Hero background image
Unity as a Library。
拡張現実(AR)、3D/2D リアルタイムレンダリング、2D ミニゲームなど、Unity で開発した機能を、ネイティブモバイルアプリケーションに直接挿入。
Unity-Mobile-app-AR-iOS-Android

仕組み

Unity では、ランタイムライブラリの読み込み、アクティベーション、アンロードの方法とタイミングをネイティブアプリケーション内で管理するための制御機能を用意しています。その上、モバイルアプリの構築プロセスはほぼ同じです。Unity では iOS Xcode と Android Gradle のプロジェクトを制作できます。

Youtube video thumbnail

AR 体験により既存のアプリを簡単に強化

Unity は現実世界とのインテリジェントなインタラクションを可能にする、強力でプレイヤーを夢中にする AR 体験を制作するための他に類を見ないプラットフォームです。AR がさらに普及するにつれて、クリエイターは Unity as a Library を使用して、ネイティブアプリを再構築することなく、Unity の最先端の AR テクノロジーを活用できます。

モバイルプラットフォームを超える

モバイルを超えて

この機能はモバイルプラットフォームでは初ですが、Windows アプリケーションでも同様に Unity as a Library を埋め込む力を活用できます。

Unity as a Library の使用方法の詳細を見る
モバイルアプリを強化
モバイルアプリを改善する新しい方法の紹介

カンヌクリエイティビティフェスティバルへの参加に先立ち、Unity as a Library が使用できるようになったことをお知らせします。このブログ記事では、Unity as a Library の使用方法と、この革新的な新機能で何を達成できるかについて大まかに説明します。

IKEA AR アプリ
IKEA のネイティブモバイルアプリに AR を追加することから得た教訓

世界最大の家具販売店である IKEA が、オリジナルのモバイル体験とは別に、モバイル AR アプリを実験的に公開しました。新しいアプリのパフォーマンスが良好であったため、IKEA は AR をオリジナルのアプリに直接組み込むことにしました。

モバイルアプリ『IKEA Place』を制作したエージェンシー Twnkls-PTC によるこの Unite Copenhagen のセッションでは、Unity as a Library の使用に関するベストプラクティスについて説明します。

PHAROS AR、Made with Unity
ブランドと広告制作会社

Unity as a Library はさまざまな業界わたって限りない可能性をもたらしますが、特にブランドや広告制作会社に与える無限の可能性に注目しています。

最先端のブランドは従来のマーケティングキャンペーンに AR を追加することに価値を見出しています。この機能により、AR 機能を挿入するためにアプリを再構築する必要がなくなります。ソリューションを急いで用意する代わりに、Unity as a Library を使用して既存のアプリケーション内でシームレスな AR 体験を作成できます。

チームにお問い合わせのコールアウト
始める準備はできましたか?