製品

VisualLive

建築の専門家は、AR を使用して大きな BIM ファイルと CAD ファイルを現場にオーバーレイすることで、設計を可視化してリアルタイムで共同作業できます。

BIM の力を現場にもたらす

コミュニケーションミスは、会議、変更指示、手戻りが増える原因となります。VisualLive の拡張現実(AR)ソフトウェアを使用すると、建築のすべての段階(設計レビュー、QA/QC、施設管理など)においてリアルタイムの 3D 可視化、コラボレーション、および現場からオフィスへのコミュニケーションが可能になります。

モデルを最適化し、重要なデータを維持する

数回クリックするだけで、大規模 BIM モデルを HoloLens やモバイルデバイスに数分で取り込むことができます。VisualLive のクラウドベースのソフトウェアは、現場で必要なすべてのジオメトリ、テクスチャ、マテリアル、および重要な情報を保持したまま、ファイルをすばやく変換します。

VisualLive infographic

主なメリット

任意の BIM ソフトウェアからインポート

VisualLive には Autodesk Revit および Navisworks 用のプラグインがあり、ウェブアップローダーインターフェースでは 70 種以上の 3D ファイル形式がサポートされています。大きな BIM/CAD モデルファイルをモバイル、タブレット、または HoloLens ヘッドセットにワンクリックでプッシュできます。

改善された QA/QC およびインストールの検証

1:1 スケールのホログラム投影により、迅速な現場検査が可能になるため、ユーザーは BIM モデルを確認して十分に体験し、設計と設置条件の不一致をすばやく特定できます。

ワンクリックで問題をキャプチャして報告

BIM モデルと既存インフラストラクチャの相互関係の写真を撮り、写真をマークアップして、プロジェクト管理の共有フォルダーにアップロードします。

簡単になったステータス追跡

インストールの進行状況をクリックして変更することでプロジェクトを簡単に追跡し、Excel スプレッドシートのレポートを生成できます。また、カラーコードを使用してステータスを Navisworks にインポートできます。

現場からリモート作業者への BIM のストリーミング

よりリーンな作業グループを作成し、オンサイトの会議を排除します。バーチャルデザイン & 建築(VDC)マネージャー、プロジェクトマネージャー、設計者、および現場作業者は、リアルタイムでコミュニケーションを取り、実寸大のモデルを使用できます。

より優れた AR を実現するためのより多くの配置オプション

VisualLive には、AI ベースのアンカーロックなど、あらゆる現場または設定で使用できる複数の配置オプションがあります。建設現場に QR コードを配置して、モデルの配置をすばやく効率的に調整します。

Josh Engelbrecht, SW Regional Field Tech Engineer, DPR Construction

「これは、VDC ワークフローを実際に強調するために使用できるユーティリティベルトのツールです。VDC マネージャーがオフィスで作成するモデルは請負業者と共同で使用されるため、設計チームは現場に拡大されています。」

Josh Engelbrecht, SW Regional Field Tech Engineer, DPR Construction
Megan Coffland, Project Manager, BNBuilders

「私たちはこのテクノロジーを利用して、途中まで建設された空間で、利害関係者がやりたいことはうまくいかないことを示しました。テクノロジーに投資した利害関係者に「なぜ私たちにはこれがわからなかったのだろう」と言わせるのは素晴らしいことでした。」

Megan Coffland, Project Manager, BNBuilders
VisualLive app

価格

現場に合わせた 2 つのデプロイオプション:

VisualLive MobiLive

  • モバイルデバイスおよびタブレット向け 
  • 年間サブスクリプション:MobiLive Premium の場合は 1,548 ドル、MobiLive Standard の場合は 1,188 ドル

VisualLive HoloLive Premium

  • Microsoft Hololens 1 および 2 向け
  • 年間サブスクリプション:HoloLive Premium の場合は 4,790 ドル、HoloLive Standard の場合は 2,990 ドル

Standard と Premium の機能の違いの詳細はこちらをご覧ください。 

Microsoft Hololens 2 デバイスと VisualLive Hardhat Adapter for Hololens 2 も購入できます。 

ボリュームディスカウントをご利用いただけます。詳細についてはお問い合わせください。

詳しく見る

Tips to get started with VisualLive

VisualLive allows contractors to bring their BIM data to the field using AR. Here are the six essential tips you need to successfully get started.

AR で改築の問題を見つける

BNBuilder が VisualLive の AR テクノロジーを使用して、アーキテクチャ設計要件に影響を与えるインフラストラクチャの制約にどのように対処しているかを確認します。

AR による手戻りの削減

VisualLive を使用して BIM データを AR に取り込み、現場にオーバーレイして、ミスによる出費を防ぎ、効率とコラボレーションを向上させる方法を学びます。

VisualLive の詳細を確認し、無料トライアルをリクエストしてください。

よくある質問

VisualLive ライセンスを購入するにはどうすればよいですか?

お問い合わせいただき、営業担当者とお話しください。

VisualLive はどのようなデバイスに対応していますか?

モバイルデバイス(ARkit を搭載した iOS および Android タブレットとスマートフォンは AR 対応)、および HoloLens 1 と 2 です。

AR に関して、HoloLens デバイスとモバイルデバイスの違いは何ですか?

モバイルデバイスは、ウォークスルー、プレゼンテーション、または QA の可視化ツールとして最適に機能します。HoloLens デバイスは、BIM データを実際のビューに重ね合わせることで、すべての作業を効率的に実行するためのツールとして最適に機能します。

無料トライアルを利用するには HoloLens 2 が必要ですか?

いいえ。ただし、タブレット、電話、または HoloLens 1 で AR ソフトウェアを実行できるデバイスが必要になります。

無料試用版をダウンロードしました。次に何をすればよいですか?

アプリとソフトウェアの使い方を学ぶ方法に関する次のステップが記載されたメールが届きます。これらの手順には、VisualLive で成功するために必要なものがすべて含まれています。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK