オペレーションへのデジタルツインの活用

データを解放しアセットライフサイクルを向上

デジタルツインの力で、データ管理やリソース配分、メンテナンス計画を効率化し、予期せぬダウンタイムを防ぐとともに、現場作業者の安全を確保しましょう。

オペレーション向けデジタルツインの制作

  • Unity Pro – エンタープライズアプリケーションや没入型アプリケーションを制作し、さまざまな業界に展開できます。 今すぐ無料トライアルをお試しください。
  • Unity Reflect Develop – 建築のライフサイクル全体にわたり独自のアプリケーションの制作を支援するプラットフォーム。
  • Unity Reflect Review – 設計レビューやプロジェクト調整に適した没入型の CAD/BIM 可視化ソリューション。
  • VisualLive – AR により大きな CAD/BIM ファイルを現場にオーバーレイし、リアルタイムでの共同作業を実現できます。
  • Unity Forma – インララクティブなリアルタイム 3D 製品コンフィギュレーターを制作、公開できます。
  • Accelerate Solutions – Unity のエンジニア、クリエイティブディレクター、業界エキスパートで構成された世界トップクラスのチームがお客様のプロジェクトの構想、実行をサポートします。
成功事例
Sitowise

Sitowise:港湾設備

Sitowise は、Unity で制作した動的かつインタラクティブなオウル港のデジタルツインを活用して、ボトルネックの解消、交通および物流のフローが環境に与える影響の緩和、セキュリティと安全性の強化、港湾業務の効率と信頼性の向上を実現しています。

詳細を読む
Zutari: Renewable energy

Zutari:再生可能エネルギー

Zutari は水力、太陽光、ハイブリッド、貯蔵、風力などの持続可能なエネルギーソリューションを現地のニーズ、地形、制約にあわせて提供する企業です。同社では Unity を活用し、南アフリカにおける大規模な太陽光発電プロジェクトの設計、開発、運用の仕組みの転換を進めています。

詳細を読む
バンクーバー国際空港のデジタルツイン

YVR:空港のデジタルツイン

北米の空港のリーダー的存在であるバンクーバー国際空港(YVR)はイノベーションハブの取り組みを進めており、その第一弾として Unity で開発したデジタルツインは、従業員や旅行者、コミュニティに対する空港のサービスを根本から変えると考えられています。

ウェビナーを見る

オペレーションに Unity を選ぶべき理由

70 種超のデータフォーマットを取り込み、集約可能

Unity ならではのトップクラスのデータ変換ソリューションによりデータの取り込み、最適化、活用、マージを行い、ビジネスの変革につながるこれまでにないインサイトや分析情報を得られます。

ニーズにあわせてカスタマイズ可能なプラットフォーム

Unity は 160 万人以上のクリエイターに信頼されているトップクラスのリアルタイム 3D 開発プラットフォームであり、カスタマイズ性に優れたインタラクティブなオペレーション向けデジタルツインを簡単に構築できます。

複数のチームでリアルタイムに連携

データやコンテキストにアクセスしやすくすることで、複数プラットフォームにわたるデジタルツインをオフィスと現場でリアルタイムに共同管理し、調整にかかる時間を短縮できます。

シナリオを大規模にテストし実行

センサーデータ、人工知能(AI)、コンピュータービジョンにより現実世界の環境のシミュレーションを行い可視化することで、アセットの成果物の安全性、効率性を高められます。

デバイスも場所も問わずに展開可能

iOS、Android、PC、Mac、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)など、20 種超のデバイスとプラットフォームでアラートを利用して施設や状態を監視できます。

アプリケーションの利用状況を把握

データマイニングツール、可視化ツール、レポートツール向けの高度な分析機能を利用することで、アセットパフォーマンスの把握、安全上の問題の特定、メンテナンスの予測などが可能になります。

インサイト

2022 年版 AEC 業界トップトレンド
e ブック

デジタルツイン、AR、VR、リアルタイム 3D などの技術に対して、施設の設計、建設、運営の仕組みの転換に取り組む企業からの注目が集まっている理由を解説します。

エネルギー業界におけるデジタルツイン
ホワイトペーパー

エネルギー業界におけるデジタルツインの活用事例や、上流、中流、下流の各生産段階における業界のデジタルツインのユースケースと可能性をご紹介します。

メタバースへの道
ウェビナー

Unity が送る意思決定者およびクリエイター向けの新作ウェビナーシリーズです。業界の垣根を超えてつながる没入型の体験を実現するうえで必要な戦略やトレーニングについて解説します。

始める準備はできましたか?

オペレーションに Unity を活用するメリットを実際に体験しましょう。詳細については、Unity のチームにお問い合わせください。

よくあるご質問

始めるには何が必要ですか?

お好みの Unity ソフトウェアと、既存の 3D モデルデータまたは点群があればすぐに始められます。お客様に適した製品については、上記注目のソリューションセクションをご覧ください。 

Unity で実現できるものについてご不明な点がある場合は、エキスパートにご相談ください

どのプラットフォームに体験を展開できますか?

Unity Pro と Unity Industrial Collection では、iOS、Microsoft HoloLens、WebGL、Android、Windows をはじめとして 25 種超の主要プラットフォームに体験を展開できます。プラットフォームの全一覧については、こちらのドキュメントをご覧ください

Unity ではどのようなファイルフォーマットがサポートされますか?

Unity 製品では、Revit、Navisworks、BIM 360、Rhino、SketchUp、CATIA、JT、STEP、IFC、USD、glTF など、さまざまな業界の 70 種以上のファイルフォーマットをサポートしています。

デジタルツインの開発にはどれくらいの時間がかかりますか?

プロジェクトは 1 つひとつ異なるため、Unity Accelerate Solutions チームがお客様のニーズにあったカスタムソリューションの開発をサポートします。詳細についてはエキスパートにご相談ください

独自の開発を行う場合、どのようなサポートが受けられますか?

知識豊富なエンジニア、業界エキスパート、ソリューションアーキテクトで構成される Accelerate Solutions が、稼働中のインフラストラクチャはお客様チームで管理可能な状態にしたまま、貴社のデジタルトランスフォーメーションを計画し実施できるようサポートします。

どのようなトレーニングリソースを利用できますか?

Unity Learn にて、経験の多少を問わずあらゆるお客様向けに、750 時間を超えるライブおよびオンデマンドの学習コンテンツを無料で公開しています。たとえば、こちらのコースでは、没入型の自動車設計のイテレーションやチームのコラボレーションを実現する VR アプリケーションを Unity で開発する方法について解説しています。

また、Unity Learn に加えて、プロフェッショナル向けの有料のオンデマンドトレーニングプラットフォームもご用意しています。Unity 認定インストラクター制作の数百時間におよぶコンテンツにアクセスし、自分のペースでエキスパートへと成長できます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK