VR 開発者

Unity でバーチャルリアリティ体験を作成して、リアルタイムエコシステムの専門家になり始めていることを実証しましょう。

VR 開発者への一歩を踏み出す

VR 開発者への一歩を踏み出す

この認定資格は、Unity と C# プログラミングの両方の基本的なスキルを持つ人を対象としています。この認定資格があれば、Unity を使用した VR 体験の作成の基本を習得する第一歩を踏み出したことを中等教育後のプログラムや雇用者に示すことができます。

前提条件

  • VR に関して人間工学上の考慮事項を分析できる
  • VR プロジェクトにおけるスケールの重要性を理解している
  • 位置オーディオの主要機能と、それを VR で利用する方法を理解している

試験範囲

以下のトピックについて出題されることが予想されます。

Unity 認定ユーザー:VR 開発者の試験で扱われる内容の完全なリストをダウンロードしてください。

VR プロジェクトのセットアップ
  • パッケージ管理を実装して VR を有効にする
  • VR プラットフォーム要件に従ってプロジェクト設定を設定する
  • 適切なレンダリングパイプラインを判断する
  • 適切な Unity オブジェクトスケールを特定する
インタラクション
  • Unity VR の UI のベストプラクティスを理解する
  • ユーザーがオブジェクトを物理的に操作するために必要なコンポーネントを判断する
  • 頭部追跡とのタイプと VR 機器の動作の程度を理解する
  • 適切な移動手法を適用する
  • 空間化されたサウンドの使用方法とその実装方法を説明する
最適化
  • 与えられたシナリオで、テクスチャーを最適化する方法を決定する 
  • ランタイムでのポリゴン数の効果を識別する
  • ランタイムでのパーティクルとビジュアルエフェクトの効果を識別する
  • ランタイムでのライティングとシャドウの効果を識別する
  • ユーザー体験に対するレイテンシの効果を予測する 

学習と練習

これらのツールは、この認定試験に合格するための準備をするのに役立ちます。 

Unity Learn プラットフォーム

750 時間を超える無料のオンデマンド学習コンテンツとライブ学習セッションで、Unity スキルを高めましょう。Unity Learn の次のコースをご確認ください: 

コースウェア

Unity の認定試験のための公式準備用学習ソフトウェアは 2020 年 12 月に利用可能になります。

認定資格を取得する

学校または一括購入者の場合は、当社の試験パートナーである Certiport のセールスチームにお問い合わせください。個人の方は、こちらで試験をご購入いただけます。 

認定試験を探す

自分のニーズを満たす認定資格を見つけましょう。4 つの難易度とプログラマーやアーティストなどの専門科目にわたる Unity の認定試験のフルスイートをご確認ください。

ユーザー
ハイスクールと Unity 初心者

これらのエントリーレベルの Unity 認定試験では、Unity の基本的なスキルとインタラクティブなリアルタイム 3D 体験を制作する能力を検証します。

 

アソシエイト
中等教育以降および意欲的なプロフェッショナル

プロとしての Unity 関連の仕事に初めて応募する準備ができた、Unity プロジェクトのポートフォリオを持つクリエイター向けに設計された認定試験で、他者から抜きん出ましょう。

プロフェッショナル
2 年から 4 年の Unity 関連の職務経験

次の専門的な課題に対して準備ができていることを示す認定試験でスキルアップを続けましょう。

エキスパート
5 年以上の Unity 関連の職務経験

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK