Unity ゲーミングサービス

分析とプレイヤーエンゲージメント

データに基づくインサイトやコンテンツの動的な更新により、プレイヤー体験を完璧なものに仕上げます。

スタートガイド

プレイヤー体験を改善したいとお考えですか?その方法を紹介します。

モバイルゲームをプレイしている男性

ステップ 1

踏み込んだ分析によりプレイヤーについて理解を深める

 

専門知識のレベルを問わず、必要なインサイトを提供する直感的なダッシュボードとワークフローにより、ゲームのパフォーマンスを確認します。

  • カスタムオーディエンス、イベント、柔軟なレポートにより、ゲームにとって最も重要なデータを追跡する 
  • スタジオのニーズに合わせて動的なレポートとデータのビジュアライゼーションを作成する 
  • オーディエンスを使用し、セグメント化されたコホートを有意義な形で使用して、一人ひとりに合わせたエンゲージメントを構築する 
  • カスタマイズされたコンテンツ、ゲームプレイの動的な更新、最適化された収益化戦略を活用して行動を起こす
PC ゲームをプレイしている女性

ステップ 2

ローンチ後速やかにイテレーションを行う

 

ローンチ後のアップデートの提供には、App Store のレビューにより完了までに何日もかかることがあり、重要な改善が加えられるまでに遅れが生じます。 

Game OverridesRemote Config を使用すると、アプリにアップデートを適用したり、コードレベルでの変更が求められたりすることなく、ライブになっているゲームに変更を加え、リモート機能を更新し、体験をカスタマイズすることができます。

モバイルゲームをプレイしている女性

ステップ 3

新しいゲームコンテンツをリリースして最適化する

 

プレイヤーは常に新しいコンテンツを望んでいます。ゲームイベントは、ゲームデザインの基盤を恒久的に変更することなく、そのような体験を構築する方法の 1 つです。Cloud Content DeliveryGame Overrides を使用してコンテンツをリリースすると、決められた期間だけ存続するイベント用にテーマに沿ったアセットをローンチすることができます。

また、これらのツールを使用して、場所やデバイスモデルに基づいてゲーム体験を最適化し、さらに QA のために新しいコンテンツのアイデアをテストすることもできます。Unity の Player Engagement スイートと Analytics(ベータ版)を併用することで、これ以外にもさらに多くのことを、プレイヤージャーニーを邪魔することなく行うことができます。

ヘッドホンを装着して PC ゲームをプレイしている男性

ステップ 4

プレイヤージャーニーを管理する

 

プレイヤーのさまざまなステージと進捗速度を調整することは骨の折れる作業になることがありますが、ゲームを成功に導くうえで不可欠です。考慮すべき最も一般的なプレイヤーセグメントは、新規プレイヤー、離脱したプレイヤー、忠実なプレイヤーです。 

Unity Player Engagement スイートを Unity の堅牢な Analytics(ベータ版)と組み合わせると、プッシュ通知、ゲーム内メッセージ、A/B テストなどの完全に統合されたツールセットを利用できます。Unity の一元化されたダッシュボード体験から、重要なプレイヤーセグメントに向けて、一人ひとりに合わせてターゲットを絞ったゲーム体験を簡単に設定、ローンチ、監視できます。

プレイヤーエンゲージメントの可能性を広げる

できることの例をいくつか紹介します。

詳細なデータを明らかにする

データや分析に関わる専門知識のレベルを問わず、必要なインサイトを提供する直感的なダッシュボードとワークフローを使用して、ゲームのパフォーマンスについて理解を深めます。

プレイヤーに新機能を公開する

新しいゲームメカニクス、機能、イベントは、ゲームデザインやプレイヤー体験に大きな影響を与えることがあります。コミュニティのフィードバックや KPI に注意を払いつつ、ゲームに新しいアップデートを段階的に公開することで、自分が加える変更に自信を持ちましょう。

季節限定イベントを実施する

プレイヤーはローンチ後も新鮮で魅力的な体験を期待していますが、新しいコンテンツを継続的に提供することは簡単な仕事ではありません。 

ゲームで季節限定のイベントやプロモーションイベントを開催することで、プレイヤーのエンゲージメントを高め、常にゲームを楽しんでもらうことができます。たとえば、限定スキンをアンロックするイベントや、新しいゲームモードをプレイできるようにするイベント、新たなアクティビティを促進するために特別なアイテムの価格を下げるイベントを実施することもできます。

ゲーム内経済のバランスを調整する

ゲームをちょうどいい感じに仕上げるまでには、しばしば多くの変更を必要とします。Economy を活用してローンチ後のゲーム内経済に調整を加え、持続可能なバランスを実現しましょう。

ゲームデザインの変更をテストして分析する

ゲームのさまざまなバージョンをテストし、その場でイテレーションを行います。加えた変更が重要な指標(リテンションや収益)に与える影響を測定します。

課金ユーザーに対して広告を表示する頻度を減らす

プレイヤーエクスペリエンスを保護し、収益を上げましょう。広告の表示頻度、クールダウン期間、報酬を調整し、さまざまなプレイヤーグループに対してきめ細かくテストして最適化できる変更を加えます。

Unity のソリューションを見る

Unity エンジンで開発している人物
プレイヤーを理解する
モバイルゲームをプレイしている人物
ダイナミックなゲーミング体験を提供する
スマートフォンとノート PC を使用している人物
コンテンツ管理にうまく対処する
  • Cloud Content Delivery – 手間をかけることなくプレイヤーに新鮮なコンテンツをデプロイ。
  • Remote Config – リモートかつリアルタイムにコンテンツを設定。

リソース

Analytics と Player Engagement について詳しく知る

このブログでは、Player Engagement ソリューションと Analytics ソリューションに含まれているツールと、それらをゲームに活用する方法についてさらに掘り下げます。

Unity ゲーミングサービスのブートキャンプ

Cloud Content DeliveryRemote ConfigAnalytics(ベータ版)の使用を開始することをお考えですか?Unity ゲーミングサービスのブートキャンプビデオで基本を学びましょう。

Unity ゲーミングレポート 2022

今年の Unity ゲーミングレポートから、データに基づいてゲームを成功に導くのに役立つ学びを発見しましょう。

ドキュメント

Player Engagement ソリューションと Analytics ソリューションを使い始めるのにこのマニュアルをお役立てください。

よくあるご質問

Analytics と Player Engagement とは何ですか?

Unity ゲーミングサービスは、ゲームの制作、運用、成長を支援するように設計されたエンドツーエンドのプラットフォームです。 

Analytics(ベータ版)を使用すると、スタジオは既製のダッシュボードやデータエクスプローラーなどを通じて、パフォーマンスやプレイヤーの行動を把握できます。 

Player Engagement は、プレイヤーの状況に合わせたコンテンツをリアルタイムで提供することで、オーディエンスを増やすのをサポートするツールのスイートです。これらのツールには、Game Overrides、A/B テスト、プッシュ通知(ベータ版)などが含まれます。

バックエンドでは、Remote Config を使用すると、コードを変更することなく、ゲームのアップデートをリアルタイムで配信できます。Cloud Content Delivery は、強力なアセット管理、クラウドストレージ、信頼性の高い配信ネットワークを組み合わせた製品です。

Unity ゲーミングサービスのベータ版製品にサインアップするにはどうすればよいですか?

今すぐ無料で使用を開始していただけます。使用を開始するには、こちらをクリックしてベータ版パッケージをダウンロードしてください。

Unity ゲーミングサービスのベータ版製品の価格はいくらですか?

Unity ゲーミングサービスの製品は、ベータ期間中はすべて無料でご利用いただけます。ベータ期間が終了した後の価格については、こちらをクリックしてご確認ください。それまではクレジットカード情報を入力いただく必要はございません。

Analytics ツールと Player Engagement ツールは一緒に使用しなければならないのでしょうか?

Unity ゲーミングサービスに含まれている製品はモジュール式です。つまり、単独で使用することもできますが、一般的に組み合わせることで力を発揮します。たとえば、Analytics(ベータ版)内でオーディエンスを構築してから、それらのオーディエンスを A/B テストや Game Overrides のキャンペーンの対象とすることができます。

Analytics ソリューションと Player Engagement ソリューションを使用できるのは Unity エンジンのみですか?

現在、Analytics を含む Unity ゲーミングサービスのすべてのベータ版製品は、Unity エンジンでのみ使用できます。 

Cloud Diagnostics は、Unity エンジンでのみ使用できます。

Cloud Content Delivery と Remote Config は、任意のエンジンで動作するように設定できます。

 

どのプラットフォームがサポートされていますか?

Unity ゲーミングサービスは、ベータ期間中はすべての開発者がすぐに使用できるよう無料で提供されており、Android、iOS、Linux、Mac、Windows ほか、Unity を使用して構築できる対象のすべてのプラットフォームをサポートしています。現時点では、コンソールのサポートは招待ベースのみですが、まもなく利用できるようになります。 

現在のところ Cloud Content Delivery では、モバイルおよび PC 上で実行されているアプリケーションを対象にしたアセットバンドルのライブアップデートをサポートしています。現時点では、コンソールはサポートの対象となっていません。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK