivery

クラウドを介した強力なアセット管理とコンテンツ配信により、少ない労力でゲームのアップデートをビルドしてリリース。

毎月最初の 50GB 分の帯域幅は無料で利用できます。

ゲームコンテンツのデプロイがはるかに簡単に

ライブゲームアップデート用の初のエンドツーエンドのサービスが登場:ゲーム開発用に構築されたコンテンツ配信ネットワーク(CDN)とサービスとしてのバックエンド(BAAS)。

 

 

ゲーム開発者のためのエンドツーエンドのコンテンツ管理

制作したゲームコンテンツを、種類やサイズを問わず、適切なユーザーに適切なタイミングで配信します。

市場投入までの時間の短縮

コンテンツ配信バックエンドを独自に構築すると、数か月かかることもあります。代わりに、リソースを優れたコンテンツの制作に専念させましょう。

高速で高い信頼性

ユーザーがどこにいてもアップデートをリアルタイムに配布できます。強力かつ迅速な配信は業界をリードするエンタープライズ CDN の信頼されたネットワークに支えられています。

標準化された価格設定

競争力のある明確な価格設定は、他の CDN の複雑なコスト体系を駆逐します。配信のボリュームや付属するストレージに基づく標準料金を支払うだけです。

リリース管理を支援する

アセットバンドルのバケット発行、バッジ発行、プロモーションを 1 か所で行えるダッシュボードを使用して、制御することができます。

簡素化されたアセット管理

コーディングにかかる時間を短縮。Addressable Asset System との連携によって、複雑なアセット管理パイプラインは必要なくなります。

複数のエンジンをサポート

ライブゲームに Unity を使用していなくても問題ありません。Cloud Content Delivery はどのゲームエンジン用にも簡単にセットアップできます。

包括的なアセット管理

コンテンツアップデートのビルド、設定、デプロイがどれほど簡単になるかをご覧ください。Cloud Content Delivery の実際の動作を確認できます。

主なメリット

作成、識別、宣伝

バンドルを作成し、リリース候補版を識別して、コンテンツのリリースをすぐに宣伝できます。

レスポンシブな API

恒常的に高速なレスポンスタイムを実現するためのリージョナルレベルでの API リクエストキャッシュ。

設定可能なパーミッション

分離された設定可能なパーミッションスキームによりコンテンツ管理の安全性を確保。

バージョン管理

バンドルおよびファイルレベルでのバージョン番号付けとリビジョン管理。

24 時間 365 日のモニタリング

Unity のサイトリライアビリティエンジニアリング(SRE)チームによるサービスアップタイムの監視。

Cloud Build の統合

Unity のビルド自動化ソリューションを使用して直接ビルドして公開。

価格

無料で試してからの従量課金

価格は新しいツールの試用を妨げるものであってはなりません。その点を考慮して毎月最初の 50GB 分の帯域幅の利用は無料となっています。50GB 分を超える利用分の価格は以下に示すとおりです。 

Enterprise プランをご利用の場合、大量の帯域幅を必要とする場合、またはクレジットカードでサインアップできない場合は、お問い合わせください

シンプルなコンテンツ配信

ドキュメント

クラウドコンテンツ配信を起動して実行する方法についてはマニュアルを見直してください。

フォーラム

会話に参加し設定の問題に関する解決策を入手しましょう。

Addressable Asset System

Unity のアセットパッケージツールを使用してコンテンツのビルドと配信を簡略化する方法をお確かめください。

Mike Lehne, CTO, Concrete Software

「CCD がなければ、多くのバージョン管理、ファイル ID、環境を自分たちで実装する必要があり、以前のアドホックソリューションでは対応できませんでした。」

Mike Lehne, CTO, Concrete Software
Ibrahim Rageh, Head of Technology, Nifty Games

「アセットバンドルのホスティングと配布を堅牢なリリース管理ポータルに適切に組み合わせた Unity によって、時間と費用を削減し、優れたゲームの制作、出荷、運用に集中できるようになりました。」

Ibrahim Rageh, Head of Technology, Nifty Games

よくある質問

CDN が必要な理由

ゲーム開発者にとって大きな 2 つの課題は、プレイヤーのエンゲージメントを維持することと、ダウンロード時の待ち時間を短縮することです。CDN は、安定したコンテンツパイプラインへのアクセスを提供すること、およびアプリの初回ダウンロードのサイズを減らすことによって、これらの課題を解決します。

Cloud Content Delivery にサインアップするにはどうすればよいですか?

今すぐ、1 時間以内に使用を開始できます。配信のボリュームが毎月 50GB を超えるまでは料金がかかりません。これにより、Unity のエンタープライズ CDN をコミットメントなしでテストできます。「サインインして無料トライアルを開始」をクリックして開始するか、Unity のダッシュボードからクラウドコンテンツ配信を直接追加してください。

クレジットカードでサインアップする必要がありますか?

無料トライアルへのサインアップ時、Cloud Content Delivery をアクティベートするためにクレジットカード情報の入力を求められます。1 か月の使用量が無料の帯域幅の量(50GB/月)を超えない限り、クレジットカードに請求されることはありません。Unity Enterprise アカウントをすでにお持ちの場合、またはその他のお支払い方法についてご質問がある場合は、こちらからお問い合わせください

私のゲームはクラウドコンテンツ配信に適していますか?

ビルドしているのは通常のコンテンツアップデートが求められるゲームですか?プレイヤー経済、マイクロトランザクション、ゲーム内イベント、カレンダーマイルストーンが備わったプレイ無料のゲームには、アセット管理と配信ソリューションが必要です。クラウドコンテンツ配信なら、独自のバックエンドをビルドして維持する手間を省けます。

Cloud Content Delivery を使用できるのは Unity エンジンだけですか?

いいえ。Unity のダウンロード可能なコンテンツサービスは簡単にあらゆるエンジンで機能するように設定できます。

Addressable Asset System とどのように連携しますか?

Unity のユーザーであれば、Addressable Asset System を使用して簡単にクラウドコンテンツ配信をビルドパイプラインに接続できます。この Unity プラットフォームツールを接続することでコンテンツパスをマッピングします。カスタムコードのビルドは不要です。

稼働時間とサポート基準について教えてください

クラウドコンテンツ配信は、リージョナルノードを通じてゲームコンテンツのアップデートを世界中のプレイヤーに迅速に配信するために開発されました。ネットワークは 24 時間 365 日モニタリングされており、技術的問題点は Unity のサポートがすぐに解決を支援します。

地理的にどの地域がサポートされていますか?

Cloud Content Delivery は、世界中の国々に迅速な配信ノードを持つ最先端の CDN インフラストラクチャーを基盤として構築されています。中国へのコンテンツ配信を行う場合は、お問い合わせください

どのプラットフォームがサポートされていますか?

現在のところ Cloud Content Delivery では、モバイルおよび PC 上で実行されているアプリケーションを対象にしたアセットバンドルのライブアップデートをサポートしています。現時点では、コンソールはサポートの対象となっていません。後日また最新情報をご確認ください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK