エンタープライズのためのプロトタイピング

より短時間でバーティカルスライスに到達する

経験豊富なプロフェッショナルとしては、できるだけ早くゴーサインをもらえると助かります。Unity でプロトタイプを作成することで、より短時間で設定したマイルストーンに到達できます。

Unity を使用してプロトタイプを作成する理由

Unity で Switch 向けにゲームを制作
アーティストとデザイナー

アーティストまたはデザイナーが想像力をいかんなく発揮するには、適切なツールが必要です。その広大なキャンバスを活用して、制作を始めましょう。

C# のコード行
開発者

プログラマーが必要とするのは、短時間でイテレーションを実行できることです。アートアセットとゲームプレイのコードを 1 つにまとめ、プレイヤーの心に響く体験を制作しましょう。 

3 人が協力して作業している
マネージャー

マネージャーにとって重要なのは、手頃な価格とスピードです。チームが協力して作業を進め、互いに必要なものを高い品質で時間どおりに提供できるようにする必要があります。

プロトタイプを作成する際のベストプラクティス

ゲーム制作にゴーサインをもらうのに役立つヒントとコツをいくつか集めました。

メカキャラクターのコンセプトをスケッチしている人物

コンセプト

すべてはアイデアから始まります。ビジョンを明確に表現できればできるほど、プロトタイプ作成の承認を受けられるチャンスが大きくなります。想像もつかないゲームをサポートしたいと思う人はいません。

また、時間をかければより質の高いものができるという考えに囚われてしまうおそれもあります。しかし、場合によっては、時間をかけすぎるとゲームが重くなり、細部にこだわりすぎて当初のビジョンが失われてしまうという、正反対の結果をもたらします。フォーカスを失わないために技術的なガイダンスと客観的なアドバイスを道しるべに、創造性をつかさどる筋肉を鍛え続けましょう。

航空機の 3D モデルのプロトタイプを作成している女性

プロトタイプ作成

この時点では、ワクワク感がありますが、同時にプレッシャーも感じます。チームは、遊んでも十分に楽しめる、自分たちのビジョンの MVP を作成したいと考えています。それはまた、機動性を高めるエンジンとバックエンドテクノロジーを選択することも意味します。

テーマやムードに力を入れても、面白さが足りないゲームやゲームデザインの悪さは直りません。この段階では失敗しても問題ありません。ミスから学ぶ必要があるところはミスをしてかまいません。それでも、芸術的なアセット、サウンドデザイン、確かなゲームプレイループなど、ゲームに何らかの味付けをすることが重要です。

VR ゲームをテストプレイしている人物

ゲームの制作にゴーサインを出させる

(最初の)正念場です。通常、このフェーズは短く、あっという間に終わります。さまざまな役割、レベル、経験を持つ社内の少人数のテストプレイヤーがゲームを極秘でテストします。面白かった部分、気に入らなかった部分、どうすればもっと良くなるか、よくわからなかった部分を書き起こします。ここから制作にゴーサインが出るか、却下されるか、改善のためのフィードバックを受け取ります。

Unity を使用してプロトタイピングを行うことに興味をお持ちの方

コンセプトを前進させ始めるには、販売担当者にお問い合わせください。

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーポリシーのページをご覧ください。

OK