Unity Pro とはジェネレーティブアート

Unity Pro とは?

Unity Pro は、あらゆるデバイス向けのプロジェクトを成功に導くために、柔軟性が高く信頼の置ける最高のツール、サービス、リソースを求めているプロのクリエイターに選ばれている、リアルタイム 3D 開発プラットフォームです。

Unity 2021 LTS について見る

Unity の長期サポート(LTS)リリースは、最も安定性や信頼性が高く、幅広くサポートされているバージョンの Unity をクリエイターに提供します。Unity LTS は毎年リリースされ、機能の導入や API の変更なしで 2 年間にわたって隔週で修正プログラムが提供されるため、自信をもって制作をそのリリースに固定することができます。

Unity 2021 LTS について見る
イテレーションをスピードアップして品質を高める
イテレーションをスピードアップして品質を高める

ワークフローの改善、エディターの使いやすさの向上、テスト用ツールの強化を通じて、作品の質を高め、制作をスピードアップする、プログラマー向けの幅広いアップデートをご覧ください。

アクセスしてクリエイティブワークフローを最適化
アクセスしてクリエイティブワークフローを最適化

完全に統合されたビジュアルスクリプティング、Visual Effect Graph、シェーダーグラフ、Cinemachine、2D/Terrain(地形)ツールに対するアップデート、UI ツールキットを使用した新しいランタイム UI オーサリングのメリットを享受しましょう。

更新されたレンダーパイプラインを活用
更新されたレンダーパイプラインを活用

スケーラブルなグラフィックスを表現し、忠実度の限界を押し広げるツールのエコシステムによってサポートされる強力なレンダリングソリューションを活用して、見事なビジュアルを制作しましょう。

Apple Silicon のサポート
新しいプラットフォームのプレイヤーにリーチ

Apple Silicon と Chrome OS のサポートを強化し、Xbox Series X|S、PlayStation 5、Oculus、OpenXR、Android、Samsung Adaptive Performance 3.0 のリソースを追加しました。

Unity Pro サブスクリプションご利用の方が得られる独自のメリット

制作したゲームをクローズドコンソールプラットフォームに展開

Nintendo、PlayStation、Stadia、Xbox などのクローズドプラットフォーム向けにゲームやアプリを制作して展開できます。開発者プラットフォームフォーラムを介してこれらの特定のビルドモジュールにアクセスするには、Unity Pro の有効なサブスクリプション(またはそれぞれのプラットフォームホルダーによって提供された優先プラットフォームライセンスキー)が必要です。

詳細を見る

Success Advisor と優先サポートのメリットを享受する

問題の内容がライセンス、ID アカウント、組織、Asset Store、その他技術的な内容以外のいずれであっても、カスタマーサービスチケットが優先されます。Unity の Success Advisor より、最新のアップデートに関する詳細なインサイトのほか、制作を順調に進めるのに役立つリソースが得られます。

Success Advisor のご紹介

ユーザー分析とクラッシュ診断ツールを利用する

制作した体験がユーザーに楽しんでもらえていることを確認します。クラッシュレポートと分析を利用して、ゲーム内やアプリ内に存在する問題を効率的に特定し、オーディエンスが離れてしまう前に修正しましょう。Unity Pro なら、お好みのサードパーティ製ツールを使用してユーザーの行動を分析するのに役立つ基本的なデータエクスポートが得られます。

分析の詳細を見る

購入可能なその他のアドオンを探す

Unity Pro をご利用の方は、プロジェクトのニーズが増え、より複雑になるのに合わせて、開発をスピードアップしてスケールアップできるように、追加の製品やサービスを購入できます。追加のアドオンには、テクニカルサポート、Integrated Success Services、ソースコードへのアクセス、Build Server のライセンス容量などがあります。

その他のサービスを見る

Unity Pro を活用して次のプロジェクトを将来を見越した設計にする

今日の革新的なゲーム、インタラクティブ体験、産業用アプリケーションの大多数は、Unity の実績のある 3D プラットフォームによって支えられています。Unity はプロジェクトのニーズを満たしつつあらゆる規模のグローバル企業が成長を遂げるのに役立つツールとサービスを提供します。

よくあるご質問

全般

私がサブスクライブできる Unity のプランはどれですか?

Unity では現在、 Unity の利用規約に基づいて、お客様の利用条件に応じた複数のプランを用意しています。

  • Unity Personal(年間収益/調達額上限 100,000 ドル)。
  • Unity Plus(年間収益/調達額上限 200,000 ドル)。
  • Unity Pro(収益上限なし)。
  • Unity Enterprise(収益上限なし、20 シート以上の購入)。

詳細については、こちらの記事を参照してください。

Unity Pro で制作したコンテンツの所有権は制作者にありますか?

はい。Unity で制作したコンテンツの所有権は制作者にあります。サブスクリプションをキャンセルした場合も、所有権を失うことはありません。

Unity にロイヤリティを支払う必要はありますか?

いいえ。Unity はロイヤリティフリーです。タイトルごとにロイヤリティをお支払いいただく必要はなく、収益分配モデルも不要です。

Unity の共有ライセンスつまり「フローティング」ライセンスを取得するにはどうすればよいですか?

フローティングライセンスは、Unity Enterprise サブスクリプションのご契約者のみにご提供しています。ユーザープール向けの共有ライセンスオプションの詳細に関しましては、Unity のセールス担当者にお問い合わせいただくか、すべてのサブスクリプションの FAQ をご確認ください。

Learn Premium やその他のライセンスに関わるリソースを利用するにはどうすればいいですか?

Learn Premium のすべてのコンテンツおよびライブオファーは、Unity Learn プラットフォームのユーザーが無料で利用できます。プラットフォームに移動するだけで学習を開始できます。

Unity Pro を使用してクローズドプラットフォーム(Nintendo、PlayStation、Xbox など)向けに制作し、展開することはできますか?

はい。Unity Pro の有効なサブスクリプション(またはそれぞれのプラットフォームホルダーによって提供された優先プラットフォームライセンスキー)を使用して、Nintendo Switch、Sony PlayStation、Google Stadia、Microsoft Xbox などのクローズドプラットフォーム向けに制作して展開できます。各プラットフォーム向けに開発するには、そのプラットフォームホルダーから承認を受ける必要もあります。詳細については、プラットフォームホルダーに直接お問い合わせください。

Unity Pro の 30 日間のトライアル期間が終了するとどうなりますか?

30 日間の無料トライアル期間が終了すると、Unity Pro のサブスクリプションはチェックアウトページで選択した頻度と価格で自動的に更新されます。サブスクリプションの設定は、Unity ID アカウントでいつでも管理できます。

Unity Pro の 30 日間のトライアルが終了する前にサービスをキャンセルした場合、料金は発生しますか?

いいえ。30 日間のトライアル期間が終了する前にキャンセルした場合、その 30 日の間は Unity Pro を引き続き使用できますが、サブスクリプションに登録されたり、月額料金が請求されたりすることはありません。

Unity Pro のその他のメリット

Unity Success Advisor に連絡を取るにはどうすればよいですか?

Unity Success Advisor の詳細を確認し、サクセスハブを通じて Success Advisor のサービスにアクセスしてください。

カスタマーサービスチケットを優先キューに提出する方法を教えてください。

ライセンス、ID アカウント、組織、Asset Store に関連する問題や、その他技術的な部分以外の問題についてサポートを受けるには、チケットを提出してください。Unity Pro 組織に関連付けられた Unity ID でサインインすると、自動的に優先キューに入ります。

テクニカルサポート、ソースコードへのアクセス、その他カスタムソリューションを購入するにはどうすればよいですか?

これを行う一番良い方法は、Unity セールスチームに直接問い合わせることです。

Unity について他にも質問があります。詳しい情報はどこで見つかりますか?

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK