拡張現実

Unity は現実世界とのインテリジェントなインタラクションを可能にする、リッチでプレイヤーを夢中にする AR 体験を制作するための強力なツールを提供します。

AR Foundation Keynote Segment from Unity at GDC 2019

エンドツーエンドの制作プラットフォーム

Unity には、クリエイターが思い描くビジョンを現実のものにするためのカスタムリソースを用意しています。Unity の業界をリードする開発プラットフォームは、AR クリエイター専用のツールと複数のデバイスにわたって統一されたワークフローが組み合わされることによって、クリエイターは創造の可能性をさらに広げることに集中できます。

AR 開発を積極的に採用および統合してもらうことによって、Unity は、素早いプロトタイピングのための表現力豊かなサンドボックスと、最終的な製品をリリースするための確固たるプラットフォームの両方として、テクノロジースタックの 不可欠な要素になりました。

Dave Cowling, VP of Engineering, Within

クリエイティブなビジョンを現実化するためのツール

AR Foundation

AR 開発専用のフレームワークを使用すると、一度開発したアプリを複数のモバイルおよび装着型 AR デバイスにわたって展開できます。各プラットフォームからのコア機能のほか、フォトリアリスティックなレンダリング、物理演算、デバイス最適化などのための Unity 独自の機能が搭載されています。

Mixed and Augmented Reality Studio(MARS)

このスタジオは Unity の AR Foundation フレームワークをベースにコンパニオンアプリを組み合わせて、最小限のカスタムコーディングで現実世界の環境とのインテリジェントなインタラクションを可能にする、柔軟性の高いインタラクティブなアプリのプロトタイプ作成、テスト、ビルドまで短時間で行うことができます。 

2020 年ベータ版リリース。

Unity をライブラリとして使用する

Unity で開発した AR を既存のネイティブモバイルアプリに直接挿入します。AR 機能を追加するためにアプリを再ビルドする代わりに、作成済みのアプリに埋め込むことで Unity が提供する AR の力を最大限発揮させることができます。

XR インタラクションツールキット

コンポーネントをシーン内にドロップするだけで AR アプリにインタラクティビティを追加します。オブジェクトのインタラクションを一からコーディングする必要がなくなります。

まもなくリリース。

レスポンシブな AR 広告

広告をプレイヤーの現実世界にもたらします。AR 体験はプレイヤーを深く引き込み、記憶に残る意味のあるブランド体験を制作し、他者に差をつけます。

1 回のビルドで、さまざまなプラットフォームとデバイスに展開

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK