ライブゲームを運用しましょう

ダイナミックな体験でプレイヤーを魅了し続けましょう。プレイヤーのインサイトにアクセスして行動を分析、そして すぐに Unity のオペレーションダッシュボードを通じて行動を起こしましょう。

Watch the Unity GDC Keynote Live-Ops solution update with Danny Lange (VP of AI and Machine Learning)

プレイヤーの観点からゲームプレイのカスタマイズを

Unity のデータ駆動型のライブ運用ソリューションを使えば、ゲームパフォーマンスの設定をリアルタイムで調整することによって、すべてのデバイスで最高の体験を提供できます。異なるプレイヤーセグメントに対するオファーも再デプロイすることなしにカスタマイズすることができます。しかもそれを、全最適化機能にアクセスできる中央の運用ダッシュボードからすべて実行できるのです。今すぐスタートしましょう

ゲームをリアルタイムのサービスとして運用しましょう

 

 

Remote settings
瞬時に改善

Remote Settings を利用すれば、 アプリストアに再デプロイしたり、プレイヤーがアプリをアップデートするのを何週間も待ったりする必要がなくなります。別々のプレイヤーセグメントに対するゲームの修正を瞬時に行えるのです。さらに、Remote Settings にはエディタープラグインが含まれており、すばやく、しかも簡単にスタートできます。

Standard Events
ゲームの中で特定のプレイヤー行動を追跡

Standard Events は、オンボーディング、進捗状況、収益化、アプリ内移動などに関連する厳選されたプレイヤーイベントについてインサイトを提供します。Analytics Event Tracker を使えば、コードなしで Standard Events を実装できます。

A/B testing
実験と最適化

Unity にネイティブに統合された A/B Testing は、実験の統計的な結果に基づき、自信を持ってゲームのアップデートに関する決断を行えます。A/B Testing は Unity とシームレスに連携するよう設計されています。

成功を追跡する
LiveStream でリアルタイムに

LiveStream は、リリース直後のプロモーションの影響など、ゲームの成功に重要な意味を持つカスタムイベントの追跡を可能にします。リアルタイムジオマッピングでイベントのわかりやすいビジュアライゼーションを提供します。 (この機能はUnity PlusUnity Proでご利用いただけます)

生データをエクスポート
データをさらに身近に

Raw Data Export APIによって、自身のデータとそれをどう使用するかを完全に制御できます。独自のデータパイプラインの構築、カスタマイズしたクエリの実行、さらには生データをお気に入りのビジネスインテリジェンスツールに差し込むことも可能です。面倒な SDK 統合は必要ありません。Raw Data Export を使えば、データにより早く、より容易にアクセスできます。(この機能はUnity Proでのみご利用いただけます)

Increase retention and performance

Data-driven live-ops

Access player insights across all devices. Analyze player behavior within your app. Act upon the insights in real-time to customize player experiences.

個別の体験でライブゲームを運用しましょう

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.