Nifty Games がどのようにして効率性と柔軟性を保っているか

開発サイクルの早い段階で Cloud Content Delivery(CCD)を実装することで、同スタジオはライブオペレーションワークフローを最適化することができました。

Nifty Games:Unity のケーススタディ

モバイルゲームプレイヤー向けにコンテンツを定期的に更新することは、ライブオペレーションにとって不可欠です。スタジオは信頼性の高いコンテンツ管理ソリューションとストレージソリューションを必要としていますが、それらの複雑なシステムを一から構築して維持するには、コストも時間もかかります。Nifty Games はこの課題を身をもって体験し、開発サイクルと制作サイクルにおいて、可能な限り効率性を保つために、Unity の Cloud Content Delivery(CCD)に目を向けました。

  • 課題

    コンテンツの管理と展開の柔軟性を保つこと

  • プラットフォーム

    iOS、Android

  • プラットフォーム

    35 人以上

  • 所在地

    カリフォルニア州サンフランシスコベイエリア
    カリフォルニア州ロサンゼルス
    イリノイ州シカゴ

  • ジャンル

    リアルタイム対戦型モバイルスポーツゲーム

Nifty Games

Nifty Games

効率性に焦点を当てたチーム

Nifty Games は、ビデオゲーム業界の長く携わってきた人たちによって 2018 年に創設されました。同スタジオは、リアルタイム対戦型モバイルスポーツゲームを構築することに注力しており、Unity で複数のタイトルを制作しています。『NFL Clash』は 2021 年に全世界にローンチされる見通しであり、そのすぐあとに続けて『NBA Clash』が 2022 年までに市場に投入されると見込まれています。

同スタジオが制作するゲームに備わったテンポ良く気軽に遊べる性質は、同社の開発アプローチにも反映されています。より規模の大きな多くのスタジオで働いてきた経験がある Nifty Games のリーダーは、開発プロセスを楽にし、リソースの配分を最適化するようなツールを統合することで、可能な限り効率性を保つことの重要性を知っていました。

Nifty Games - メインメニュー

ユーザーに配慮したデザイン

Nifty Games had been using Unity Cloud Build to create and share builds internally when they learned about CCD, and partnered with Unity early on to integrate the tool for the development of NFL Clash. “Our motivation was to remain nimble and update content over the air without having to submit a new build every time. Being able to test out content without affecting live players - that flexibility and security was really important to us,” says Ibs Rageh, VP of Engineering. CCD offered Nifty Games a solution that combines content management, cloud storage, and a reliable content delivery network. CCD also works with Cloud Build to keep a paper trail back to source control to fix any bugs that would appear in live content bundles.

Nifty Games - ライブイベント

主なワークフローの合理化

CCD allows developers to upload asset bundles to buckets, where these releases can be badged and distributed to designated players. It was important for Nifty Games that the bucket and badging systems supported the needs for both development and live operations. 

In particular, the development workflow couldn’t be bogged down with busywork. Nifty Games leverages the use of a floating “latest” badge to designate the latest content in a bucket, which frees the engineering team from needing to oversee the publishing of builds throughout the day. “That flexibility is great to streamline and let people focus elsewhere,” says Rageh. “That’s where you see a lot of the homegrown solutions fail.”

Nifty Games - ログインボーナス

ライブオペレーションのサポート

Nifty Games の開発者は CCD の機能を活用することで、プレイヤー向けに用意されたコンテンツそのものをリスクなしでテストできます。「1 つのバケットでテストするアセットは、別のバケットにプロモートするときにテストするアセットとまったく同じになります」と Rageh 氏は説明しています。「QA による正式な承認を得たコンテンツそのものがプレイヤーに配布されるという、安心感が得られます。」さらに、Unity Remote Config を使用して各オーディエンスに提供されるバッジを指定することで、開発者は既存のライブのプレイヤーベースに影響を及ぼすことなく、社内のチームにアクセス権限を選択的に付与できます。

Nifty Games - ゲーム内

プレイヤー体験に注力

NFL Clash』については、チームの複数のメンバーが CCD の使用方法を知っているものの、バケット間の日々のプロモーションを監視するのは指定されたチームメンバーのみです。「そのワークフローは非常に直感的で合理化されているため、エンジニアリングの役割というよりもプロジェクト管理タスクになります。さらに、QA チームが自力でリリースを管理できるようになればなるほど、より良い結果が得られます。」Rageh 氏はこう述べています。 

CCD がなかった場合に最も考えられるオプションは、自社製のツールの構築とサポートに 1 つの技術チーム全体を専念させることでしたが、これは Nifty Games にとって避けたかったことでした。「エンジニアリングチームが素晴らしいゲームを制作することに注力できるよう、それほど時間をかけずに済むソリューションを見つける必要がありました。」

Nifty Games

Unity を活用して成長する

NFL Clash』を成功に導いた主な要素は、その開発サイクルの早期の段階で CCD を統合したことにあり、その結果を受けて、Nifty Games は『NBA Clash』についてもそのプロセスを繰り返しました。チームの規模が拡大し、ゲームの開発に関与するパートナーが増えても、チームは引き続きコンテンツの管理と展開を担うワークフローを最適化するのに CCD を使用しました。このスケーラビリティは、それぞれ規模やニーズが異なるチームにとって CCD がどれほど有益であるかを実証します。

Ibs Rageh, VP of Engineering, Nifty Games

「Cloud Content Delivery の実装により、非常に大きな安心感が得られました。『NFL Clash』と『NBA Clash』の両方において、非常に高い柔軟性と堅牢性を発揮しています。本当に素晴らしいパートナーシップです。」

Ibs Rageh, VP of Engineering, Nifty Games

Cloud Content Delivery の使用を開始する

プレイヤーが適切なコンテンツを適切なタイミングで入手できるようにすることは、モバイルゲームスタジオを成功に導く鍵の 1 つのです。Cloud Content Delivery(CCD)は、効率的なコンテンツ管理、クラウドストレージ、信頼性の高いコンテンツ配信ネットワークを兼ね備え、皆さんの目標の達成を支援します。

毎月最初の 50 GB の帯域幅は無料なので、安心して CCD をお試しいただけます。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK