映像制作向け Unity

リアルタイムな映像制作は映像業界に大変革を巻き起こし、従来のワーフフローにかかる半分の時間でこれまで得られなかった自由な表現を可能にしました。 詳細を読んでみましょう。

CG 制作の未来がここに

数十年にわたって、VFX と CG アニメーションで行われてきた映像制作は痛ましいほどに最適化がされてきませんでした。これは遅いプロセスが残りつづけたことと、タイミングのよいチーム間の連携や、ディレクションを行う側がやらなければならない選択が行われなかったためです。 

リアルタイムなワークフローでは、コストのかからない実験的な制作をする余裕もたっぷりと取れ、莫大な資金と時間を節約することができます。アイデアと最終的な作品とのギャップを小さくする準備を始めましょう。 

パイプラインのクリエイティブセンター

  • これまでにないレベルの役割間のコラボレーション
  • アーティストを縦割り組織から解放して、チームを幸せに
  • 省コストの実験と素早いフィードバックでアーティストたちに自由を
  • 拡張性に富み、お気に入りのツールを使い続けられる

生産性を倍増

  • 制作時間を半分に削減
  • 瞬間的なイテレーション。もうレンダーファームは必要なし
  • 世界最高水準のリアルタイムなシネマティックツールおよびテクノロジー
  • Unity アセットストアですぐに使えるアセットの最大の市場へアクセス
  • プレビジュアライゼーションで出来た物をポストプロダクションなしで実制作に活用可能
  • リソースを大幅に節約

世界最大のコミュニティ

  • スタッフ、タレント、助けてくれる人材を見つけやすい
  • 豊富なリソース、インスピレーション、ミートアップ
  • Unity に慣れた学生が新しい働き手として毎年参入
  • タレントが集まる Unity Connect
  • 認定資格を活用してより確かな採用を

手元の IP を将来に残す

  • バーチャルリアリティと AR で連動した体験を届けるために同じアセットとシーンを再利用
  • Unity の VR 広告(バーチャルルーム)、AR 広告のフォーマットと機能を活用。Unity は世界全体で 3 番目に大きなモバイル向け広告プラットフォーム
  • 新興のプラットフォームに関する他の追随を許さないサポート。Unity のパートナーシップは最新、最高のイノベーターすべてに広がる
  • マーケティングキャンペーンでいいスタートを切り、インタラクティブなゲームやアプリでストーリーの寿命を延ばす
  • Unity が一年ごとに提供する安定ビルドで長期的なプロジェクトを洗練することも、最新ビルドとベータプログラムで年間を通じて提供される最新機能を試すことも可能

「オフラインのプロセスではこの納期と予算で完成させることは不可能だったでしょう。」

— Michaël Bolufer, Director, Mr. Carton

「Unity は夢の製品です。Unity は柔軟性があるので、要求の厳しいアーティストが他のエンジンでは論理的に出来なかったアイデアを現実のものにするための手段として使っています。 」

— Stephen Cooney, Visual Effects Artist and Engineer

主要な機能

  • Cinemachine:シーケンスのカット、カメラの挙動の自動化、完璧なショットを構築するための、クラス内最高のカメラスイート。 
  • Timeline:Unity が新しく提供するパワフルなリニアシーケンスツールによる、ビデオの編集、アニメーションのブレンド、イベントとオーディオの同期を体験。リアルタイムに、その場でトレーラーを作ることも可能。 
  • ポストプロセッシングスタック:高品質なビジュアルを実現するための現代的なコントロールと、さらにドラマチックかつ現実感のある見た目を実現するための微妙な調整を行う仕組みを使って、シーンに現実感を与えるフィルターを容易に適用。 
  • アニメーションシステム:快適で使い慣れた仕組みを受け継いだ新しいシステムでクリップをプレビューしつつ、キーフレーミングのワークフローを改善。 
  • DCC インポート:お気に入りの DCC ソフトウェア(Maya や 3ds Max など)と、Unity の FBX インポータ―/エクスポーターとの間を行き来する作業が容易に可能。
  • レコーダー:フレームをキャプチャーし、mp4 ファイルとして瞬時にエクスポート。モーションキャプチャーを Timeline のトラックに取り込むことも可能。

リアルタイムな映像制作がセンターステージに

Unity はサンダンス映画祭のオフィシャルスポンサーを務めました。また、リアルタイムレンダリングが映像制作の方法を、プレビジュアライゼーションから映像のプロダクションにわたって、これまでどのように変えてきたかを議論するディスカッションをホストしました。スペシャルゲストにはアカデミー賞を受賞した Magnopus 社の Ben Grossman 氏と、Pixar の John Halstead 氏を招きました。
 

スクラッチから 30 分でショートフィルムが作られる様子をご覧ください。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.