Unity Simulation で大規模に自主性を発揮

Unity Simulation はクラウドコンピューティングの力を活用して、何百万ものシミュレーションを実際より短い時間で実行し、プロジェクトのテスト、トレーニング、検証を大規模に行うことができます。

リアルタイム 3D バーチャルワールドでテスト、トレーニング、検証

Unity Simulation は、洞察が得られるまでの時間を短縮し、複数の複雑なシナリオを並列で実行して、よりリスクを管理できる強力なツールです。ハードウェアに大きく投資する前に製品のパフォーマンスを把握できます。さらに、合成データを大規模に生成してシミュレーションをテストし、あらゆるエッジケースをしっかりと安全に組み込むことができます。

  • プロジェクトの複数のイテレーションを開発のあらゆる段階でテストできる
  • 自律型のシステムを 100 万を超えるシナリオとエッジケースでトレーニングできる
  • 複数のバリエーションのコンセプトをハードウェアに投資する前に検証できる

iLLOGIKA がゲームバランスをどのように最適化したか

ゲームバランスはプレイヤーエンゲージメントとユーザー体験に欠かせない要素ですが、達成するには手間やコストがかかる場合があります。カナダのゲームスタジオ iLLOGIKA は、プレイヤーがバランスの取れたやりがいと報酬の組み合わせが得られるように、ゲームを最適化することを考えていました。

Unity Simulation がこの大規模なシミュレーションの問題に対処し、22,500 ものシミュレーションをわずか数時間で完了しました。

その結果を受けて、iLLOGIKA は異なるスキルレベルのプレイヤー同士が接戦を演じられるように調整を加えることができました。

LG と Unity を活用した自動車のシミュレーション

自動運転車が路上で安全であるとみなされるには、110 億マイル以上の走行実績が必要です。その目標を達成するには、現実世界での運転やローカルでのシミュレーションの実行では、何百年もかかると予想されます。

LGSVL Simulator は Unity の高度な機能をいくつか利用して、正確な自動車モデルとセンサーモデルで、現実世界の環境のフォトリアリスティックなデジタルツインをシミュレートします。

Unity Simulation と LGSVL Simulator により、開発者は機械学習モデルをすべてのシナリオとエッジケースを通して、わずか数時間でトレーニングできるようになりました。

詳しく知る

常に最新の状態にキープします

最新のシミュレーションテクノロジーに遅れずについていき、Unity Simulation がプロジェクトのテスト、トレーニング、検証にどのように役立つかをお確かめください。

よくある質問

Unity Simulation へのアクセスを取得するにはどうすればよいですか?

ベータプログラムに登録して応募要件をご記入ください。記入した応募要件が Unity Simulation のベータ機能と合致する場合、かつ利用可能であるかに応じて、Unity のチームがご連絡を差し上げます。

ベータプログラムに登録するには Unity アカウントが必要ですか?

はい。ベータプログラムを使用するには Unity アカウントが必要です。

どのような種類のシミュレーションが Unity Simulation に適していますか?

このサービスは、環境を構築済みで、シミュレーションをスケールアップすることを検討している方をサポートします。

この製品の価格設定を教えてください。

ベータ期間中、Unity は 2 つのサービスプランを提供します。1 つは Unity の既存顧客がプラットフォームを実験するための上限付きの無料プラン、もう 1 つは無料プランを越える容量が必要な既存顧客向けのプランです。

Google Cloud Platform のみをサポートする予定ですか?

いいえ。Unity Simulation は Google のクラウドインフラストラクチャをベースに実行されるマネージドサービスです。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK