DevOps の 6 つの主なメリット

DevOps を実装することで時間やコスト、さまざまなリソースの節約にどのように役立つかをご覧ください。開発チームと顧客の満足度を高めることのメリットを享受しましょう。

The 30 for $30 Mega Bundle is back on the Asset Store: Save up to 97% on a collection of tools and art. Shop now
ダンベルを持っている手

DevOps を採用する理由

DevOps とは、自動化とより短時間でのフィードバックループによって実現する、デプロイ サイクルを短縮し、より安定性の高い製品を提供して、チーム内コミュニケーションを促進することに焦点を当てた、一連の運用原則のことです。

問題解決とデリバリーにかかる時間を短縮

DevOps により、チームは常に短時間でイテレーション、テストを行い、問題を解決して、高い品質のビルドをはるかに効率的に提供できます。これは、自動化を通じて、開発、統合、テスト、デプロイ、管理、フィードバック、運用にわたる「すべてを継続的にする」プロセスにより実現します。

ワークフローの改善には適切なツールが不可欠です。ブランチ作成機能を備えたバージョン管理なら、全員がプロジェクトに貢献しつつ、何か問題が発生したときに以前のビルドに簡単にロールバックできます。エラー追跡が自動化されることで、チームはエラーがプロダクションに到達する前に検出して対処できるため、デリバリーにかかる時間を短縮することができます。ビルドの自動化とは、アップデートが検証されてライブにプッシュされるまでがシームレスに行われることを意味します。 

DevOps ツールを使用して手動のプロセスを排除することで、チームはより複雑な問題を解決する時間を取り戻し、市場投入までの時間を短縮することができます。

ビジネスにアジリティをもたらす

DevOps ライフサイクルからほぼ即時にフィードバックが提供されることで、チームの作業がスピードアップします。DevOps では、フィードバックループがパイプラインに埋め込まれており、各スプリントの計画フェーズに欠かすことのできない役割を果たします。 

このプロセスは、多くのプロジェクトの進行を妨げる可能性がある外部要因からチームを守ります。プロジェクトを進める中で、予測のできない大きな問題(市場の変動、規制の変化、競合他社の動きなど)は必ず発生します。これらのいずれかがプロジェクトのローンチを遅らせるか、プロジェクトを完全に止めてしまうおそれがあります。DevOps のプロセスと文化では、これらの課題は存在するものと見なしており、日常に組み込まれています。 

ロードマップを調整し、コースからそれさせる可能性をもたらす要因に迅速に対応できることは、競争上の優位性を保つために不可欠であり、DevOps はそれを実現するための柔軟性をもたらします。

コラボレーションを醸成し、信頼性を高める

労働文化は、構造やプロセスを整備した結果、直接生成されるものです。 

効率的でアジャイルな方法論と比較して DevOps がもたらす最も大きな革新は、開発、運用、QA、セキュリティなどの部門間の障壁に加えて、データアナリスト間やアートチーム、デザインチーム間の障壁を取り除くことができることです。これは、多様なスキルセットを備え、共通の目標を持った部門横断的なチームを形成することによって実現します。

DevOps の主な利点の 1 つは、コラボレーションに重点を置いており、チーム間で説明責任を共有できることです。DevOps のプロセスは前向きかつオープンで透明性の高い環境を促進し、組織目標を定め、統一されたツールとプロセスを実装します。顧客に提供する価値を最大化するという同じ目標に向けて全員が取り組めば、意思決定を下す、変化に適応する、チームとして効果的に働くことが容易になります。

自動化が革新をもたらす

自動化なしではうまく事が運びません。

DevOps の自動化により、数時間かかるプロセスがわずか数秒になります。これは継続的インテグレーション(CI)を通じて発生し、自動化により作業が 1 日に数回小さなバッチで届けられます。

この定期的なデリバリーストリームにより、フィードバックサイクルの期間が短縮されます。デプロイする回数が多ければ多いほど、問題を簡単に特定して時間をかけずに修正できるようになり、プロダクション環境を止めてしまうバグを最小限に抑えることができます。 

自動ビルドツールや自動マージを備えたバージョン管理システムなどの DevOps ソリューションは、これらのプロセスの手動で行う部分を排除します。これにより、チームはバグの対応に追われることなく、新しいアイデアに積極的に取り組む時間を確保できます。コラボレーションをより緊密にし、目標を共有して、手動でのプロセスを最小限に抑え、フィードバックループの期間を短縮することで、チームは自由に実験し、顧客のニーズに応えるのにより多くの時間を充てることができます。

コストを大幅に削減

DevOps のコア原則の 1 つは、早期の段階かつ頻繁にデプロイし、DevOps ライフサイクルのすべての段階でフィードバックループを挿入することで、継続的な改善に努めることです。これは、パフォーマンスを最適化し、コストを削減して、デリバリーにかかる時間を短縮するのに役立ちます。 

DevOps プロセスは、ネットワークのダウンタイムを最小限に抑えることで、コストを削減します。プロジェクトのローンチ時の停止は、特にコストがかかります。継続的インテグレーション(CI)、継続的デプロイ(CD)、自動テストにより、開発チームはプロセスの早期の段階でバグを特定して修正することができるため、高いパフォーマンスを発揮するコードを生成できます。 

また、DevOps と自動化により、従来であれば手動で構築する必要があったデプロイを 1 日に数回行うことができるようになることで、リリースサイクルの短縮にも寄与します。これにより、規模がそれほど大きくないチームでも、費用を最小限に抑え、作業が煩雑になることなく、AAA のチームのように運営することができます。

顧客満足度を最優先に

DevOps パイプラインの内部と外部の両方のフィードバックループにより、DevOps のコア原則は主体的であることを中心に展開され、その最終的な結果はより顧客に重点を置いたビジネスです。

DevOps によって実現する高い運用効率とデリバリーサイクルの短縮は、エンドユーザーに多くのメリットをもたらします。小さな変更を頻繁に加えることを実践することで、チームは早期の段階でバグをキャッチし、安定した製品をリリースできるだけでなく、顧客の要望や見落としていた可能性があるバグにより迅速に対処できます。

フィードバックループが短縮されることで、顧客のフィードバックを計画に組み込むことが容易になり、顧客の要望やニーズを満たした製品に柔軟に仕上げることができます。また、人々にさらに多くのことを求めて戻ってきてもらえるように、新しいビルドやアップデートをより安定した頻度でリリースすることができます。

DevOps 関連 e ブック

生産性に関わる見えないコスト

チームがタスクの切り替えを減らし、顧客を楽しませる素晴らしい作品を生み出すことに再び注力できるようになる方法について、エキスパートのインサイトを共有します。

ボットと自動化

ゲーム開発をスピードアップするのにエラーの監視を自動化することが不可欠である理由、追跡する KPI、効果的なソリューションの必須機能について説明します。

4 つの重要な DevOps のプラクティス

統制された大混乱から効率的なワークフローに移行し、プレイヤーに愛されるゲームを制作するのに、これらの必須の DevOps プラクティスが役立ちます。

DevOps のメリットはバージョン管理から始まる

ゲーム開発固有の課題を解決するために最適化された唯一のバージョン管理システム(VCS)である Unity のバージョン管理ソリューションを活用して障害を取り除き、制作を進めましょう。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK