業界でのリアルタイム 3D 技術の説明

制作、建造、マネタイズ

リアルタイム 3D によって何が実現するのかをご覧ください

こちらの 1 分間のビデオを見て、リアルタイム 3D が製品の設計、エンジニアリング、製造、販売、およびサービスのあり方をいかに変えつつあるかご確認ください。

航空宇宙、自動車、エネルギー、政府、産業用機械、製造、小売、輸送など、さまざまな業界の数千の企業がこの技術を活用してきました。 

リアルタイム 3D とは

リアルタイム 3D ソフトウェアを使えば、完全にインタラクティブな 3D モデル、環境、および仮想世界全体を、一瞬でデジタルにレンダリングできます。これは、従来のコンテンツ作成ツールと比べて大きな利点です。この技術の仕組みの詳細については、こちらのページをご確認ください。 

作成されたリアルタイム 3D コンテンツは、モバイルデバイス、コンピューター、拡張現実(AR)デバイス、バーチャルリアリティ(VR)デバイス、およびその他のプラットフォームにデプロイできます。 リアルタイム 3D では、非インタラクティブな静的コンテンツと比べて、より魅力的な没入型の体験をエンドユーザーに提供できます。

リアルタイム 3D 体験は基本的に次の両方です:

  • 現実世界をデジタルに再現することでリアリティが増し、実際のアナログ体験に近づくため、没入感が得られます。
  • ビデオゲームのように、ユーザーが仮想環境での行動を正確にコントロールできるので、インタラクティブです。

リアルタイム 3D の活用方法には無限の可能性がありますが、企業における基本的な用途は、データを可視化し、コンピューター支援設計(CAD)アセンブリなどの 3D モデルによって、動的でリアルな体験を構築することです。インタラクティブ性に優れた物理製品のデジタルツインを活用することにより、研究開発からビジネス運営まで、ビジネス全体のプロセスとワークフローを強化することができます。 

リアルタイム 3D 体験を確認する

リアルタイム 3D の全体像を把握したところで、Light & Shadows が制作したこのリアルタイム 3D カーコンフィギュレーターを取り上げて、実行してみましょう。 

ロードが完了するまで数分かかる場合がありますが、待つだけの価値はあることをお約束します。その間、続きを読んで、しばらくしてから戻って確認できます。

開始したら、好みに合わせて自動車を設定し、任意の視点から調べます。スマートフォンを使用している場合は、ベストな体験を実現するために横向きモードに変えてください。

リアルタイム 3D のビジネスへの影響

製造企業は、利益になる成長の推進における課題には事欠きません。設計はますます複雑になり、生産のタイムラインはますます厳しくなり、購入者の目はますます肥えてきています。2020 年のパンデミック状況下で、これらの問題は深刻化しています。

リアルタイム 3D を使用している企業はこれらの課題の舵取りをよりうまく行うことができます。調査によると、リアルタイム 3D は以下のメリットを引き出します。

  • たとえば高価な物理プロトタイプの利用の削減や、設計とエンジニアリングの欠陥の早期捕捉などによるコストの節約
  • 研究開発(R&D)のタイムラインの圧縮、シミュレートされた環境での自動化システムのトレーニング、その他の改善による市場投入までの時間の短縮
  • 作業者の生産性向上、より信頼性が高く迅速なアフターサービスの実施などによる製品利益率の向上
  • 従来のマルチメディア形式よりも説得力のある方法での製品のプレゼンテーションによる販売の増加

上位のリアルタイム 3D 用途

リアルタイム 3D 技術のアプリケーションは、R&D の初期ステージからアフターマーケットセールス、およびそれらの間にあるものすべてを実行します。2020 年 3 月に公開された、Unity の委託によって Forrester Consulting が実施した調査の結果によると、リアルタイム 3D を採用した製造企業は、幅広くそれを使用しており、平均で 8 つの異なるユースケースがあります。 

製品ライフサイクル全体での例をいくつか示します。

設計とエンジニアリング
一般的なユースケース:仮想プロトタイピングと試運転、実体験型のデザインレビュー、計算流体力学(CFD)ビジュアライゼーション、自律型システムシミュレーション、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)開発など。

現実世界のリアルタイム 3D の例:Lockheed Martin は、製品を仮想的に構築して、物理的なプロトタイピングとテストを最小限に抑え、開発のごく初期に問題を検出して解決することにより、数百万ドルを節約しています。

製造
一般的なユースケース:技術者トレーニング、生産中の AR ガイド付きアシスタンス、デジタルファクトリシミュレーション、仮想アセンブリプロセス検証など。

現実世界のリアルタイム 3D の例:BMW グループは、現場作業者のトレーニング、組み立てラインでのワークステーション計画、および品質管理用の AR および VR アプリケーションを作成しました。

販売とマーケティング
一般的なユースケース:仮想イベント、インタラクティブ製品コンフィギュレーター、フォトリアリスティックなレンダリング、短編プロモーションビデオ、混合現実(MR)ショッピング体験など。

現実世界のリアルタイム 3D の例:Autoliv は、2D スライドプレゼンテーションではなくインタラクティブ 3D で複雑な製品のプレゼンテーションを行うことで、世界各地の営業担当者が取引をまとめる能力を強化しました。

サービスとオペレーション

一般的なユースケース:リモートメンテナンス、AR ベースのガイダンス、安全教育、センサー/データシミュレーションとビジュアライゼーション用のリアルタイムデジタルツインなど。

現実世界のリアルタイム 3D の例:ABB は、産業拠点での効率的で安全な機器のメンテナンスとサービスを現場技術者にガイドする AR ベースシステムの開発により、時間とコストのかかるトレーニングプログラムを置き換えました。

ビジネス全体にリアルタイム 3D を拡張する価値

リアルタイム 3D は、ライフサイクル全体にわたる課題に対処し、製品の設計、エンジニアリング、製造、販売、サービスがより適切に行われるようにします。Forrester Consulting の調査により、次のことがわかりました:

ほとんどの採用者は、ビジネスの複数の接点でリアルタイム 3D をすでに使用しています … [彼らは]さらに他の場所を探します … リアルタイム 3D を実装すると、よりインタラクティブなメディアがコラボレーションとコミュニケーションに提供されるため、これらのプロセスがよりシームレスに統合されます。

実際に、リアルタイム 3D を使用している企業の 90% は、それが部門間コラボレーションのサポートにとって有用であることを発見しています。それには理由があります:仮想環境にモデルが存在した後は、ビジネスのどのようなユースケースにも拡張できます。

これは、デザインスタジオで使用される仮想モデルを製品チームでも活用して AR に組み立て手順を配置したり、マーケティングチームで活用して高忠実度のインタラクティブコンテンツを作成したりできることを意味します。これらの相乗効果により、製品ライフサイクル全体をスピードアップし、部門間での従来のウォーターフォールスタイルのハンドオフから非効率性を緩和できます。

 

リアルタイム 3D の詳細

Unity の委託を受けて Forrester Consulting が実施した調査の結果を読んで、リアルタイム 3D テクノロジーの詳細と、Unity を利用したリアルタイム 3D 体験の作成方法をご確認ください。 

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK