シームレスに共同制作

Collaborate

Collaborate の機能を使用すれば、チームがどこにいても Unity プロジェクトを保存し、他のメンバーと簡単に共有して同期できます。クラウド対応で、Unity に直接組み込まれています。

Collaborate が Unity Teams の一員に加わりました。

Unity Accelerator の紹介

Unity Accelerator は、Collaborate を通じたソースコードのダウンロードとアセットパイプラインのインポートという、2 つの主なシナリオのイテレーション時間を短縮する、ローカルネットワークプロキシおよびキャッシュサービスです。これにより、自身とチームは制作にフォーカスできます。

Unity Accelerator はスタンドアロンのツールで、OSXWindowsLinux でダウンロードできるようになりました。

チームのための設計

Unity Teams は、ゲーム開発チーム向けに構築されたもので、その機能は業界でも非常にユニークなものです。簡単に習得できるので、使う人の経験やレベルにかかわらず、チームメンバー間でのプロジェクト作業を一緒に簡単に行えるようにします。

ケーススタディ - 『Antigraviator』のあつれきを取り除く

「Unity Teams の Collaborate を使って、私たちはプロジェクトを迅速にセットアップし、バックアップすることができました。今も順調に進んでいます」

Mike Coeck, Cybernetic Walrus, Antigraviator

「Collaborateは、私たちが待ち望んでいた、チームにフォーカスしたソリューションです。新メンバーのトレーニング時間を半分に短縮できます」

Adam Kane, ForgeFX

「Collaborate は、チームが Unity で作業する方法を変革しました。従来のソース管理に苦戦していたアーティストが数分で行えるようになりました」

Andy Cochrane, Mirada

今すぐ Collaborate を使う

Unity Teams に付属。

Unity Teams Basic
無料

少人数のチームのスタートアップに。1GB のクラウドストレージが付属し、最大で 3 人のチームメンバーを追加できます。

Unity Teams Advanced
月々 9 米ドルから

拡大するチームやプロジェクトに最適。25GB のストレージ、Cloud Build が付属し、さらに多くのチームシートを追加できます。

よくある質問

Collaborate を使用するための要件はありますか?

Unity 5.5+、Unity ID、プロジェクトのサイズに応じた高速で信頼できるインターネット接続が必要です。

既存のプロジェクトで Collaborate を使用できますか?

はい。Unity エディター(5.5+ 以降)であれば既存のプロジェクトで Collaborate の機能を有効にできます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK