製品

Unity Reflect Review

設計レビュー中にうまくコミュニケーションを取り、プロジェクトの関係者とより効率的に共同制作を進め、コストのかかるミスを回避して、より迅速に調整できるようにします。

プロジェクトの関係者全員の考えを一致させる

設計レビューは、プロジェクトのライフサイクル全体を通じて行われます。共有のコラボレーション環境がなければ、意思決定に多大な時間と労力がかかります。Unity Reflect Review なら、AR/VR の没入型の体験に設計モデルを簡単に取り込み、リアルタイムでやり取りしながらインタラクティブな設計レビューを円滑に進めることができます。

仕組み

Unity Reflect Review は元の BIM モデルにリンクされており、リアルタイムで共同制作を進めることができます。Revit、BIM 360、Navisworks、SketchUp、Rhino のプロジェクトをリアルタイム 3D に統合して、デバイス、場所を問わずに複数のユーザーによる共同制作と注釈を可能にします。

Unity Reflect Review のしくみ

主なメリット

ミスを早期に特定する

複数のモデルとそのメタデータを 1 つにまとめ、プロジェクトの関係者とより効率的にコラボレーションを進め、ミスを早期に発見し、コストのかかるやり直しを回避します。

より迅速な意思決定

Revit、BIM 360、Navisworks、SketchUp、Rhino で構築された元の設計モデルにリンクされた、インタラクティブな没入型の体験を生成します。

マルチユーザーのコラボレーション

マルチユーザーコラボレーションを利用して設計の意思決定について全員が同じ方向を向き、誤解やエラーを回避します。プロジェクトのリンクを関係者に伝え、フォローモードでモデルを一緒にウォークスルーします。また、注釈を追加し、他のユーザーがリアルタイムで見ているものを確認します。

場所、プラットフォームを問わない

オンプレミスまたはクラウド内でプロジェクトに変更を加える機能により、ネットワーク外のユーザーとの共同制作を可能にします。VR、AR、iOS、Android、PC、Mac など、あらゆるデバイスやプラットフォーム上でサイズの大きなモデルを表示できます。

設計の意図を伝える

日照分析を実施し、1:1 AR でモデルを大規模にオーバーレイして(マーカーベースまたはテーブルトップ)、BIM データをフィルタリングすることで、設計の意図を関係者に効果的に伝えます。

アハ体験を増やす

没入型のマルチユーザー環境を作成して、VR や AR で共同制作プロジェクトのウォークスルーを実行します。高解像度グラフィックスで VR または高出力 GPU デスクトップアプリケーションのクライアントをあっと言わせましょう。

Ben Lillywhite, Architect, P+HS Architects

「Unity Reflect Review のおかげで、関係者は設計をはるかに簡単に可視化できるようになり、その空間の中を物理的に歩き回って操作することができます。」

Ben Lillywhite, Architect, P+HS Architects
Adam Farooq, Lead XR Developer, Valerio Dewalt Train

「私たちがすでに使用している Revit、Navisworks、Rhino、SketchUp などのソフトウェアと連携し、元のモデルとのライブ接続が維持され、変更が加えられた部分をクライアントと共同制作者がリアルタイムで AR/VR 内で確認できます。」

Adam Farooq, Lead XR Developer, Valerio Dewalt Train

Unity Reflect Review を試す

こちらの自己学習型のデモを活用して、Unity Reflect Review の最新機能をお試しください。リンクをクリックすると、サンプルプロジェクトに起動する前に、Unity Reflect Review の最新の無料試用版をダウンロードするように求められます。モデルの中を動き回り、AR、測定ツール、日照分析などの主な機能をお試しください。

Unity Reflect Review デモ

価格

さまざまなニーズがあるユーザー、組織、プロジェクトに対応するためのオプション。

Unity Reflect Review
年間サブスクリプション:82,800円

Unity Reflect Review は、3D モデルをオーサリングおよび編集するデザイナー向けです。

  • Unity Reflect Review 1 シート
  • Autodesk Revit、Navisworks、BIM 360、SketchUp、Rhino のプラグイン
  • データフェデレーション用のオンプレミスおよびクラウドホステッド型サーバー
  • クラウドホステッド型のプロジェクト管理サーバー
  • PC、Mac、iOS、Android デバイス(AR を含む)、Oculus Rift、HTC Vive 上でリアルタイム 3D のプロジェクトをレビューするための Unity Reflect ビューアー
  • 無制限のプロジェクト数
  • 24x5 テクニカルサポート

Unity Reflect Collaborate
年間サブスクリプション:$249

Unity Reflect Collaborate は、プロジェクトの関係者が 3D 設計を閲覧、操作、フィードバックするための Unity Reflect Review の閲覧専用バージョンです。

ボリュームディスカウントをご利用いただけます。どれがニーズに適しているかについては、お問い合わせください

詳細を見る

P+HS Architects の創造と革新に対する情熱

P+HS Architects がどのようにして、テクノロジーが業界を前進させるのに役立つさまざまな方法を模索する、新たな領域の最前線に立っているかをご覧ください。

Unity Reflect Review の新機能を確認する

新しいバージョンの Unity Reflect Review では、マーカーベースの AR、プレゼンテーションモード、ゲストユーザーが追加され、大規模モデルのパフォーマンスが向上しています。

設計レビューを改善するために採用しているテクノロジー

Holland Basham Architects が Unity Reflect Review をどのように活用して、設計レビューのコラボレーションと関係者とのコミュニケーションを改善しているかをご覧ください。

Unity Reflect Review の使用を今すぐ開始しましょう。

よくあるご質問

Unity Reflect を使用するためのシステム要件を教えてください。

システム要件は、モデルの複雑さとレンダリング品質によって異なります。詳細については、Unity のシステム要件ページでご確認ください。

Unity Reflect Review を使用するには Unity Editor が必要ですか?

いいえ。Unity Reflect Review は、Unity Editor なしで使用できるスタンドアロンアプリケーションです。

Unity Reflect Review はどのバージョンの Revit、Navisworks、SketchUp、ArchiCAD、Rhino に対応していますか?

Unity Reflect Review は、次のバージョンの各製品に対応しています。

  • Revit の 2018、2019、2020、2021、2022 リリース
  • Navisworks の 2019、2020、2021、2022 リリース
  • SketchUp の 2019、2020、2021、2022 リリース
  • Rhino のバージョン 6 と 7
  • ArchiCAD のバージョン 24/25
アプリでプロジェクトを開こうとすると、「アクセスが拒否されました」というエラーが表示されます。なぜこのようなエラーが発生するのでしょうか?

このエラーは一般的に、アカウントに有効なライセンスがアタッチされていないことを意味します。よくあるケースとして、これはユーザーがライセンスを引き換えたものの、自分にシートを割り当てるのを忘れた場合に発生します。Unity Reflect のドキュメントページまたはシートの割り当てについて説明している Unity のページを参照してください。

Unity Reflect Review はクラウドベースの製品ですか?

はい、Unity Reflect Review では処理能力を高め、ユーザーがプロジェクトを共有できるようにクラウドを活用しています。クラウドに送信されるのは派生データ(ジオメトリ、マテリアル、メタデータ)のみで、ファイル(.rvt、.skp など)は送信されません。

Unity Reflect Review と Unity Reflect Collaborate の違いは何ですか?

Unity Reflect Collaborate ライセンスは匿名で使用できます。ユーザーがログインせずにプロジェクトに参加すると、プロジェクトが存在する組織から Unity Reflect Collaborate のライセンスが自動的に割り当てられ、ユーザーがプロジェクトを退出するとライセンスが解放されます。 

Unity Reflect Collaborate ライセンスでは、ユーザーがモデルを公開したり、注釈を残したりすることはできません。プレゼンテーションが開始されると、Unity Reflect Collaborate のユーザーはフォローを強制されますが、Unity Reflect Review のユーザーは参加しないことを選択できます。 

Unity Reflect Review のライセンスは誰に必要ですか?

Unity Reflect Review ライセンスは、3D モデルをオーサリングする際に必要です。オーサリングには、モデルの作成、設計ツール(Revit、Sketchup、Rhino など)内でのモデルの変更、関係者がレビューしてフィードバックできるように閲覧環境にロードすることなどが含まれます。

Unity Reflect Collaborate のライセンスは誰に必要ですか?

プロジェクトを閲覧したり、Unity Reflect プロジェクトにデータを公開したりを頻繁に行う必要がない一時ユーザー。

デザイナー/アーキテクトにはどのようにして Unity Reflect Collaborate シートを割り当てればよいですか?フローティングシートはありますか?

「リンク共有」によってモデルを共有すると、使用可能な Unity Reflect Collaborate のシートがユーザーに自動的に割り当てられます。ベストプラクティスは、シートの割り当てを管理して、モデルにアクセスできるユーザーを完全に制御できるようにすることです。

Unity Reflect はオープンソース製品ですか?

いいえ。サブスクライバーは Unity Reflect Develop を介してアプリのソースコードにアクセスできますが、ソースコードの改善に貢献することはできません。

Unity Reflect のロードマップはどのようになっていますか?

こちらに公開されているロードマップをご覧ください。ご意見があればぜひお聞かせください!

追加の質問がある場合、Unity に問い合わせるにはどうすればよいですか?

こちらからお問い合わせください。すぐにご連絡いたします。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK