アニメーション技術

リアルタイムな映像制作は映像業界に大変革を巻き起こし、ディレクターからアニメーターまですべての人が、従来のワークフローにかかる半分の時間でこれまで得られなかった自由な表現ができるようになりました。ショートフィルムや連続テレビシリーズの制作における Unity の活用事例を詳しく見てみましょう。

パイロットプログラムに参加しましょう

私たちはこれまでずっと映像分野でのストーリーテラーの成功をサポートしてきましたが、今回その一環として、アニメーションのためのさらに強力なソリューション(Python、 Linux 用のシネマティックツールの補強とサポートなど)を発表しました。私たちのパイロットプログラムに参加し、2019 年 1 月に全面公開されるより前に、最新ツールへの早期優先アクセス権を手に入れてください。

「私たちは制作過程において新境地を開きたいと思っていました。Unity は、編集と制作のワークフローの効率を大幅にアップしてくれました。私たちは、ベイエリア、フランス、マレーシアなど、世界各地に散らばる多くのプロのアーティストやアニメーターから成るチームのために最適された独自のパイプラインを作りました。」

Neth Nom, Writer and Director, Sonder

Sonder

制作 Soba Productions

この 13 分間のショートフィルムは、2D アニメーションと完璧に仕上げられた 3D 環境の豊かな表現力によって世界各地の 20 を超える映画祭で賞を授与されました。

ADAM: Episode 2・3

制作 Oats Studios

この 2 本のショートフィルムは Neill Blomkamp 氏 (『District 9』、『Elysium』)と、VFX のスーパーバイザーである Chris Harvey 氏 (『TRON: Legacy』、『Zero Dark Thirty』)の 2 人と、様々な受賞歴を持つデザイナー、アーティスト、エンジニアのグループが組んで制作されました。リアルタイムなワークフローにより、Oats のチームは従来のレンダリングを使った普通の方法なら 1 年はかかる作品をたったの 5 か月で完成させました。

Mr. Carton

制作 Michaël Bolufer、Fabien Daphy

初めて Unity で作られたテレビ向けのカートゥーンシリーズ『Mr. Carton』は、山頂に向かおうとする不器用な運転手のストーリーを、ダンボールを使ったフォトグラフィーというユニークなスタイルを用いて表現しています。2 分間のエピソード 13 本で構成されるシリーズ全体を、Michaël Bolufer が副ディレクター、副脚本家、メインの照明担当、アニメーターとしても関わりながら制作しました。

Giant Bear

制作 E→D Films

北の国に伝わる古い物語を題材とし、最強の化け熊とイヌイットの狩人との対決を中心に展開する『Giant Bear』は、スリルいっぱいのショートフィルムです。Neil Christopher と Daniel Gies がディレクターを務め、アニメーションディレクターは Eric Max Kaplin が担当。Taqqut Productions と e.d. films が共同で制作しました。

リアルタイム・クリエイターが集まる最大のコミュニティ

LinkedIn によると、「Unity 開発者」は米国において最も急速に成長しつつある職業トップ 10 の 7 位に位置しています。有能な人材が集まるUnity Connect を利用すれば、優秀な Unity 開発者を見つけ、競争力のあるチームを作ることは簡単です。多くの学生が他のリアルタイム開発プラットフォームではなく、Unity を学んでいます。

何か質問はありませんか?

映像制作の専門家がお手伝いします

映像制作のパイプラインは千差万別で、表現のスタイル、ツールセットの選択、希望する結果によってまったく違ったものになってきます。ソリューションエンジニアがお客様の職場に出向いてニーズを理解し、お客様のスタジオの目標に合わせて提案をいたします。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK