3D スキャンテクノロジーを活用してフットウェアの製造を合理化する

Deckers Brands が全工場で RestAR をどのように活用して製造と配送にかかるコストを削減したか

Deckers:Unity のケーススタディ

全世界で人気のフットウェアを製造販売している Deckers Brands は、同社の全ブランドの製品ライフサイクルをより効率的にしたいと考えていました。Deckers は、RestAR の 3D テクノロジーを活用して、実際のコンシューマー製品をスキャンし、高品質の 3D でレンダリングすることで、プロトタイピング、デザインレビュー、サンプル制作を合理化し、時間、コスト、材料、労力、CO2 の排出を削減しました。

  • 課題

    全世界で行われるフットウェア製造ワークフローを時代に合わせて最適化すること

  • チームメンバー

    全世界で 3,500 人の従業員

  • 所在地

    本社:ゴリータ(米国)、世界各地に 35 の工場

Deckers が 3D スキャンを活用して物事を現実的に進める

コンピュータービジョンとディープラーニングをベースに構築された RestAR(現在は Unity の子会社)なら、ファッションブランド、オンライン小売業者、マーケティング担当者がモバイルデバイスのみを使用して、実際のコンシューマー製品をスキャンし、高品質の 3D でレンダリングできます。RestAR は、手頃な価格で高い移動利便性を備え、使いやすく迅速に結果をもたらすサービスとして、E コマース、企業間(B2B)セールス、バーチャルサンプリングで使用される 3D テクノロジーをリードする地位を築いています。

Unity x Deckers shoes display

成果

  • 他のスキャンテクノロジーと比較して 3D スキャンのコストを 80% 節約 
  • 何日もかけることなく、わずか数時間で高精度のスキャンを生成
  • フォトリアリスティックな 3D レンダリングを使用することで、実際のサンプルのニーズをほぼ排除し、配送や移動にかかる時間やコストを節約

効率化の基礎作り

Deckers が同社の製造ワークフローに RestAR を導入したのは、プロセスがより効果的になるのを期待してのことでした。今では同テクノロジーは、世界各地の 30 を超える Deckers の工場にて、デザインレビューからラピッドプロトタイピング、販売からマーケティングに至るまで、製品ライフサイクル全体にわたって使用されています。サンプル制作の合理化、円滑なデザインレビュー、バーチャルサンプリングやオンラインショッピング、没入型の小売体験に活用できる美しい 3D アセットの制作により、Deckers はかつてないほどスマートな働き方を実現しています。

Deckers は、UGG、Koolaburra by UGG、Teva、Sanük、HOKA One One などのおなじみのフットウェアブランドを通じて、人々の生活をより快適にすることに重点を置いて、ファッションとパフォーマンスが融合した製品を提供しています。

2019 年後半に Deckers が RestAR の使用を開始したとき、同社は 3D モデリングをすでに 5 年以上にわたって活用していました。Deckers の 3D イノベーションマネージャー Mitchell Harvey 氏に課せられたタスクは、Deckers がデザインから開発プロセス、販売サンプルの配送に至るまで、全ブランドの全製品で 3D スキャンをより効果的に活用する方法を探し出すことでした。 

RestAR の 3D スキャンテクノロジーが、材料、労力、輸送、配送を最適化しつつ、製造を合理化する力を秘めていたことは明らかでした。RestAR なら、手元にスマートフォンさえあれば、製品がどこにあってもスキャンをキャプチャできます。

 

デザインからサンプル制作まで

Deckers のフットウェアのデザインと製造は全世界で行われます。デザインチームと製造チームは全世界に分散しているため、伝達ミスが発生する余地が大きくなっていました。 

デザインと製造の間のギャップを埋めるために、Deckers は同社のワークフローに 3D モデリングを統合しました。今では、フットウェアデザイナーがスケッチを作成する、3D アーティストが 3D モデルを制作する、それをレビューのために Deckers に渡する、パートナー工場がサンプルを製造するというフローが確立しています。以前は、デザインがやり直しになるたびに、サンプルを 3 回も 4 回も繰り返し製造する必要があることがありました。3D モデルを使用することでコミュニケーションが改善され、最初のサンプルで全員が満足する結果になることが多くなりました。 

Deckers が仕上がりに満足したら、そのモデルが部品表と 2D パターンと一緒に工場に送られます。3D モデルが承認されると、工場がサンプルを製造し、そのサンプルが RestAR アプリを使用してスキャンされます。 

デザインは大量であるため、Deckers にはまだ全モデルと配色をビルドする十分なキャパシティを備えていません。そのため、3D スキャンをキャプチャできることが必須になりました。初期デザインと開発プロセス以外に、3D モデルは販売チームにとっても計り知れないほど貴重で、材料や配送にかかる時間とコストの大幅な節約につながります。RestAR を使用して 3D 配色をスキャンすることで、Deckers は実際の配色サンプルを制作して世界各地に配送する手間を省くことができました。 

「ファーストルック(初見)」レビューの後は、初期ラインレビューが行われ(市場投入ミーティングと呼ばれることもあります)、そこで全員が初めて実際の製品を目にします。これらのミーティングには通常、全世界の販売担当者が参加し、移動や輸送に大量の時間やコストが発生しますが、3D モデルのレビューであればそれほど手間もコストもかからずに済みます。

Person interacting with DECKERS simulation on mobile device

現場でのスキャン

Deckers の新しいワークフローの一環として、工場で製造された実際のサンプルを、作業員が RestAR を使用して 3D スキャンを取り込みます。「全工場で RestAR を利用できるようにしています」と Harvey 氏は言います。「必要なのはターンテーブルとライトボックスだけでした。スマートフォンを使用して、5 分で 3D スキャンをキャプチャできます。」 

RestAR なら、ラピッドプロトタイピングのために完全なスキャンを取るのに、後処理を含めて 1 時間から 2 時間で済み、コストは片方のシューズにつきわずか 80 ドルです。以前のスキャンパートナーでは、1 回のスキャンにつき 3 日間、200 ドルかかっていました。 

他のスキャンテクノロジーでは、特殊なカメラ機材やリグを備えた施設が必要であり、コストは 10,000 ドルにものぼることがあるうえ、それら機材を扱うために訓練を受けた人員や、機材を収容する十分な面積が必要です。一方で、RestAR は基本的にポータブルであり、スキャンを行う施設に製品を発送する手間をかけることなく、同レベルのスキャン品質が得られるため、大幅な時間とコストの削減につながります。 

同スキャンテクノロジーは、オブジェクトのテクスチャや素材によって変わりますが、ほぼフォトリアリスティックな結果をもたらします。ただし、Deckers では消費者が目にするレンダリングがその製品を完全に表現するようにしており、今では RestAR を他のフットウェア専用のデザインソフトウェアと組み合わせることで最良の結果を生み出す心地よいリズムを見つけ出しています。

バーチャルショールームの作成

すでに RestAR を実装済みで、サンプルの製造プロセスを合理化していた Deckers は、COVID-19 パンデミックがもたらした状況にすぐに適応しました。Harvey 氏はこのように言っています。「パンデミックの状況を踏まえて、サンプルを予定通りに受け取ることを止めました。RestAR が唯一の現実的な選択肢でした。今シーズンのデザインミーティングや販売ミーティングにおいては、3D でサンプルをレビューすることが重要でした。」 

デザインレビュー用のサンプル以外にも、Deckers の全世界の販売担当者が見込み客とのリモートミーティングにて 3D サンプルを使用するようになりました。Harvey 氏はこう説明します。「販売ミーティングのために、シューズのサムネイルを使用して商品構成を作成するソリューションを社内で開発しました。販売担当者はこれを使用してドラッグアンドドロップにより販売注文書を作成できましたが、RestAR を埋め込んでいるため、実質的にバーチャルショールーム用の 3D の商品構成の準備が瞬時に整いました。」 

DECKERS virtual try-on on mobile device

リテールイノベーション:一歩先を見据えて

会社の運営のさまざまな面で RestAR が統合され、改善の可能性が拡大している中、Deckers は最初の一歩からベストを尽くしています。

RestAR モデルを Deckers 社内の製品ライフサイクル管理システム、販売ツール、消費者インサイトツールに組み込むことで、製品開発の可視性が高まり、コミュニケーションが促進され、効率アップにつながっているほか、サステナビリティと全社的なカーボンフットプリントが改善されています。

ショッピングがオンラインに急激にシフトする中、Deckers は Snapchat の AR トライオンや Facebook の 3D 広告など、お客様により没入感のある体験を提供しています。一列に並んだシューズの写真は、消費者にバーチャルショールームとして再現されます。 

「3D のおかげで、より適切な判断を下し、より正確な予測を行い、より短時間で製品を市場に投入することができました。これが時間とコストを削減し、意思決定までにかける時間を大幅に短縮するのに役立っています」と Harvey 氏は述べています。「自社のブランドを伝え、忘れられない体験を消費者に提供するために、それらの環境内で探索できることに制限はありません。」

Mitchell Harvey, 3D Innovation Manager, Deckers

「パンデミックの状況を踏まえて、サンプルを予定通りに受け取ることを止めました。実際のサンプルをまったく受け取っていませんでした。RestAR が唯一の現実的な選択肢でした。3D サンプルをレビューすることで、Deckers の今シーズンのフットウェアコレクションが救われました。」

Mitchell Harvey, 3D Innovation Manager, Deckers

よりスマートに、より効率的に働きたくありませんか?

製造ワークフローを最適化し、お客様が購入を可視化するのを支援することでコンバージョンを増やします。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK