Unity のグローバル教育アドバイザリーボード

Unity のグローバル教育アドバイザリーボードは、誰もがクリエイターになれるというビジョンに基づいて、Unity に指針を示します。 Unity Education は教育者と学生をサポートします。

Unity のグローバル教育アドバイザリーボード

このアドバイザリーボードは業界および学術分野のリーダーで構成され、いずれのメンバーもインタラクティブなデザインと開発に携わる人材の育成と採用に関する専門知識を備えています。 彼らの経験は実に幅広く、ゲーム、XR、クリエイティブ、そして自動車産業にまで及んでいます。年 2 回開催される会議では、誰もがクリエイターになれるという Unity の教育ビジョンを実現するための戦略的な方針についてガイダンスとフィードバックが提供されます。

Jeremy Bailenson

Jeremy Bailenson 氏は、スタンフォード大学バーチャルヒューマンインタラクション・ラボの創設ディレクターであり、 コミュニケーション学科の Thomas More Storke 教授、Education の客員教授、シンボリックシステムズプログラムの客員教授、Woods Institute for the Environment のシニアフェロー 、Stanford Center on Longevity の学部リーダーを務めています。教授は 1994 年ミシガン大学を優秀な成績で卒業、1999 年にノースウェスタン大学の認知心理学で博士号を取得しました。

教授は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で博士研究員として勤務、その後、研究助教授として4年間同大学で過ごしました。彼は仮想現実(VR)の心理学、特にバーチャル体験がどのように自分や他人の認識の変化につながるかを研究しています。彼の研究室では、仮想空間上で人々がたがいに出会えるシステムを構築および研究して人々の間の社会的相互作用や関係の性質の変化を詳しく調査しています。最近の研究は、VR がどのように教育、環境保全、共感、そして健康を変えることができるかに注力しています。 彼の新刊書『仮想現実の心理学』は、2018 年 1 月に Norton から出版されました。

Jakki Bailey

Jakki Bailey はテキサス大学オースティン校の Scott C. and Vickie S. Reeve Endowed Faculty Fellow であり、情報学部の教授です。専門は没入型メディアで、認知、行動、学習に対するその影響を研究しています。没入型バーチャルリアリティ(VR)が子供の成長に与える心理的影響を重要な研究テーマとして、現在は子供の認知能力と社会への対応に対する VR の影響を調べています。過去には、インターネットをベースにしたプログラムなどを通じて技術がどのように行動変化に影響を及ぼし、青少年の精神疾患のリスクを減らすのか、あるいはより環境に配慮した行動を大人に促すための VR の活用などについて研究しています。また VR を使って、バーチャルリアリティが知覚に影響を及ぼすメカニズムを調べるテストも行ってきました。大学での研究や教育以外にも Bailey は子供向けメディア企業の幹部を対象に、青少年の生活における VR の心理的、社会的、倫理的影響に関連するアドバイスを提供してきました。スタンフォード大学でコミュニケーションの博士号を取得しています。

Brian Baker

Brian Baker 氏は、世界の自動車デザインコミュニティで 30 年にわたり実績を積んでいます。彼はキャデラックやシボレーのコンセプトと量産車を設計、ゼネラルモ ーター社のデザイナーとして 25 年間働きました。過去 25 年間は、カレッジフォークリエーティブスタディーズ、ローレンス工科大学、ウェイン州立大学、クリーブランド芸術学院などで自動車デザイナーの次世代の教育に携わってきました。

彼はまだ 10 歳の未来のスタイリストに車のデザインを教えています。 また、クレイモデルなどのデザインの基礎をいくつかのコミュニティで高校生に教えています。毎年、彼はプロのアジア人デザイナーを率いて、アメリカの自動車業界の中心地を訪ねる 1,200 マイルの旅を行っています。全米 No. 1 モータースポーツの NASCAR、インディカー試乗、そして 6 つの州に散らばるトップレベルの自動車博物館巡りなどを通じてアメリカのクルマ文化を紹介しています。

Danny Bilson

Danny Bilson 氏は、ロサンゼルスを拠点に活動する脚本家、映画監督、プロデューサーです。ワーナーブラザーズ、ディズニー、パラマウントで長年、テレビと映画のキャリアを積んだ後、Electronic Arts と THQ で上級役員を務めました。最近は、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングで、制作中の2つのドラマシリーズと、近日中に撮影が始まる Spike Lee 監督の映画の顧問を務めています。

Bilson 氏は、南カリフォルニア大学(USC)の映画芸術学部のインタラクティブメディア&ゲーム部門の学科長であり、スクリーンライティングとナラティブデザインを教え、現在、Advanced Games Project の責任者を務めています。

Laure Casalini 氏

かつてパリで哲学の教員をしていた Laure Casalini 氏は、2000 年にニューヨーク市で、Ubisoft 社からスピンオフした Guillemot Inc の芸能評論家としてビデオゲーム業界での道を歩み始めました。Laure の職務は、女性と高齢者から成る幅広い一般ゲーマーを引き付けるために、シリーズ物などの映画やテレビのコンテンツを新しいタイプのゲームデザインおよびゲームプレイに作り替えることでした。2004 年に Laure は Gameloft 社の最初のスタジオを米国で設立し、米国市場向けの 30 以上のモバイルゲームの制作に参加しました。2005 年にフランスに戻った Laure は、モントルイユで Ubisoft 社の編集部と Strategic & Innovation Lab に勤務しました。そこでは、ビデオゲームで感情を引き起こすことに特化した方法論に取り組みました。2010 年に Laure はバランシエンヌにある Rubika に Director of Supinfogame として参加しました。Rubika は、アニメーション(Supinfocom)、ビデオゲーム(Supinfogame)、および工業デザイン(ISD)の専門学校です。この学校では、フランス政府によって認定されている 3 つの肩書きおよび Master2 学位相当を取得でき、フランス、インド、およびカナダで実施されています。

Laure は 2005 年に Rubika の学部長に就任し、芸術、テクノロジー、および創造性に特化した通常のプログラムの上位に、批判的思考、ソフトスキル、および学際性という教育学志向の 3 本の柱を立ち上げました。彼女は現在、Rubika の展開、論説、およびイノベーションのトップであり、この学校の国際的展開、ディプロマ、およびイノベーションの責任者です。

 

Laure はパリ・ソルボンヌ大学(パリ第 4 大学)で Master of Philosophy を取得しています。

Penny de Byl

Penny de Byl は過去 25 年間、オーストラリアやヨーロッパのさまざまな大学でゲーム開発、プログラミング、コンピュータグラフィックス、アニメーション、ウェブデザインなどについて正教授レベルの教育を行ってきました。『Holistic Game Development with Unity』を始めとする著書はいずれもベストセラーとなり、世界各地の 100 を超える教育機関で使用されています。コンピュータグラフィックの研究で優等学位、ゲームキャラクターのための人工知能の研究で博士号を取得しています。 その教育のすばらしさは米国国内はもちろん、国際的にも高く評価され、Australian Learning and Teaching Council's Excellence in Teaching Award や Unity Mobile Game Curriculum Competition など、数々の賞を授与されています。彼女はまた、オンラインのゲーム教育機関である Holistic3d.com の創設にも携わりました。

Mark DeLoura

Mark DeLoura 氏は、オバマ政権下のホワイトハウス科学技術政策局(OSTP)でデジタルメディア部門シニアアドバイザーを務めたゲーム技術および教育のコンサルタントです。OSTP では、学習におけるゲームの利用拡大に努め、K-12 コンピュータサイエンス教育に政権を注目させました。ホワイトハウスに入る前は、Sony、Nintendo、Google、Ubisoft、THQ などで技術部門のリーダーを務めていました。

Chris Ebeling 氏

映画、テレビ、ゲーム、それに最先端テクノロジーで独特の視覚体験を作り上げることで知られている Chris Ebeling 氏は、『LEGO ムービー』、『華麗なるギャツビー』、『キング・オブ・エジプト』、『ハッピーフィート 2』などの ハリウッドの超大作映画を手掛けている世界的なアニメーター、クリエイティブディレクター、そしてデジタルアーティストです。映画や VFX での彼の幅広い経歴を補完することにより、ゲームでの経験やバーチャルリアリティと拡張現実での経験を活かして、Chris はリアルタイム空間でのプロジェクトでクリエイティブディレクターとして成功してきました。

長編アニメーション映画での経験と教育や指導でのリーダーシップを併せ持つことにより、Chris はシドニー工科大学での Animal Logic Academy の基盤構築で重要な役割への理想的な候補になりました。彼は現在そこでクリエイティブリードを務めています。

Chris はそこで、豊富な業界経験を活かして、将来のアーティストやクリエイターを指導し、初の試みである Masters of Animation and Visualisation を通じて現在および新たなテクノロジーの限界を試しながら、共同制作やイノベーションの後押しをしています。

ゲームや CG 映画を開発してきた彼の豊富な経験と、バーチャルリアリティや複合現実への情熱と相まって、Chris の目標は、視覚的な言語や新たなテクノロジーの機能を定義することを手助けし、対話型メディアプラットフォームを理解してその可能性を十分に引き出すことに貢献することです。

詳しくは www.chrisebeling.com をご覧ください

Fereshteh Forough

Fereshteh Forough は Code to Inspire を創設し、現在その CEO です。

難民として生まれた私は、何もなくても偉業は成しとげられることを学びました!

Fereshteh の家族は、ソ連によるアフガニスタン侵攻を受けて 80 年代初めにアフガニスタンを去りました。Fereshteh はイラクとアフガニスタン国境近くの小さな町で生まれました。一家には彼女の他に 7 人の子供がいました。タリバン政権崩壊の 1 年後、一家はアフガニスタンのヘラートに戻り、Fereshteh はそこでコンピュータサイエンスの学士号を取得し、さらにドイツのベルリン工科大学で修士号を取得しました。その後、ヘラート大学のコンピュータサイエンスの教授として約 3 年間、教育に携わりました。そして 2015 年 1 月にヘラート初の女性のためのプログラミング学校を設立し、現在約 150 名の少女たちにプログラミングを教えています。

Darrenlloyd Gent

Darrenlloyd Gent 氏は、グリニッジ大学でゲーム&デジタルメディア学科の主任講師および学部コーディネーターを担当、多くの卒業生をゲーム業界はもちろん、AR、VR、MR セクター、アーキテクチャの可視化などの分野に送り出しています。同氏が指導する学科は 7 年連続で英国の Best Educational Institute の最終候補リストに残っています。

Darrenlloyd 氏は、3 年以上にわたって London Unity Usergroup(LUUG)の月例ミートアップの主催者としても活躍しており、同グループには現在ロンドンで 2,700 人以上のメンバーが参加しています。

Honglei Han

Honglei Han は 中国伝媒大学アニメーション・デジタルアーツ学部の准教授です。2015 年に中国科学院ソフトウェア研究所で博士号を取得しています。2016 年 1 月から 2017 年 7 月まで客員学者としてノースカロライナ大学シャーロット校を訪れました。

専門はコンピュータグラフィック、ゲームエンジン、ゲームデザインなどです。Game Programming Foundation、Game Engine、Game Development など、ゲーム開発に関連するコースを教えています。

2012 年には『Principle and Application of Game Engine』を出版しました。彼が制作した Unity のオンラインビデオチュートリアル、Unity Game Development は Unity が中国で最初に認定したコースです。

Jennifer Javornik

Jennifer Javornik はテクノロジーエグゼクティブであり、専門は事業開発、パートナーシップ管理、収益拡大、起業です。現在、デジタルゲーム、シミュレーション、VR および AR 体験を専門とするビデオゲームスタジオ、Filament Games の販売担当部長をしています。 また、 Wisconsin Games Alliance の創設メンバーであり、International Lady Laughs Comedy Festival の理事長も務めています。趣味として、STEM(科学、技術、工学、数学)の分野で働く母親に取りあげた児童書をシリーズで出版しました。ダートマス大学で文学の学士号、ノースウェスタン大学で情報技術の修士号を取得しています。

Michael John (MJ)

Michael John(MJ)氏は、カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)でゲームデザインと開発を教えています。UCSC の前は、Sony や Electronic Arts などの企業で 20 年以上デザイナーやプロデューサーとして働いていました。

また、MJ 氏 は教育や学習のエキスパートが参加するゲーム産業の教育的ゲームコンソーシアム「 GlassLab 」の共同設立者です。UCSC では、ゲームデザインと開発のコースを指導し、同時に実験的なゲーム体験の開発に携わっています。

Jongpil Jung

Jongpil Jung 氏は、靑江文化産業大学(Chungkang College of Cultural Industries)の教授であり、韓国のグラフィックアーティストおよびテクニカルアーティストとして 25 年間、数々のPC、オンライン、モバイルゲームの制作に携わってきました。彼はシェイダー、最適化、レンダリング、ライティング、環境アートに興味を持っています。また「Unity Shader Startup」の著者であり、Korea Unity Masters のメンバーです。

Sara Kassis 氏

Sara Kassis 氏は Sonoma State University の工学部の教員であり、SSU の Director for Women In Tech でもあります。さらに、彼女は SSU で没入型学習の Faculty Fellow です。没入型学習とは、教員がバーチャルリアリティと拡張現実を教育に活用できるようにするプログラムであり、Sara が SSU で確立しました。彼女は、そのような手法の授業での有効性を研究すること、そして学際的なチーム環境で XR ソフトウェアを開発する機会を学生に与えることに関心を持っています。

Sara は Kent State University で凝縮系物理学の博士号を取得しています。    

Ning Xie

Ning Xie 氏は、2009 年と 2012 年に東京工業大学コンピュータサイエンス学科から ME および Ph.D の学位をそれぞれ取得しました。2012 年、同研究所の研究員に任命されました。 2017 年から電子科技大学 (UESTC)の School of Computer Science and Engineering の准教授を務めています。また、2014 年から2016 年まで、同済(Tongji)大学の School of Software Engineering で助教授を務めています。

彼の研究分野は、コンピューターグラフィックス、ゲームエンジン、人工知能と機械学習に関する理論と応用です。彼の研究は、NSFC (中国)、MOE (中国)、CREST (日本)、文部科学省 (日本) などの機関から助成を受けています。

Andrew "Andy" Phelps

Andrew "Andy" Phelps 氏は、教育者、デジタルアーティスト、科学技術者として 20 年以上の経験を積んだ人物です。彼は RIT Center for Media、Arts、Games、Interaction and Creativity (MAGIC)の創設者であり、現在そのディレクターを務め、2011 年に設立された School of Interactive Games and Media で教授に就任しています。

ゲーム教育、デジタルメディア、インタラクティブなソフトウェアなどの分野における彼の業績は、大手メディア(CNN、USA Today、NPR、The New York Times など)だけでなく、数多くの記事、雑誌、定期刊行物に掲載されています。彼の管理業務と研究の詳細については、magic.rit.edu をご覧ください。

Chris O’Connor

グラフィックスプログラミングと最適化のスペシャリストである Chris O'Connor は、商業分野の最先端で 11 年間の経験を積み、ビジュアリゼーションの第一人者として評価を得ています。

ZeroLight のテクニカルディレクターとしてエンジニアのチームを率い、ZeroLight 製品の安定性を維持しながら映像の忠実性を高めるためのパフォーマンスを最適化する一方で、新技術を統合するという研究を行っています。その結果、彼はゲームのために開発されたスキルの商業分野への転換を指揮し、世界中の自動車ブランドによって展開される新しい顧客中心の体験を定義することになりました。

Daniel Roizman と Jean Mistrot

Daniel Roizman と Jean Mistrot は共同で UME Academy を設立し、創造に技術を生かすためのプロセスと基礎を子供たちに教えています。UME ではゲームデザインの方法論を活用して、すでに数千人の小学生にゲームを作るためのプログラムを習得させました。ボードゲームのデザイン、物理ゲームやビデオゲームの制作を通じて 6 才の子供が遊び感覚でゲームのデザイン、制作、イテレーションの方法を学んでいます。

Jean は彫刻や絵画などの芸術について正式な教育を受け、テキサス A & M 大学でビジュアライゼーション科学の修士号を取得しました。彼はデジタルコンテンツの制作において、芸術家としての脳とプログラマーとしての脳を同時に活用しています。Alias Research でインターンとして働き始めた彼は、やがて Maya 開発チームの一員となり、VFX やポストプロダクション関連の施設で技術担当の幹部となり、Electronic Arts でグラフィックの研究に携わりました。 教育に関する熱意を共有する彼らは、アーティストにプログラミングを教え、プログラマーにアートを教えています。

Dr. Bin Sheng

Dr. Bin Sheng は現在、上海交通大学コンピュータ科学および工学部の教授であり、ビジュアルメディアおよびデータ管理研究所の責任者です。香港中文大学でコンピュータ科学および工学の博士号を取得しました。研究の中心は、バーチャルリアリティ、マルチメディ技術、人工知能です。

Sheng 教授はこれまで百を超える論文を発表し、IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics、IEEE Transactions on Image Processing、IEEE Virtual Reality、Computer Graphics Forum、Computers & Graphics、Computer Animation and Virtual Worlds、あるいは多くの書籍や SIGGRAPH Asia などの国際会議で引用されています。Associate Editor of IET Image Processing の共同編集者を務め、成均館大学校の非常勤教授の職に就いています。彼の論文は、Computer Graphics International や i3D などの国際会議で最も優秀な論文として表彰されています。UC Berkeley、Microsoft Research Asia、Intel、Ubisoft、Autodesk などと協力して多くの研究プロジェクトに携わり、Shanghai Scientific and Technological Progress Award で2 位を獲得しました。

André Thomas

André Thomas 氏は、CGI 制作分野で 20 年以上の経験を積んでいます。彼は EA Sports Football(Head Coach、NFL Tour、Madden NFL など) のグラフィックスの責任者を務め、また、「Men in Black」、「Con Air」、「Independence Day」、「The Ant Bully」、「Tomorrow Never Dies」のような有名な映画のグラフィックスの制作で高い評価を得ています。

彼は、テキサス A&M 大学ビジュアライゼーション学部の LIVE ラボのディレクターを務め、そこでゲームデザインとゲーム開発を教えています。2014 年に Triseum を立ち上げ、現在は CEO として、エンターテイメントクオリティの学習ゲームを通じて生徒の創造力を刺激しています。

Andrea Stevenson Won

Andrea Stevenson Won 氏は、コーネル大学のバーチャル・エンボディメントラボのリーダーです。ラボの研究の中心はメディア化された体験が人々の知覚をどのように変化させるかで、中でも没入型メディアに注目しています。

研究分野には、バーチャルリアリティの臨床応用、バーチャル環境での非言語行動がコラボレーションやチームワークにどのように影響するかなどが含まれます。

彼女はスタンフォード大学コミュニケーション学科の Virtual Human Interaction Lab (VHIL)で博士号を取得しました。さらに、イリノイ大学シカゴ校の Biomedical Visualization で理学修士号(MS)を取得しています。

Angela Stukator

Angela Stukator 氏は、アニメーション、映画、テレビ、ゲームデザインに関する中等教育後レベルの教育において 25 年以上の経験を持っています。彼女は三ヶ国で学び、ブロック大学で文学士号、バッファローのニューヨーク州立大学で修士号、ブリストル大学で博士号を取得しました。

Angela 氏は、教育、研究、管理においてすばらしい実績を積んできました。彼女は特にカリキュラムの設計と実装の分野にリーダーシップスキルとマネジメントに関するスキルを持ちこんでいます。

芸術教育の第一人者として、Angela 氏は国内外の業界、文化施設、大学間の連携を促進することに献身的に取り組んでいます。

Wang Wengang

Wang Wengang は RunwuLink Tech Ltd. の CEO です。彼は北京郵電大学でソフトウェア工学の修士号を取得しています。IT 関連の R&D 部門で 10 年以上の経験を積み、現在は Unity User Group(UUG)の北京でのオーガナイザーを務めています。彼は上場会社の R&D 部門のディレクター、Unity 製 3D モバイルゲームのスタートアップ の CTO、VR 関連のスタートアップの CTO を兼務しています。

Ursula Wolz

Ursula Wolz は最先端の教育情報科学を研究者としてアルゴリズムの説明責任に注目しています。彼女は教育界と産業界の力を合わせて、人工知能による学習指導、インタラクティブなストーリーテリング、ゲームなどを中心とするコンピュータを中心とする学習環境の開発に取り組んでいます。ソフトウェアの開発とカリキュラムに関するコンサルティングを行う RiverSound Solutions を興し、コンピュータが作ったものをただ消費するだけでなく、コンピュータを使って創造できるユーザーの育成を目指しています。 危機的状況にある都市部や地方の生徒、エリート大学生、大学に入ったばかりの新入生、留学生、教師など実にさまざまな人々が公式、非公式の学習環境のもとで学んできました。1980 年代、彼女のお気に入りの生徒はビッグバードでした。彼女はコロンビア大学でコンピュータ科学の博士号、同じくコロンビア大学のティーチャーズスクールで教育におけるコンピュータ活用の研究で修士号、そして MIT で学士号(認知心理学と言語学)を取得しました。MIT では Seymour Papert’s Logo Lab の研究員として世界で最初に構成主義的コンピューティング環境についての研究および教育を行いました。

Unity アカデミックアライアンスに参加する

世界で最も先進的、革新的、かつ経験豊富な学術機関から未来を担う人材が続々に生み出されています。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Click here for more information.