新しいネットワークライブラリ

特別に構築されたネットワークライブラリを活用し、マルチスレッドなパフォーマンスとゲームの最適化を実現しましょう。 

マルチプレイヤーゲームのためのハイパフォーマンスなネットワークコード

ネットワークの概要

Unity の新しいネットワークアプローチは、すべてのクリエイターにハイレベルのパフォーマンスと成功を約束します。

ゲームのための高性能なネットワークコード

 

 

すべてはゲームのために

Unity のネットワークライブラリは、リアルタイムマルチプレイヤーゲームの厳しい要求に応じるために設計されました。 

ハイパフォーマンス

ネットワークの構築は、次世代の ECS ジョブ処理システムをベースに行われ、ネットワークタスクはパフォーマンスの向上を規準に分配されます。 

レイテンシーの軽減

パフォーマンスの向上はレイテンシーの軽減を意味します。私たちは、Unity の Game Server Hosting によって地理的に分散したインフラを使い、さらにレイテンシーを減らします。

主要な機能

 

 

トランスポート層

データの送受信とパフォーマンスおよび信頼性とのバランスを保つ土台のネットワークレイヤーは、UDP をベースにしています。

高いモジュール性

フレキシブルなこのシステムのおかげで、テンポの速いシューティングゲームなどの最適化が簡単になります。

ECS を視野に入れて

現在の新しいネットワークライブラリの活用は、パフォーマンスの向上を確保すると同時に Unity の ECS ベースの次世代アーキテクチャの恩恵も受けられることを意味します。

新しいネットワーキングの構築でレイテンシーを最小限に

 


レイテンシーとは、出力処理とデータの移送、そして入力処理にかかる時間の合計です。

 


データの移送にかかる時間はインターネットの環境によって異なりますが、新しいネットワーク層は、 サーバーおよびクライアントサイドの処理時間を最小限にすることで全体のレイテンシーを減らします。

すべてはこれからです

Unity Transport package is currently in early preview and is available for use with Unity 2019.1 or later. Get it from the Package Manager and let us know what you think on our Connected Games forum.

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。

OK